説明の修正プログラムのロールアップ 2 Antigen 9 が Service Pack 2 では、および Antigen 9 を SMTP ゲートウェイをサービス パック 2

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 980586 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフト修正プログラムのロールアップ 2 Antigen 9 を Exchange サーバーに Service Pack 2 および Antigen 9 の SMTP ゲートウェイ Service Pack 2 をリリースしました。この修正プログラム ロールアップの入手方法および修正プログラムのロールアップで修正される問題についての情報を掲載しています。

詳細

修正プログラムのプログラムのロールアップ 2 に Antigen 9 を Exchange サーバーに Service Pack 2 および Antigen 9 の SMTP ゲートウェイ Service Pack 2 で修正される問題

この修正プログラム ロールアップは、次の問題が修正されます。

修正プログラムのロールアップで修正される問題の詳細

  • Antigen 9 Exchange と Antigen 9 の SMTP ゲートウェイを実行しない送信内部電子メール アドレスへの通知

    現象

    通知で指定されている内部の受信者は、予想される電子メール通知は表示されません。通知を受信しようとしている内部の受信者を表示するのには、Antigen 管理コンソールの [レポート] メニューの [通知] をクリックします。

    原因

    この問題は、DomainDatFilename 機能 Antigen 9 は、Exchange で Antigen 9 の SMTP ゲートウェイの内部ドメインを指定するのには使用すると発生します。
  • 「クラスター サービスを作成または Crypto チェックポイントに Microsoft Exchange 2003 クラスターを復元できません。

    現象

    クラスター サービスを作成したり Crypto チェックポイント Antigen 9 で Exchange 2003 のインフォメーション ストア インスタンスは、Exchange または Antigen 9 Exchange SMTP インスタンスの SMTP ゲートウェイを復元することはできません。

    Antigen 9 は、Exchange または Antigen 9 の SMTP ゲートウェイでは、Exchange のインストール中に、クラスターのインストールが停止し、次のエラー メッセージが表示されます。
    セットアップで EVS Antigen リソースと構成を作成できませんでした。
    クラスター リソースがオンラインになった場合は、次のようなイベントの種類、システム ログに記録されます。


    イベントの種類: エラー イベント
    ソース : ClusSvc
    分類: チェックポイント マネージャー
    イベント ID: 1121年
    説明:
    暗号化チェックポイントをクラスター リソース ' Exchange インフォメーション ストアのインスタンスはコンテナーの名前に復元されませんでした
    ' C44FBC30-1445年 11 d 3-8CAA-00104B9C5823 '。このリソースは正しく動作しない 可能性があります。

    原因

    この問題は、ローカル管理者アカウントが次のフォルダーに十分なアクセス許可を持たないために発生します。
    %drive%\Documents と Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Crypto\RSA\MachineKeys
    このフォルダーに適用されるアクセス許可のいずれかのこれらの現象が発生したときに次のフォルダーに作成されたファイルによって継承されます。
    {47bea955279d0bff4b03ff43cad2cab7_80331190-c9c2-4bc8-b3da-6baffb106058}
    回避策

    この問題が発生し、この問題を解決するのにはこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールできない場合を「%Drive%\Documents と Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Crypto\RSA\MachineKeys に」フル コントロールを次のローカル アカウントを追加することによってこの問題を回避作業フォルダー。
    • local_computer\Administrators
    • local_computer\System
    • local_computer\Network サービス


    メモ各アカウントに対してアクセス許可を子オブジェクトすべてに適用するオプションが選択されていることを確認します。
  • Antigen 9 の Exchange と Antigen 9 SMTP ゲートウェイ サービスをできないを開始するとインストールのルート ディレクトリにある「プログラム」という名前ファイルが含まれています

    現象

    インストール ルート ディレクトリに プログラム というファイルが含まれている場合は、Antigen 9 は、Exchange と Antigen 9 SMTP ゲートウェイ サービスを開始できません。

    原因

    この問題は、SMTP ゲートウェイには実行可能ファイルのパスを囲む引用符が含まれていない実行可能なサービス Antigen 9 を Exchange または Antigen 9 ファイル (場合に発生します。これはすべてのファイルのパスを検索するには、システムが発生します。たとえば、ファイル"C:\Program"ファイルのパスを"C:\Program Files\Microsoft Antigen を Exchange\AntigenService.exe"あります。つまり Antigen 9 は、Exchange との SMTP ゲートウェイ Antigen 9 間違ったファイルを検索して、サービスを開始できません。

