文書番号: 980534 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに


Microsoft Outlook 2003 〜 Microsoft Outlook 2013、および Windows Live メールはインターネットを介して電子メール メッセージを送受信できますが、これらのプログラムに格納される情報を自動的に同期させることはできません。具体的には、Windows Live メールに格納される電子メール メッセージは、自動では Outlook で使用できません。この資料では、Windows Live メールから Outlook にメッセージをエクスポートする方法について説明します。

この手順を実行するには、電子メール プロファイルが作成されている Microsoft Outlook がインストールされていることを確認します。
Microsoft Outlook のインストールでヘルプが必要である場合、または電子メール プロファイルを作成するには、次の資料を参照してください。
Outlook 2010、Outlook 2007、および Outlook 2003 でプロファイルを作成および構成する方法
http://support.microsoft.com/kb/829918/ja

解決方法

Windows Live メールから Microsoft Outlook 2010 への電子メール メッセージの移動:

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed


この処理では、Windows Live メールを直接 Outlook メール ファイルに移動します。
  1. Microsoft Outlook を起動します。
  2. Windows Live メールを開きます。
  3. Windows Live メールのウィンドウで [ファイル] ボタンをクリックし、[エクスポート] を選択してから、[電子メール メッセージ] を選択します。
  4. 形式として [Microsoft Exchange] を選択して、[次へ] をクリックします。
  5. すべての電子メールが Microsoft Outlook または Microsoft Exchange にエクスポートされるというメッセージが表示されます。[OK] をクリックして続行します。
  6. [フォルダーの選択] オプションを使用すると、すべての電子メール フォルダーをエクスポートしたり、エクスポートする適切なフォルダーを選択したりすることができます。
  7. 適切なオプションを選択した後、[OK] をクリックし、エクスポート処理が完了するのを待ちます。
  8. [エクスポートの完了] ダイアログ ボックスが表示されたら、[完了] をクリックします。

    注: エクスポートするメッセージの数に応じて、この処理にはある程度の時間がかかる可能性があります。
重要: Windows Live メールまたは Outlook Express メールを Outlook 2013 にエクスポートするには、Outlook 2013 は 32 ビット版である必要があります。詳細については、次の資料を参照してください。インターネット メールおよびアドレスを Outlook 2013 (64 ビット) に移動する場合の問題
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows Live メールから Microsoft Outlook 2003 〜 2010 への連絡先のエクスポート:

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. Windows Live メールを開きます。
  2. [連絡先] フォルダーをクリックし、[エクスポート] ボタンをクリックして、[カンマ区切り (.CSV)] を選択します。
  3. [CSV のエクスポート] ウィンドウで、[参照] をクリックし、デスクトップ フォルダーを選択します。
  4. [ファイル名] で「WLMContacts」と入力し、[保存] ボタンをクリックします。
  5. [次へ] をクリックし、エクスポートするすべてのフィールドを選択して、[完了] をクリックします。エクスポート処理が完了するのを待ちます。

    注: 最も一般的なフィールドには、[名前]、[姓]、[電子メール アドレス]、および [電話番号] があります。情報が明確でない場合は、すべてのフィールドを選択します。

    注: エクスポートするメッセージの数に応じて、この処理にはある程度の時間がかかる可能性があります。
  6. Windows Live メールを終了します。
  7. Microsoft Outlook を起動します。
  8. [連絡先] フォルダーを選択し、[ファイル] をクリックし、[開く] を選択し、[インポート] をクリックします。
  9. [他のアプリケーションまたはファイルからのインポート] オプションを選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  10. [テキスト ファイル (Windows、カンマ区切り)] を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  11. [参照] をクリックし、デスクトップ フォルダーでエクスポートしたファイル "WLMContacts" を選択し、[開く] をクリックします。

    注: 重複する連絡先を置き換えるか重複を許可する追加のオプションを選択できます。また、重複する連絡先をインポートしないことも選択できます。
  12. [次へ] ボタンをクリックし、[連絡先] フォルダーが強調表示されていることを確認します。[連絡先] フォルダーが強調表示されていない場合は、[連絡先] フォルダーを選択してから、[次へ] ボタンをクリックします。
  13. [完了] ボタンをクリックし、インポート処理が完了するのを待ちます。

