問題が Outlook 2010 または Outlook 2013 の同じプロファイルで複数の Exchange アカウントを追加するときに発生することができます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 981245 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

Microsoft Outlook 2010 と Microsoft Outlook 2013 を同じプロファイルに複数の Microsoft Exchange アカウントを追加できます。追加の Exchange アカウントを追加するには、次の条件のいずれかに該当する場合。
  • 別の Exchange メールボックスにフル アクセスのアクセス許可があります。
  • ないへのフル アクセスのアクセス許可を Exchange メールボックスにします。ただし、別の Exchange メールボックスへのアクセスに資格情報がわかっています。
この資料にはこの機能が予期しない動作が発生ことができます、2 つのシナリオについて説明します。
  1. 同じ Outlook プロファイルで代理人とマネージャーのメールボックス アカウントを追加します。
  2. 、別のメールボックスのアカウントを手動で追加して、Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1) の自動マッピング機能は、同時にそれを追加します。

詳細

このセクションは、同じプロファイルに複数の Exchange アカウントを追加することができる Outlook の機能を使用すると予期しない動作が発生する 2 つのシナリオについて説明します。さらに、解決するまたはこれらの問題を回避するために従う手順について説明します。

シナリオ 1: マネージャーおよび代理人のメールボックスが、同じプロファイルに追加します。

Outlook 2010 および Outlook 2013、自分のプロファイルに代理人のアカウントを追加して、代理人が自分のアカウントをプロファイルに追加されます。ただし、警告メッセージまたはエラーがない、このプロファイルの構成はサポートされていません。たとえば、次のスクリーン ショット、2 つの Exchange アカウントを持つ Outlook 2010 プロファイルを示します。

元に戻す画像を拡大する
2892230


この例では、マネージャーは Marcelo Santos です。代理人が自分の Outlook プロファイルに Marcelo Santos のメールボックス アカウントを追加します。

マネージャーと代理人のメールボックスに同じ Outlook プロファイルにアクセスできる場合は、次の手順を実行します。
  1. 2 番目の Exchange アカウントをプロファイルから削除します。たとえば、代理人場合は、上司のアカウント、プロファイルから削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 上の ファイル] メニューの [情報] をクリックします。
    2. アカウントの設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。
    3. アカウントを削除するを選択し、[削除] をクリックします。
      元に戻す画像を拡大する
      2892231
    4. アカウントを削除することを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
    5. アカウントの設定] ダイアログ ボックスで、[閉じる] をクリックします。
  2. 2 つ目のメールボックスを追加のメールボックスとして追加します。(2 つ目のアカウントは、この点が異なります。)これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ファイル] メニューの [情報] をクリックします。
    2. アカウントの設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。
    3. アカウントを削除するを選択し、[変更] をクリックします。
    4. アカウントの変更] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] をクリックします。
    5. [詳細] タブで、[追加を] をクリックします。
    6. メールボックスの名前を入力し、[ OK] をクリックします。

      この変更を行うと、[ Microsoft Exchange ] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブで、追加のメールボックスが表示されます。

      元に戻す画像を拡大する
      2892232
    7. Microsoft Exchangeの設定] ダイアログ ボックスで [ OKを] をクリックします。
    8. アカウントの変更] ダイアログ ボックスで、次へクリックします。
    9. [完了] をクリックし、[閉じる] をクリックします。
この構成では、アクセス許可を持っている、2 番目のメールボックス内のフォルダーにアクセスできます。 プロフィールを別の Exchange メールボックスを追加する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
291626 Outlook で複数の Exchange メールボックス アカウントを管理する方法
次の手順をマネージャーと代理人のアカウントを追加する場合、同じプロファイルには Outlook を使用して複数の Exchange アカウントの機能、発生する可能性があります 2 つの問題を示しています。この資料をその他の問題を含めるには、将来の更新可能性があり、他の状況でこのような構成が原因で場合があります。

