FIX: Forefront TMG 2010 ログには、クライアントによって要求された、完全な URL が記録されていない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 980723 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

と Microsoft ファイアウォール クライアントが URL を要求する、Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010年ログは、クライアントによって要求された Web サイトの IP アドレスのみが表示されます。 Forefront TMG 2010 では、クライアントによって要求された完全な URL を記録するように、正常な動作です。

原因

、問題の Forefront TMG 2010 と以前のバージョンのインターネット セキュリティとアクセラレータ Server (ISA) の既定の動作であるために、この問題が発生します。

解決方法

表現または暗黙の保証もないのだけの Microsoft プログラミング例として提供します。 これを含むが、商品性や特定目的に対する適合性の保証に制限されていません。 この資料は、例示されているプログラミング言語と作成、およびプロシージャのデバッグを使用するツールに精通していることを前提としています。 マイクロソフト サポート エンジニアは、特定のプロシージャの機能について説明する支援しますが、追加された機能または要件を特定しますに対応するプロシージャの作成には、これらの例は変更されません。

この問題を解決するには、次の手順を実行します:
  1. Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010年の Service Pack 1 (SP1) をインストールします。

    Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 Service Pack 1 の入手方法の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
    981324Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 Service Pack 1 で修正される問題の一覧
  2. メモ帳を起動し、[コピーは、次のスクリプトを作成するのには、メモ帳のファイル。

    メモ
    デフォルトでは、この修正プログラムを無効になっています。 このスクリプトは、修正プログラムできます。
    Const SE_VPS_GUID = "{143F5698-103B-12D4-FF34-1F34767DEabc}"
    Const SE_VPS_NAME = "LogDomainNameForFWC"
    Const SE_VPS_VALUE = true
    
    Sub SetValue()
    
        ' Create the root object.
        Dim root  ' The FPCLib.FPC root object
        Set root = CreateObject("FPC.Root")
    
        'Declare the other objects that are needed.
        Dim array       ' An FPCArray object
        Dim VendorSets  ' An FPCVendorParametersSets collection
        Dim VendorSet   ' An FPCVendorParametersSet object
    
        ' Get references to the array object
        ' and the network rules collection.
        Set array = root.GetContainingArray
        Set VendorSets = array.VendorParametersSets
    
        On Error Resume Next
        Set VendorSet = VendorSets.Item( SE_VPS_GUID )
    
        If Err.Number <> 0 Then
            Err.Clear
    
            ' Add the item
            Set VendorSet = VendorSets.Add( SE_VPS_GUID )
            CheckError
            WScript.Echo "New VendorSet added... " & VendorSet.Name
    
        Else
            WScript.Echo "Existing VendorSet found... value- " &  VendorSet.Value(SE_VPS_NAME)
        End If
    
        if VendorSet.Value(SE_VPS_NAME) <> SE_VPS_VALUE Then
    
            Err.Clear
            VendorSet.Value(SE_VPS_NAME) = SE_VPS_VALUE
    
            If Err.Number <> 0 Then
                CheckError
            Else
                VendorSets.Save false, true
                CheckError
    
                If Err.Number = 0 Then
                    WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", saved!"
                End If
            End If
        Else
            WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", no change!"
        End If
    
    End Sub
    
    Sub CheckError()
    
        If Err.Number <> 0 Then
            WScript.Echo "An error occurred: 0x" & Hex(Err.Number) & " " & Err.Description
            Err.Clear
        End If
    
    End Sub
    
    SetValue
    
    	Save the file as a Microsoft Visual Basic script file by using the .vbs file name extension. For example, use the following name to save the file: 
    logdomainnameforfwc.vbs
    5. 	Start a command prompt, move to the location where you saved the logdomainnameforfwc.vbs  file, and then run the following command: 
    cscript logdomainnameforfwc.vbs
    
    
    Hotfix removal information 
    Important Before you remove the hotfix that is mentioned in KBXXXXX, you must first run the following script to remove the Dontlogdomainnameforfwc.vbs value.
    Const SE_VPS_GUID = "{143F5698-103B-12D4-FF34-1F34767DEabc}"
    Const SE_VPS_NAME = "LogDomainNameForFWC"
    Const SE_VPS_VALUE = false
    
    Sub SetValue()
    
        ' Create the root obect.
        Dim root  ' The FPCLib.FPC root object
        Set root = CreateObject("FPC.Root")
    
        'Declare the other objects needed.
        Dim array       ' An FPCArray object
        Dim VendorSets  ' An FPCVendorParametersSets collection
        Dim VendorSet   ' An FPCVendorParametersSet object
    
        ' Get references to the array object
        ' and the network rules collection.
        Set array = root.GetContainingArray
        Set VendorSets = array.VendorParametersSets
    
        On Error Resume Next
        Set VendorSet = VendorSets.Item( SE_VPS_GUID )
    
        If Err.Number <> 0 Then
            Err.Clear
    
            ' Add the item
            Set VendorSet = VendorSets.Add( SE_VPS_GUID )
            CheckError
            WScript.Echo "New VendorSet added... " & VendorSet.Name
    
        Else
            WScript.Echo "Existing VendorSet found... value- " &  VendorSet.Value(SE_VPS_NAME)
        End If
    
        if VendorSet.Value(SE_VPS_NAME) <> SE_VPS_VALUE Then
    
            Err.Clear
            VendorSet.Value(SE_VPS_NAME) = SE_VPS_VALUE
    
            If Err.Number <> 0 Then
                CheckError
            Else
                VendorSets.Save false, true
                CheckError
    
                If Err.Number = 0 Then
                    WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", saved!"
                End If
            End If
        Else
            WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", no change!"
        End If
    
    End Sub
    
    Sub CheckError()
    
        If Err.Number <> 0 Then
            WScript.Echo "An error occurred: 0x" & Hex(Err.Number) & " " & Err.Description
            Err.Clear
        End If
    
    End Sub
    
  3. 、.vbs ファイル名拡張子を使用して、Microsoft Visual Basic スクリプト ファイルとしてファイルを保存します。 たとえば、次の名前を使用して、ファイルを保存:
    EnableHotfix980723.vbs
  4. it. を実行する .vbs ファイルをダブルクリック

状況

マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 980723 - 最終更新日: 2010年8月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Threat Management Gateway 2010 Enterprise
  • Microsoft Forefront Threat Management Gateway 2010 Standard
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB980723 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:980723
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com