    注: エクスポートするメッセージの数に応じて、この処理にはある程度の時間がかかる可能性があります。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows Live メールから Microsoft Outlook 2003 〜 2010 への予定表のエクスポート:

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. Windows Live メールを開きます。
  2. [予定表] フォルダーを選択し、Windows Live ID を使用してログインしていることを確認します。
  3. [送受信] をクリックし、予定表を同期させます。
  4. Windows Live メールを終了します。
  5. Windows Live Calendar Web ページ (http://calendar.live.com) にアクセスし、Windows Live ID を使用してログオンします。
  6. [共有] ボタンをクリックし、エクスポートする予定表を選択します。
  7. オプション [カレンダーを共有する] を選択します。
  8. 項目トピック [知り合いにカレンダーの閲覧用のリンクを送信する] のチェック ボックスをオンにします。
  9. カレンダーを共有するための複数のリンクが表示されます。リンクが表示されない場合は、[カレンダーへのリンクを入手 (設定も保存されます)] をクリックし、確認の [OK] をクリックします。
  10. カテゴリ [予定の詳細を公開するためのリンク] で、[ICS: 他のカレンダー サービスへのインポート] をクリックします。
  11. 表示された URL を、webcal:// プレフィックスを除いて選択し、コピーします。
  12. 新しい Internet Explorer のウィンドウを開き、アドレス バーに webcal:// プレフィックスを除いて URL を貼り付け、Enter キーを押します。
  13. カレンダーの .ICS ファイルをデスクトップに保存します。
  14. エクスポートする各カレンダーに対して、手順 5. 〜 13. を繰り返します。

    注: 上記の手順を完了した後、Web ページからの Windows Live Calendar の設定は "共有済み" として保存されます。上記の手順 5. 〜 7. を実行すると、カレンダーを再度個人用にすることができます。オプション [カレンダーを共有しない (個人用のままにする)] を選択し、[保存] をクリックします。
  15. 必要なすべての .ICS ファイルを保存した後、Internet Explorer のウィンドウを閉じます。
  16. Microsoft Outlook を起動します。
  17. [ファイル] をクリックし、[開く]、[インポート] オプションの順に選択します。
  18. オプション [iCalendar (.ics) または vCalendar ファイル (.vcs) のインポート] を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  19. デスクトップ フォルダーの .ICS カレンダー ファイルを選択し、[OK] ボタンをクリックします。
  20. ダイアログ ボックスの [インポート] ボタンをクリックし、インポート処理が完了するのを待ちます。
  21. インポートする各カレンダーに対して、手順 17. 〜 20. を繰り返します。
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows Live メールから Microsoft Outlook 2013 への連絡先のエクスポート:

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. Windows Live メールを開きます。
  2. [連絡先] フォルダーをクリックし、[エクスポート] をクリックします。
  3. [CSV 形式 (DOS、カンマ区切り)] を選択します。
  4. [CSV のエクスポート] ウィンドウで、[参照] をクリックし、デスクトップ フォルダーを選択します。
  5. [ファイル名] で「WLMContacts」と入力し、[保存] ボタンをクリックします。
  6. [次へ] をクリックし、エクスポートするすべてのフィールドを選択して、[完了] をクリックします。エクスポート処理が完了するのを待ちます。

    注: 最も一般的なフィールドには、[名前]、[姓]、[電子メール アドレス]、および [電話番号] があります。情報が明確でない場合は、すべてのフィールドを選択します。