    回避策

    直ちにこの修正プログラム ロールアップをインストールできない場合は一時的にこの問題を回避するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 「プログラム」という名前のファイルの名前を変更します。
    • 実行可能ファイルのパスを二重引用符は、サービスのレジストリに配置します。これを行う方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
      812486イベント ID 7000 とサービスを開始すると「%1 は有効な Win32 アプリケーションではない」のエラー メッセージ
  • すべてのエンジン更新ロールおよび Antigen 9 の SMTP ゲートウェイ Antigen 9 は、Exchange で再びインストール ルート ディレクトリには、あるプログラム」という名前のファイルが含まれている場合

    現象

    SMTP ゲートウェイを Exchange と Antigen 9 Antigen 9 スキャン エンジンを更新しようとすると、更新をロールバックします。新しいスキャン エンジンのダウンロード後、統合することはできません。新しいスキャン エンジンがロールバックされ Antigen 9 は、Exchange と Antigen 9 の SMTP ゲートウェイで古いスキャン エンジンに戻ります。

    さらに、次のエントリがアプリケーション ログと ProgramLog.txt ファイル スキャン エンジンを更新する際に記録されることがあります。次の使用例は、Microsoft のスキャン エンジンのです。

    "情報: Microsoft スキャン エンジンがダウンロードされている"
    "情報: Microsoft スキャン エンジンをステージングします"。
    "エラー: (0x000000c1) %1 は有効な Win32 アプリケーションではありません。マイクロソフトのスキャン エンジンの ScanEngineTest を起動することができません。"
    "情報: Microsoft スキャン エンジンがロールバックされました"。

    原因

    この問題は、ScanEngineTest.exe のパスがエンジン更新コード Antigen 9 は、Exchange と Antigen 9 の SMTP ゲートウェイでのクォーテーション マークで囲まれていない場合に発生します。これはすべてのファイルのパスを検索するには、システムが発生します。たとえば、ファイル"C:\Program"ファイルのパスを"C:\Program Files\Microsoft Antigen を Exchange\ScanEngineTest.exe"あります。Antigen 9 は、Exchange Antigen 9 SMTP ゲートウェイを間違ったファイルを検索およびスキャン エンジンのテストを完了できないことを意味します。このシナリオでは、スキャン エンジンがロールバックされます。
  • Antigen 9 を Exchange と Antigen 9 SMTP ゲートウェイ サーバーと Forefront Server セキュリティの管理コンソールを使用するテンプレートの設定の展開できないこと

    現象

    Forefront Server セキュリティの管理コンソールを使用して、テンプレートの設定、Antigen 9 に Exchange や、Antigen 9 SMTP ゲートウェイ サーバーを展開します。ジョブが正常に完了します。ただし、Antigen 管理コンソールをチェックインすると、テンプレートの設定でスキャン ジョブには適用されませんが、見つかりません。

    原因

    AntigenStarter.exe テンプレート設定をローカル Antigen 9 の Exchange と Antigen 9 SMTP ゲートウェイ サーバーを展開するために使用されます。この問題が発生すると、template の .adb ファイルをローカル サーバーにコピーする前に、AntigenStarter.exe ファイルと呼ばれます。

    したがって、AntigenStarter.exe は、スキャン ジョブに既に適用されている現在の設定を統合します。AntigenStarter.exe は、新しい template の .adb 設定は適用されません。

    回避策

    この問題を回避するには、AntigenStarter.exe ローカル Forefront Server セキュリティの管理コンソール、template の .adb をサーバーに展開した後、テンプレートの設定を展開する. します。AntigenStarter.exe およびコマンド ライン パラメーターの詳細については、Exchange の 『 ユーザーズ ガイド 』 の 章 11 - テンプレートを使用して、Antigen を参照してください。このマニュアルを入手するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb914041.aspx
  • 送信者がいない通知 Antigen Exchange 用の場合は、元の電子メール メッセージ ヘッダーの「差出人」フィールドがある複数の回線を占有する単一の表示名

