Office Excel 2007 の修正プログラムのパッケージ (Excel の x-none.msp、グラフの x-none.msp、Xlconv の x-none.msp、Xlview ・ x ・ none.msp): 27、2010 年 4 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 981046
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2010 年 4 月 27 日修正プログラム パッケージで修正される Excel 2007 の Microsoft Office の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 複数のディメンションのキー列を変更して Analysis Services データベースのキューブでは一意にします。階層のレベルでディメンションを使用して徐々 に Microsoft Office の Excel 2007 ブックを展開すると、ブックが破損しています。

  • 次のシナリオを検討してください。
    • ピボット テーブルが OLAP データ ソースに基づくを作成します。
    • キューブに変更を行った後、ブックを開くし、ピボット テーブルを更新します。
    • 保存して、ブックを閉じます。
    • 次回、ブックを開く [読み取り不可能なコンテンツ"のエラーが表示され、リカバリ後に、ピボット テーブル動作しなくなった。


  • 次のシナリオを検討してください。
    • Windows Vista または Windows 7 を実行しているコンピューター上の別のアプリケーションでは、埋め込まれた Excel ワークシート オブジェクトをあります。Office Excel のワークシート オブジェクトこの時点で正しいと思われます。
    • 開くし、Office Excel 2007 で Excel ワークシート オブジェクトを編集します。
    • Office Excel ワークシート オブジェクトを保存します。
    • Office Excel ワークシート オブジェクトを閉じるし、ホスト アプリケーションを作成します。
    このシナリオでは、下または Office Excel ワークシート オブジェクトの横にクリップされます。

  • 手動で配置されたデータ系列のラベルには、Office Excel 2007 では表示されませんを含むグラフをあります。.Xls 形式でファイルを保存しようとすると、Office Excel 2007 がクラッシュします。

  • 2007 Microsoft Office システムの Service Pack 1 がインストールされている、コンピューターがあります。使用して、 インデックス 配列数式では、Office Excel 2007 ワークシートの一部として次のように機能します。数式を再計算すると、Office Excel 2007 がクラッシュします。この問題が発生するため、最初の引数で、 インデックス 関数は再計算されません。
  • 押した SHIFT キーを保持することにより、自動的に実行中のマクロが Office Excel 2007 ブック内を回避できません。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
    • ブックは、UNC パスまたはネットワーク ドライブです。
    • ファイル開くダイアログ ボックスまたは、最近使用したファイルの一覧からブックを開きます。
    • ブックが含まれています、 Auto_Open モジュール内のプロシージャまたは Workbook_Open sub プロシージャは、ブックのオブジェクト。
  • 図 (Windows メタファイル) 機能または図 (拡張メタファイル)] 機能は Office Excel 2007 に Office Word 2007 の一部のセルを貼り付けるに使用します。このような状況では、元の書式設定がコピー先が保持されます。元の形式は次をとおり
    • グリッド線
    • コメント マーク
    • オート フィルターのボタン
    • テキストの色
    • セルの色
  • 次のシナリオを検討してください。
    • Camera オブジェクトまたは図のリンクを含むブックを Office Excel 2007 があります。
    • ブックにテキスト ボックスを挿入します。
    • テキスト ボックスに文字を入力します。
    このシナリオでは、入力された文字を表示するのに遅延を発生します。

  • Office Excel 2007 では、Office Excel 2003 または以前のバージョンで作成されたブックを開きます。コピーして、ブックからグラフを Office Word 文書に貼り付けると、貼り付けたグラフが正しく表示されます。この問題は、グラフのサイズが小さい場合に発生する可能性が高くなります。

  • 次のシナリオを検討してください。
    • スペースや空白セルが含まれている Office Excel 2007 ワークシートでは、列があります。
    • 列にフィルタ リングを有効にします。
    • 2 つ以上の条件を選択します。条件の 1 つです。 (空白).
    このシナリオでは、スペースを含むセルが期待どおりには表示されません。

  • プログラムで非表示にしたり、Office Excel 2007 ブック内の行を再表示すると、パフォーマンスが低下します。この問題は、2007 Microsoft Office system Service Pack 2 を適用した後に発生します。