    注: エクスポートするメッセージの数に応じて、この処理にはある程度の時間がかかる可能性があります。
  7. Windows Live メールを終了します。
  8. Excel を開き、[ファイル] を選択して、[開く] をクリックします。
  9. デスクトップ フォルダーを選択し、[すべてのファイルを表示] を選択します。
  10. 手順 5. で作成した "WLMContacts.csv" ファイルを選択して開きます。
  11. [ファイル] を選択し、[名前を付けて保存] をクリックします。
  12. [名前を付けて保存] ダイアログで、[ファイルの種類] を [CSV (コンマ区切り) (*.csv)] に変更して、[保存] をクリックします。
  13. 既存のファイルの置き換えまたは上書きを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  14. CSV 形式の維持を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  15. Excel を閉じます。
  16. Outlook を開き、[連絡先]、[ファイル] の順にクリックします。
  17. [開く]、[エクスポート] の順に選択し、[インポート/エクスポート] をクリックします。
  18. 表示されるウィンドウで、[他のアプリケーションまたはファイルからのインポート] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  19. [カンマ区切り値] を強調表示し、[次へ] をクリックします。
  20. [参照] ボタンをクリックし、デスクトップ フォルダーを選択します。
  21. "WLMContacts.csv" ファイルを選択して、[OK] をクリックします。

    注: 重複する連絡先を置き換えるか重複を許可する追加のオプションを選択できます。また、重複する連絡先をインポートしないことも選択できます。
  22. 次のウィンドウで、[連絡先] フォルダーを強調表示し、[次へ] をクリックします。
  23. 表示されるウィンドウで [完了] をクリックします。

重要: Windows Live メールまたは Outlook Express メールを Outlook 2013 にエクスポートするには、Outlook 2013 は 32 ビット版である必要があります。詳細については、次の資料を参照してください。インターネット メールおよびアドレスを Outlook 2013 (64 ビット) に移動する場合の問題
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

Windows Live メールから Microsoft Outlook 2010 への予定表のエクスポート:

元に戻す画像を拡大する
assets folding start collapsed
  1. Windows Live メールを開きます。
  2. [予定表] フォルダーを選択し、Windows Live ID を使用してログインしていることを確認します。
  3. [共有] をクリックし、Windows Live アカウントを選択します。Outlook アカウントがある場合は、そのアカウントも表示されます。
  4. 予定表を共有するかまたは共有しないためのオプションが表示されます。[カレンダーを共有する] を選択し、[保存] をクリックします。
  5. [知り合いにカレンダーの閲覧用のリンクを送信する] のチェック ボックスをオンにし、[保存] をクリックします。
  6. [カレンダーへのリンクを入手 (設定も保存されます)] をクリックし、表示される警告ウィンドウで [OK] をクリックします。
  7. 淡色表示になっていたリンクが使用できるようになります。共有する予定表情報の範囲に適したリンクをクリックします。
  8. 表示されるウィンドウ内のリンクを使用して、予定表を表示できるようにする、または予定表データをインポートできるようにするユーザーに電子メールを送信することができます。

重要: Windows Live メールまたは Outlook Express メールを Outlook 2013 にエクスポートするには、Outlook 2013 は 32 ビット版である必要があります。詳細については、次の資料を参照してください。インターネット メールおよびアドレスを Outlook 2013 (64 ビット) に移動する場合の問題
元に戻す画像を拡大する
assets folding end collapsed

詳細

Outlook Express から Outlook 2010、Outlook 2007、Outlook 2003、または Outlook 2002 にアップグレードする方法
http://support.microsoft.com/kb/291602/ja

Outlook で Outlook.com アカウントを使用する
http://office.microsoft.com/ja-jp/outlook-help/use-a-windows-live-hotmail-account-in-outlook-HA010354935.aspx?CTT=1

Microsoft Office Outlook でユーザーの情報および構成が保存される場所
http://office.microsoft.com/ja-jp/outlook-help/locating-the-outlook-data-files-HA103412630.aspx?CTT=1

Windows メールから電子メール メッセージをエクスポートする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
196347 Windows メールおよび Outlook Express から Outlook へ電子メール メッセージをエクスポートする方法

プロパティ

文書番号: 980534 - 最終更新日: 2014年1月31日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2010
  • Microsoft Outlook 2010 with Business Contact Manager
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003 with Business Contact Manager
  • Microsoft Outlook 2013
キーワード:?
kbemail kbexpertisebeginner kbhowto kbsurveynew kbinfo KB980534
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com