Office for Mac プログラムの起動時に「が、操作を完了するのに十分なメモリまたはディスク領域」のエラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 980616
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Office for Mac プログラムを起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
操作を完了するのに十分なメモリまたはディスク領域がありません。

原因

このエラーの最も一般的な原因は、Microsoft Office の Mac ソフトウェアのインストールです。ただし、オペレーティング システムの構成に関連するその他の原因は、原因を正確に判断するには、先に制御する必要があります。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順 1: テストでセーフ ブート プログラム

「Shift キーを押し起動」、オペレーティング システムと共に、オペレーティング システムの起動から、バック グラウンドで通常実行されます任意の不要なソフトウェアを防ぐために。セーフ モードでコンピューターを再起動する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

2398596 バック グラウンドのプログラム Office で Mac に干渉しているかどうかを判断するのには、クリーン ブート (セーフ ブート) を実行します。

1 回セーフ モードでプログラムをテストします。問題が引き続き発生する場合は、次の手順に進みます。

手順 2: ディスクのアクセス権を修復します。

誤ったアクセス許可を割り当てられている、エラーが発生している場合は、ディスクのアクセス権を修復します。以下が手順例となります:
  1. 実行しているすべてのプログラムを終了します。
  2. で、 移動 メニューをクリックして ユーティリティ.
  3. 開いている、 ディスク ユーティリティです。
  4. ナビゲーション ウィンドウでは、mac 用の Office を含む、ハード ドライブのアイコンを選択します。
  5. クリックして、 救急 タブ。
  6. クリック 修復ディスクのアクセス許可.
  7. 修復が完了したことが通知されるをもう一度クリックします。 修復ディスクのアクセス許可.
  8. もう一度修復処理が完了すると、エラーが再発するかどうかを確認するのには、プログラムを起動してください。
上記の手順のどちらも、このエラーを解決する場合は、Microsoft Office に依存するユーザー固有の情報に問題がある可能性があるかどうかを確認するには、新しいユーザー アカウントを作成します。

手順 3: 新しいユーザー アカウントを作成します。

新しいユーザー アカウントを作成するには、以下の手順を実行します。新しいユーザー アカウントのプログラムを起動することができない場合は、既存アカウントをトラブルシューティングするのには、Apple サポートに問い合わせてください。既存のアカウントを維持する必要がない場合は、テスト用のアカウントの名前を変更できます。

元に戻す全体を表示する
1. [Apple] アイコンをクリックしてクリックシステム環境設定します。
元に戻す画像を拡大する
[システム環境設定を開く
2.アカウント] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
アカウントを開く
3. 新しいアカウント ウィンドウを開くには、左下隅に、プラス符号 [+] をクリックします。ユーザー アカウントを追加することができるように、コンピューターの管理者でない場合、をクリックして、ロックを変更する] をクリックします。、管理者のユーザー名とパスワード、および enter キーを押します[ok]を使用してログインします。
元に戻す画像を拡大する
アカウントの新しいウィンドウを開く

4. 単語テスト用のユーザー名を入力し、パスワード ボックスを空白のままに。アカウントの作成] をクリックします。警告が表示されたら、[ OKを] をクリックします。
元に戻す画像を拡大する
テスト ユーザー アカウントを作成します。
5. このコンピューターを管理できるようにします。.このオプションが既に選択されている場合は、次の手順をに従ってください。
元に戻す画像を拡大する
管理者のアクセス許可を設定します。
6. Apple アイコンをクリックし、[ログアウトを<Account name="">、元のアカウント] をクリックします。 </Account>
元に戻す画像を拡大する
元のアカウントからのログオンします。
7. テスト アカウントでログインします。


手順 4: を削除し、Office を再インストール

Microsoft Office ソフトウェアのインストールによって、問題を発生可能性があります。その場合は、解像度は、削除して、ソフトウェアを再インストールするには、です。これを行うには、次の手順を実行します。
ソフトウェアを削除後、再インストールできるように、利用可能なソフトウェアのインストール メディアがあることを確認してください。また、アップグレード版を使用している場合は、また以前のバージョンのインストール メディアをあることを確認します。
  1. 実行中のプログラムをすべて終了します。
  2. ハード ディスク ドライブを開きます。
  3. [ライブラリ] フォルダーを開きます。
  4. アプリケーションのサポート フォルダーを開きます。
  5. Microsoft フォルダーを探し、そのフォルダーをゴミ箱に移動します。
  6. で、 移動 メニューをクリックして アプリケーション.
  7. Office 2008 の Microsoft フォルダーをゴミ箱に移動します。
  8. 保持しておきたいをゴミ箱にかどうかを確認し、[ごみ箱を空にします。
  9. Mac 版 Microsoft Office 2008 のインストール メディアを挿入します。
  10. セットアップ アシスタントの手順を実行します。
  11. インストールが完了したらをクリックします。 アプリケーション で、 移動 メニュー。
  12. Microsoft Office 2008] フォルダーを開きし、Microsoft Word を起動します。
  13. で、 ヘルプ メニューをクリックして 更新プログラムの確認.
  14. で、 Microsoft 自動更新 ダイアログ ボックス、クリックして 更新プログラムの確認.
  15. すべての利用可能な更新の一覧が表示されます。クリック インストール.
  16. 更新プログラムをインストールする指示に従います。
問題が引き続き発生する場合は、手動で、Office を削除します。Office はこの完全にシステムから削除されます。

手動ですべてのファイルを Mac の 2008年の Office をコンピューターから削除するを参照してください。Mac の Office 2008 を完全に削除する方法.

プロパティ

文書番号: 980616 - 最終更新日: 2012年5月2日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbprb kbmt kbsurveynew KB980616 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:980616
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com