  • 同じワークシート内の数式が参照するデータ テーブルを含む、Office Excel 2007 のワークシートがあります。Office Excel 2007 の手動再計算モードの場合、ワークシートを新規のワークシートにコピーされます。新しいワークシートで、データ テーブルに依存する数式の元データが変更されます。F9 または shift キーを押しながら f9 キーを押すと、データ テーブルが期待どおりには計算されません。

  • 間接的いずれかに他の依存している 2 つ以上の数式を含むブックを Office Excel 2007 があります。たとえば、数式が含まれる、 VLOOKUP 機能し、同じで示されている領域に含まれています。 VLOOKUP 関数です。ブックを計算するときに、Office Excel 2007 は応答を停止可能性があります。この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
    • は、 マルチ スレッド計算を行う チェック ボックスは、Office Excel 2007 では選択されていません。
    • は、 Range.Calculate メソッドを使用して、数式で参照されている領域。
  • 次のシナリオを検討してください。
    • .Xlsx ファイルまたは、ドキュメントへの外部リンクを含む、.xlsb ファイルがあります。
    • オフにして、 外部リンクの値を保存します。 チェック ボックスします。
    • ファイルを保存します。
    このシナリオでは、外部ドキュメントの内容が予期せず、ファイルに格納されます。

  • 次のシナリオを検討してください。
    • Office Excel 2007 で、円グラフを含むブックがあります。
    • は、 データ ラベル グラフの機能を設定するには 外部の終わり.
    • グラフのデータ ラベルを編集します。
    • ブックの保存、 Excel 97-2003年ブック (*.xls) 形式と、ブックを閉じます。
    • ブックを再度開きます。
    このシナリオでは、編集、データ ラベル、グラフ内に表示されます。

  • 次のシナリオを検討してください。
    • リンクとして、Office Excel 2007 ブックから Microsoft Office の Word 2007 文書にグラフを貼り付けます。Office Excel 2007 でグラフが画面から外れています。
    • Office Word 2007 でオブジェクトを右クリックし、ポイント リンクされたワークシート オブジェクト、し リンクを開く Excel 2007 では、オブジェクトを表示します。
    • Office Word 2007 でオブジェクトを右クリックしをクリックして リンクを更新します。.
    このシナリオでは、グラフは、Office Word 2007 では表示されません。

  • セキュリティ更新プログラム 978382 を適用した後、Office Excel 2007 ブックを共有できません。

    セキュリティの詳細については、978382 の更新、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    978382Excel 2007 セキュリティ更新プログラムの MS10-017: の説明: 9、2010 年 3 月

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 または 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 のインストールこの修正プログラム パッケージを適用することがあります。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
9495852007 Office スイートの最新の service pack を入手する方法

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを代わりにはなりません。

レジストリ情報

このパッケージに修正プログラムのいずれかを使用するのには、レジストリを変更するはありません。

ファイル情報

この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれます。

この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンこの修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC) は、次の表に示します。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇

情報をダウンロードします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Office kb981046-フルファイル x 86-glb.exe12.0.6535.500025,390,8802010 年 4 月月 09 日まで13: 00x 86


Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Excel の x-none.msp該当なし9,127,4242010 年 4 月月 09 日まで15: 17該当なし
グラフの x-none.msp該当なし1,799,1682010 年 4 月月 09 日まで15: 17該当なし
Xlconv ・ x ・ none.msp該当なし8,486,4002010 年 4 月月 09 日まで15: 17該当なし
Xlview ・ x ・ none.msp該当なし7,335,4242010 年 4 月月 09 日まで15: 17該当なし


Excel の x-none.msp について
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Excel.exe.manifest該当なし7912010 年 4 月月 08 日まで03: 23該当なし
Excel.exe12.0.6535.500018,350,4402010 年 4 月月 09 日まで19: 02x 86
Xlcall32.dll12.0.6500.500010,1202009 の 2 月 26 日13: 09x 86


グラフの x-none.msp について
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Graph.exe12.0.6535.50002,532,2242010 年 4 月月 09 日まで18: 45x 86


Xlconv-x の none.msp 情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Excelcnv.exe12.0.6535.500015,129,4482010 年 4 月月 08 日まで03: 38x 86
Excelcnvpxy.dll12.0.6500.500071,5202009 の 2 月 26 日18: 43x 86


Xlview-x の none.msp 情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Xlview.exe12.0.6535.500013,233,0162010 年 4 月月 07 日まで19: 56x 86

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 981046 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB981046 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:981046
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com