    現象

    センダーの通知「差出人」フィールドの元の電子メール メッセージ ヘッダーに多くの文字とブリッジは 1 つ以上の行が含まれている単一の表示名がある場合は Antigen で Exchange に送信されていません。たとえば、次のエンコードされたヘッダーが発生:
    From: =?iso-2022-jp?B?YUEyMzQ1Njc2ISAxMjM3NPS2ODkwMTIzTNW2Nw==?=
     =?iso-2022-jp?B?ODkwISIzNDQ32Nzg5MDEyMzL1Nhc9OTAxMjM9XO==?=
     =?iso-2022-jp?B?Tjc2ORskPiVERXklSIsoQg==?= <user@contoso.com>
    


    詳細について

    通常、ウイルス、ファイル フィルター、またはいくつか他の関連エンティティ Antigen に Exchange 用の一致として電子メール メッセージが検出されると、Antigen、元の送信者の電子メール メッセージ、イベントの内容を含む通知を送信します。ただし、元の電子メール メッセージ ヘッダーの「差出人」フィールドに表示名の長さの複数の行が含まれている場合は、送信者の通知は送信されません。

    さらに、次のエラー メッセージ、Programlog.txt ファイルに記録される場合があります。
    エラー: AD から次の行のデータを取得できませんでした。エラー コード: 00005012。

    警告: ユーザーの SMTP アドレスがありません。ユーザー:
  • スキャン エンジンの更新が失敗し ProgramLog.txt ファイル内の警告メッセージをログに記録

    現象

    Antigen の Exchange サーバーまたは SMTP ゲートウェイの外部のスキャン エンジン ベンダー Antigen のサブディレクトリにパッケージ化されているファイルが組み込まれたスキャン エンジンの更新をリリースする場合は、スキャン エンジンの更新が失敗します。さらに、警告メッセージは、次のような ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
    警告: 障害、スキャナーのインストール中に同期オブザーバーによって報告されました。操作 = 0x00000001。インストール ディレクトリを C:\<Forefront Installation Directory> \ <EngineName> \Bin\bases/stt/
    原因

    Antigen の更新プログラム パッケージで 1 つまたは複数のサブディレクトリが含まれているスキャン エンジンを更新できないので、この問題は発生します。
  • 既存の Antigen <template>を適用すると 新しい Antigen インストールの設定未構成まま AntigenStarter コマンドを使用して .adb ファイルヘ Antigen

    現象

    Antigen の管理コンソールには、空白の構成、ファイル フィルター リストや 許可された送信者 リストなどが含まれています。

    詳細について

    Antigen の既存のサーバーから設定を新しい Antigen サーバーに複製するには、管理者 Antigen template の .adb ファイルを新しいサーバーにコピーして、AntigenStarter コマンドを実行します。場合によっては、template の .adb ファイルの設定は完全には適用されません。
  • ユーザーが使用されていて生成古いスキャン エンジンに通知を Antigen

    現象

    Antigen の重要な通知リストの管理者は、廃止されたスキャン エンジンの使用を中止するのには、電子メールの要求を受信し続けます。Antigen の管理者は、スキャン エンジンが無効になっている場合でもこの問題を発生します。

    さらに、次のイベント ログに記録されます。
    engine_display_name のスキャン エンジンがサポートされていません。更新プログラムは、このエンジンは利用できなくなり、このエンジンの更新確認を無効になっているため。スキャン ジョブ用に選択されているスキャン エンジンを確認して、最新の保護を別の選択肢を確認してください。
  • Antigen が正しく検出 PDF ファイルとして UNICODE ファイルで構成を PDF ファイルをフィルター処理するとき

    現象

    フィルターの PDF ファイルに Antigen を構成します。PDF ファイルにフィルターを適用すると、次のエントリは、ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
    date time(812-2468、"診断: 2 (FOBTYPE_UNICODE) の FileType、IMS スキャナーが検出されました"

    date time(812-2468)、「診断:、IMS ウイルス スキャナーという subject の"送信"フォルダーにあるメッセージから"file_name .pdf"という名前ファイルをスキャンしています"
    詳細について

