最新の修正プログラム ロールアップ パッケージの詳細については、システム センター Data Protection Manager 2007年: 29、2010 年 3 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 979970
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Data Protection Manager 2007 の発行日、2010 年 3 月 31 日です修正プログラム ロールアップ パッケージ バージョン 2.0.8864.0 で修正される問題の Microsoft システム センター Data Protection Manager (DPM) 2007年について説明します。

メモ 現在インストールされているバージョンを確認するをクリックして、 情報 右上側にあるのアイコンを メイン メニュー バーで、DPM サーバー上の DPM 2007 管理者コンソール。

この修正プログラム ロールアップは、次の問題を解決します。
  1. 保護されたサーバからテープ ・ ジョブを実行すると、Data Protection Manager エンジンでクラッシュする可能性があります。
  2. Microsoft SharePoint Server のリカバリ ・ ポイントまたはと SharePoint のバックアップ、ディスクからテープにポイントを参照するのには、Data Protection Manager 管理コンソールを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    (30132 = PrmDatasetDatasourceMismatchForArchiveOfSC
  3. SharePoint 回復ポイントでは、第 2 の Data Protection Manager、データセットに対応するリカバリ ・ ポイントよりも主の Data Protection Manager では異なります。
  4. スタンバイ連続レプリケーション (SCR) のサーバに対するアラート Microsoft オペレーション マネージャーには表示されません。
  5. ディスクの割り当ての既定値はシステム状態を保護が予期せず増加可能性があります。
  6. WEB ホスト ヘッダーを別の場所が含まれている SharePoint サイトを復元すると、サイトの既定のサイトに復元されます。
  7. サービス プロバイダー (SSP の同じ名前を持つ 1 つ以上の SSP 名を開始するときにデータベースの保護がブロックされている SSP) の共有。
  8. サーバーが低速であるし、テープ バックアップ ジョブを実行する場合タイムアウト エラーが発生可能性があります。
  9. Data Protection Manager によって所有されているテープのマークとして認識されません。
  10. Data Protection Manager は、SharePoint のカタログ情報を取得できません。したがって、アイテム ・ レベルのリカバリ一部コンテンツ データベースではありません。さらに、次のエラー コードを受け取ることがあります。
    3103
  11. 一括テープのジョブが正常に完了できない場合、次の保護エージェント エラー コードが表示されます。
    0x80990C27
  12. テープへのバックアップ中には、Data Protection Manager エンジンのクラッシュを発生があります。
  13. Data Protection Manager 管理コンソール回復ポイントをいくつかのシナリオでの 2010 年の前に表示されません。
この修正プログラム ロールアップ パッケージには Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 (SP1) 用のすべての以前にリリースされた修正プログラム ロールアップも含まれます。
961502 X x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでシステム センター Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 をインストールした後、レプリカと矛盾していることがわかります
963102 システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 2 月 16 日
968579 システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 4 月 14 日
970867 システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 6 月 4 日
970868 システム センター Data Protection Manager 2007 の修正プログラム ロールアップ パッケージが利用: 2009 年 8 月 28 日
976542 システム センター Data Protection Manager 2007 の修正プログラム ロールアップ パッケージが利用: 2009 年 10 月 23 日

詳細

修正プログラム プログラムのロールアップの情報

情報をダウンロードします。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
システム センター Data Protection Manager 2007年修正プログラム パッケージ (32-ビット 64 ビット x86 ベースおよび x x64 ベース バージョン x)
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
システム センター Data Protection Manager 2007年修正プログラム パッケージをダウンロードします。

メモ この修正プログラム ロールアップ パッケージは、システム センター Data Protection Manager 2007年のすべてのサポートされている言語バージョンに適用されます。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

既知の問題

この修正プログラム ロールアップ パッケージをインストールした後、バックアップが正常に完了できません可能性があります。また、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
DPM は、いくつかの他のアプリケーションの回復ポイント ボリュームの回復ポイントを作成したことが検出されました datasource_name サーバー サーバー名.これらの復元ポイントが削除されるまで、以降のバックアップは失敗します。

アクションを推奨: DPM 管理シェルを開き、.\Delete-Shadowcopy.ps1 を実行します"。ボリューム名「回復ポイント ボリューム上の外部で作成された回復ポイントを削除しますします。
このエラー メッセージには、シャドウ コピーの関連付け、DPM サーバー上が壊れているため、データが損失する可能性があることを示します。この修正プログラム ロールアップ パッケージはだけとの関連付けがバックアップが成功したことを確認します。シャドウ コピーの関連付けが正しい場合は、このような状況を将来のバックアップは発生しません。