メモ このシナリオでは、管理者アカウントと見なされます。
  1. メールボックスに対しては、Outlook 2010 または Outlook 2013 のプロファイルを使用して、構成、メールボックスの代理人および代理人の設定の既定値を使用します。

    メモ 代理人の設定の既定のデリゲート、マネージャーによって所有されていると、プライベートとしてマークされているアイテムを参照してくださいしないでください。
  2. 予定表に予定を追加し、リボンの [タグ] セクションの [プライベート] オプションをオンします。
  3. Outlook を終了します。
  4. デリゲートのプロファイルを使用して Outlook を起動します。
  5. 上のファイル ] タブで、[情報] タブの[アカウントの追加] をクリックします。
  6. [新しいアカウントの追加] ダイアログ ボックスで、アカウント情報を入力、し、[次へ] をクリックします
  7. クリックして 終了アカウントが正常に追加された後。
  8. Outlook を再起動するように指示するプロンプトに[ok]をクリックします。
  9. Outlook を終了し、代理人のプロファイルを使用して、Outlook を再起動します。
  10. 表示されたら資格情報を入力します。
  11. ナビゲーション ウィンドウで、[予定表] モジュールを選択します。
  12. [個人用の予定表上司の予定表の選択を取り消します。
  13. 共有予定表を開く、リボン上の予定表を開く] をクリックし、します。
  14. 上司のメールボックスの名前を入力し、[ OK] をクリックします。
  15. 上司の予定表で、ステップ 2 で作成した予定をダブルクリックします。

    予定を開くし、代理人はアイテムを表示できます。設定の代理人、代理人は秘密のアイテムを開くできません。
  16. マネージャーの予定表で任意の領域を右クリックし、新しい会議出席依頼] をクリックします。
  17. [差出人] フィールドでアカウントを確認します。

    表示されているアカウントは、管理者のアカウントです。表示されているアカウント代理人は、マネージャーに代わって会議を作成して、代理人のアカウントを必要があります。

シナリオ 2: メールボックスを追加することも追加で Exchange Server 2010 SP1 の自動マッピング

Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1) には、新しい自動マッピング機能に自動的に追加メールボックス Outlook のナビゲーション ウィンドウには、メールボックスへのフル アクセスのアクセス許可がある場合。Outlook は、特定のアクセス許可を使用して、これらの追加のメールボックスを管理します。1 つの Outlook プロファイルに複数の Exchange アカウントとして同じようなメールボックスを以前に構成した場合は、その他のメールボックスを使用してメールを送信すると、予期しない動作を発生可能性があります。これは、Outlook を使用してアクセスされるメールボックス Exchange アカウントの複数の機能を使用して、異なるアクセス許可が Exchange の自動マッピングを追加したそれらのメールボックスから設定するためです。Outlook は、同時に両方のアクセス許可セットを使用しようとします。このプロファイルを構成することはできません。

この問題を回避するのには、次の方法のいずれかを使用します。
共有の Exchange メールボックスの自動マッピングを無効にします。
Exchange Server 2010年のサービス パック 2 (SP2) の拡張、自動マッピング機能を管理者が特定のメールボックスの自動マッピングを無効にすることもできます。特定の Exchange メールボックスの自動マッピング機能を無効にするには、Exchange 管理者は、Exchange 管理シェルを使用する必要があります。Exchange メールボックス用に自動マッピングを無効にする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
自動マップ メールボックスをプロファイルから削除します。
プロフィールからの自動マップのメールボックスを削除するには、[アカウント設定] ダイアログ ボックスに使用します。これらのメールボックスは、自動マッピングを自動的に追加されます、ためにはまた追加の Exchange アカウントとして追加する必要はありません。

他のメールボックスと自動マッピングの使用の制限の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
Outlook 2013 の複数の Exchange アカウントを構成します。
Outlook 2010 用に複数の Exchange アカウントを構成します。

プロパティ

文書番号: 981245 - 最終更新日: 2013年11月30日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2013
  • Microsoft Outlook 2010
キーワード:?
kbexpertiseinter kbsurveynew kbinfo kbmt KB981245 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:981245
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com