    ファイル フィルターのポータブル ドキュメント書式 (PDF) ファイル、Antigen に設定されている場合に、UNICODE ファイルの種類] ボックスの一覧で選択されていると、Antigen は正常にファイルをフィルターします。ただし、誤って UNICODE ファイルがフィルターされた記録されます。
  • 電子メールの可能性がありますキューを Exchange ディレクトリの参照のキューで、電子メール フローは遅い、またはそれ以上の期間送信および受信待機時間 Exchange Antigen は、Exchange がインストールされている場合

    現象

    Antigen Exchange をインストールすると、1 つ以上の以下の現象が Exchange で発生することがあります。
    • 電子メールが Exchange ディレクトリの参照のキューにキューに置くことがあります。
    • メール フローが遅くなります。
    • ユーザーが電子メールを送受信する待機時間が長く報告します。
    • CPU 使用率が高い可能性があります。
    原因

    Antigen がインストールされている場合は、この Exchange で発生する可能性があります。Antigen のキーワード フィルタリング コンポーネントのパフォーマンスの問題のために発生します。
  • Antigen Exchange Service Pack 2 のプログラムのロールアップ 2 のインシデント ログのパフォーマンスの向上が用意されています

    詳細について

    Antigen の検出を行うと、これら Incident.mdb データベースに記録する必要があります。この現象が発生すると、CPU 使用率の増加です。たとえば、CPU 使用率が増加、AntigenService.exe プロセスがこの時点で表示可能性があります。テーブルを更新する 2 回 Antigen インシデントの数のテーブルをアクセスできるため、これが発生しました。

    Antigen 9 を Exchange Service Pack 2 の修正プログラムのロールアップ 2 をインストールすると、インシデント ログのパフォーマンスが向上します。

修正プログラム ロールアップの情報

ダウンロード情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマーサービス &amp; サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。

修正プログラム ロールアップをインストールする方法

修正プログラム ロールアップをインストールするのには、次の手順を実行します。
  1. 修正プログラム ロールアップの実行可能ファイルをダブルクリックして、インストーラーを実行します。

    メモインストーラーを実行しているし、Exchange と Antigen サービスが停止している、メールの流れを一時的に停止します。
  2. インストールが完了した Exchange と Antigen サービスが再起動されると、Antigen が正常に動作していることを確認します。

    メモ
    • Exchange と Antigen サービスは、インストール時に自動的に再開されます。
    • Antigen の Service Pack または修正プログラム ロールアップは、FFSMC の展開ジョブを使用してインストールできます。詳細については、「、Forefront Server セキュリティの管理コンソールの 『 ユーザーズ ガイド 』 の「展開ジョブ」を参照してください。この場合、インストーラーはサイレント モードで実行され、ユーザー入力は不要です。実行可能ファイルをダブルクリックして、インストーラーを実行するとそのまま残りの処理は変わりません。

前提条件

この修正プログラム ロールアップをインストールするのには、次の 1 つが必要です。
  • Microsoft Antigen 9 を Exchange Service Pack 2
  • SMTP ゲートウェイの Service Pack 2 の Microsoft Antigen 9
必要な Service Pack の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
971063Antigen 9. 0 Service Pack 2 での説明