シャドウ コピーの関連付けを修正するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

MigrateDatasourceDataFromDPM コマンド ライン スクリプトを使用して、別のボリュームにデータを移行します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd282970.aspx
方法 2

最初のレプリカを保護されたサーバーを削除するのには別の DPM サーバーをやり直します。

方法 3

AllowBackupOnSCRemap サブキーは、レジストリを有効にします。このメソッドは、シャドウ コピーの関連付けが正しくない場合でも引き続きバックアップできます。このレジストリ サブキーを有効にすることはお勧めしません。ただし、バックアップを実行するがある必要な場合はこの一時的な措置として実行できます。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーをクリックします。
    データ保護 Manager\Configuration\TaskExecutionOptions の HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft
  3. 右クリックします。 AllowBackupOnSCRemap、し 変更.
  4. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
  5. で、 ファイル メニューをクリックして 終了 レジストリ エディターを終了します。

前提条件

修正プログラムのロールアップの必要条件を以下に示します。
  • システム センター Data Protection Manager 2007年サービス パック インストール 1 が必要です。
  • 重要な更新プログラムがインストールされて KB962975 が必要です。
システム センター Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
959605System Center Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 の説明
KB962975 の重要な更新の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
962975ダイナミック ディスクは、ディスクをオンラインに、ディスクをオフラインにする、または Data Protection Manager がインストールされている場合、コンピューターを再起動すると Windows Server 2008 または Windows Vista を実行しているコンピューターで「無効」としてマークされています。

インストールの手順

この Data Protection Manager 2007年プログラムのロールアップ パッケージの 3 つで構成されています。個別の更新プログラム。各更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 実行しているサーバー上のプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。Data Protection Manager 2007 Service Pack 1。これを行うには、実行、DataProtectionManager2007 KB979970.exe サーバー上のファイル。

    メモ 後の Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。このプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
  2. リモートの Microsoft SQL Server のインストールを更新します。DPMDB データベースをホストしています。これを行うには、SqlPrep KB979970.msp ファイルを実行SQL Server を実行しているコンピューター。

    メモ SQL Server の DPMDB を実行している場合、この手順は必要ありません。Data Protection Manager 2007年サーバー上のインスタンスです。
  3. DPM 管理者コンソールで、保護機能を更新します。エージェント。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    方法 1: 保護エージェントは、DPM 管理者コンソールを更新します。
    1. DPM 管理者コンソールを開きます。
    2. クリックして、 管理 タブをしクリックして、 エージェント タブします。
    3. コンピューターからを選択、 保護されています。コンピューター リストとクリック 更新プログラム で、 アクション ウィンドウです。
    4. クリックしてください。 [はい]、し エージェントを更新します。.
    5. 表示されたら、 資格情報を入力し、オプションを再起動します。 ダイアログ ボックスで、ユーザーの資格情報を入力、選択、 選択したサーバーを後で手動で再起動します。 オプション、し、クリックしてください。 [OK].

      メモ エージェントを更新するのには、コンピューターを再起動するはありません。これその理由は、 選択したサーバーを後で手動で再起動します。 オプション選択されています。
    方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。
    1. Data Protection Manager 2007年サーバー上の"Data Protection Manager インストール location\DPM\Agents\RA\2.0.8836.0"ディレクトリから更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。
      • X x86 ベースの更新: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB979970.exe
      • X 64 ベースの更新: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB979970_AMD64.exe
      メモ DPMAgentInstaller.exe のパッケージすべてに適用されます。言語。
    2. 適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。それぞれのコンピューターを保護します。
    3. DPM 管理者コンソールを開くDpm 2007 サーバーです。
    4. クリックして、 管理 タブをしクリックして、 エージェント タブします。
    5. 保護されたコンピューター] を選択し、エージェントのバージョンが 2.0.8864.0 として表示されていることを確認します。
  4. DPMManagementShell2007 KB979970.msp ファイルを実行します。

    メモ データ保護を実行している場合、この手順は必要ありません。Data Protection Manager 2007年サーバー上の管理者管理シェル。

情報を再起動します。

この修正プログラム ロールアップ パッケージをインストールすると、DPM 管理シェルが開かれている場合は、コンピューターを再起動する必要があります。それ以外の場合は、再起動は必要ありません。

プロパティ

文書番号: 979970 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kberrmsg kbdownload kbbug kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB979970 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:979970
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com