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれています。

この修正プログラムの英語 (U. S.) 版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表示します。これらのファイルの日時を世界協定時刻 (UTC) で示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
Antigen 9 Exchange サービス用の 2 をパックします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Aexmladapter.dll9.2.1097.63525,82423-2 月-201015: 28
Ant5inst.dll9.2.1097.63967,16823-2 月-201015: 28
Antigenasj.dll9.2.1097.63313,85623-2 月-201015: 28
Antigenclient.exe9.2.1097.631,185,28023-2 月-201015: 28
Antigendiag.exe9.2.1097.63286,72023-2 月-201015: 28
Antigenimc.exe9.2.1097.63265,21623-2 月-201015: 28
Antigeninternet.exe9.2.1097.63823,29623-2 月-201015: 28
Antigenmanual.exe9.2.1097.63813,56823-2 月-201015: 28
Antigenmonitor.exe9.2.1097.63241,15223-2 月-201015: 28
Antigenpmdll.dll9.2.1097.63294,91223-2 月-201015: 28
Antigenpmsetup.exe9.2.1097.63272,38423-2 月-201015: 28
Antigenrealtime.exe9.2.1097.63794,62423-2 月-201015: 28
Antigenservice.exe9.2.1097.631,511,93623-2 月-201015: 28
Antigensmtpsink.dll9.2.1097.63430,08023-2 月-201015: 28
Antigenstarter.exe9.2.1097.63209,92023-2 月-201015: 28
Antigenstore.exe9.2.1097.63231,93623-2 月-201015: 28
Antigenvsapi.dll9.2.1097.63326,14423-2 月-201015: 28
Antutil.exe9.2.1097.63317,44023-2 月-201015: 28
Fsecontentscanner.exe9.2.0015.0670,0642009-11-9 月21: 53
Getenginefiles.exe9.2.1097.6360,057623-2 月-201015: 28
Mimenavigator.dll9.2.1097.63296,96023-2 月-201015: 27
Scanenginetest.exe9.2.1097.63527,36023-2 月-201015: 28
Smimenavigator.dll9.2.1097.63221,69623-2 月-201015: 27
Statisticsmanager.dll9.2.1097.63509,95223-2 月-201015: 27
Structstgnavigator.dll9.2.1097.63272,89623-2 月-201015: 27
Sybariave.dll適用しません。557,5682007 年 2 月-2010 年02: 39
Sybariengine.dll9.2.1097.63136,70423-2 月-201015: 27
Tnefnavigator.dll9.2.1097.63283,13623-2 月-201015: 27
Antigen 9 SMTP ゲートウェイ サービス用の 2 をパックします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Aexmladapter.dll9.2.1097.63525,82423-2 月-201015: 28
Ant5inst.dll9.2.1097.63967,16823-2 月-201015: 28
Antigenasj.dll9.2.1097.63313,85623-2 月-201015: 28
Antigenclient.exe9.2.1097.631,185,28023-2 月-201015: 28
Antigendiag.exe9.2.1097.63286,72023-2 月-201015: 28
Antigenimc.exe9.2.1097.63265,21623-2 月-201015: 28
Antigeninternet.exe9.2.1097.63823,29623-2 月-201015: 28
Antigenmanual.exe9.2.1097.63813,56823-2 月-201015: 28
Antigenmonitor.exe9.2.1097.63241,15223-2 月-201015: 28
Antigenpmdll.dll9.2.1097.63294,91223-2 月-201015: 28
Antigenpmsetup.exe9.2.1097.63272,38423-2 月-201015: 28
Antigenrealtime.exe9.2.1097.63794,62423-2 月-201015: 28
Antigenservice.exe9.2.1097.631,511,93623-2 月-201015: 28
Antigensmtpsink.dll9.2.1097.63430,08023-2 月-201015: 28
Antigenstarter.exe9.2.1097.63209,92023-2 月-201015: 28
Antigenstore.exe9.2.1097.63231,93623-2 月-201015: 28
Antigenvsapi.dll9.2.1097.63326,14423-2 月-201015: 28
Antutil.exe9.2.1097.63317,44023-2 月-201015: 28
Fsecontentscanner.exe9.2.0015.0670,0642009-11-9 月21: 53
Getenginefiles.exe9.2.1097.63600,57623-2 月-201015: 28
Mimenavigator.dll9.2.1097.63296,96023-2 月-201015: 27
Scanenginetest.exe9.2.1097.63527,36023-2 月-201015: 28
Smimenavigator.dll9.2.1097.63221,69623-2 月-201015: 27
Statisticsmanager.dll9.2.1097.63509,95223-2 月-201015: 27
Structstgnavigator.dll9.2.1097.6327,289623-2 月-201015: 27
Sybariave.dll557,5682007 年 2 月-2010 年02: 39
Sybariengine.dll9.2.1097.63136,70423-2 月-201015: 27
Tnefnavigator.dll9.2.1097.63283,13623-2 月-201015: 27

プロパティ

文書番号: 980586 - 最終更新日: 2010年3月3日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Antigen 9.0 for Exchange Service Pack 2
  • Microsoft Antigen 9.0 for SMTP Gateways Service Pack 2
キーワード:?
kberrmsg kbdownload kbbug kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB980586 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:980586
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com