Exchange Server 2010 RU1 をインストールしようとしたときに、1603年エラーが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 981474 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Exchange Server 2010 の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールしようとするは、インストールが失敗し、1603年エラー コードが表示されます。 次に、次のプログラムのセットアップ スイッチを使用して、インストール ログを作成します。
Exchange2010 Rollup1KB976573--x 64 en.msp/lvx c:\ logFilePath \ .log の InstallationLogFile
インストール ログ ファイルには、次のようになります。
////////////
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 操作を行って: CA_START_REMOVEDATA_SERVICES
操作の開始 Time: CA_START_REMOVEDATA_SERVICES。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表 CustomAction を変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表 CustomAction を変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: メモ: 1: 2262年 2: CustomAction 3:-2147287038
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: メモ: 1: 2235年 2: 3: ExtendedType 4: ` `、`、NULL の場合、ターゲット ` ` ExtendedType ` ` CustomAction ` WHERE ` アクション ` =' CA_START_REMOVEDATA_SERVICES から' ソース ` SELECT 操作 `、` 型 `
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表 CustomAction を変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表 CustomAction を変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: メモ: 1: 2262年 2: CustomAction 3:-2147287038
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表バイナリを変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表バイナリを変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: メモ: 1: 2262年 2: バイナリ 3:-2147287038
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: MSIHANDLE (99) 型 790542 1652年のスレッドの作成
MSI (秒) (60:A0) [Timestamp]: リモートのカスタム アクションを起動します。DLL: C:\Windows\Installer\MSI2978.tmp、エントリポイント: CAQuietExec
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: 作成 MSIHANDLE (100) の入力スレッドを 790541 4232
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: 作成 MSIHANDLE (101) の入力スレッドを 790531 4232
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: 閉じる MSIHANDLE (101) の入力スレッドを 790531 4232
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: PROPERTY 変更: QtExecCmdLine を削除するプロパティ。現在の値が '"DriveLetter: \Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\\bin\QuietExe.exe""C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe""のコマンド'。DriveLetter: \Program Files\Microsoft\Exchange Server\V14\\bin\ servicecontrol.ps1 'AfterPatch"'。
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: MSIHANDLE (102) を作成する入力スレッドを 790531 4232
CAQuietExec: エラー 0x80070001: コマンドラインがエラーを返しました。
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: 閉じる MSIHANDLE (102) の入力スレッドを 790531 4232
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: 作成 MSIHANDLE (103) の入力スレッドを 790531 4232
CAQuietExec: エラー 0x80070001: エラー CAQuietExec
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: 閉じる MSIHANDLE (103) の入力スレッドを 790531 4232
MSI (秒) (60! 88) [Timestamp]: 閉じる MSIHANDLE (100) の入力スレッドを 790541 4232
CustomAction CA_START_REMOVEDATA_SERVICES 実際のエラー コードは 1603年を返します (メモこの 100% のサンドボックス内部変換が発生した場合は、正確でない場合があります)
MSI (秒) (60:A0) [Timestamp]: MSIHANDLE (99) 型 790542 1652年のスレッドの終了
アクションは終了 6時 21分: 13: CA_START_REMOVEDATA_SERVICES。戻り値 3 です。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表 InstallExecuteSequence を変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: 表 InstallExecuteSequence を変換します。
MSI (秒) (60:74) [Timestamp]: メモ: 1: 2262年 2: InstallExecuteSequence 3:-2147287038
アクションは終了 Time: インストールします。戻り値 3 です。
////////////
また、Exchange Server 2010 の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールしようとするとこの問題が発生することができます。

原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を ExecutionPolicy、次のポリシーのいずれかまたは両方を定義します。
    • MachinePolicy
    • UserPolicy
これは、方法は 2 つのポリシーのいずれかが定義重要ではありません。この問題は、ポリシーが定義されているために発生します。

Exchange 2010 RU1 または Exchange 2010 RU2 インストーラーを実行すると、インストーラーは停止し、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスを無効にします。MachinePolicy または UserPolicy が定義されている場合は、ServiceControl.ps1 という Windows PowerShell スクリプトを実行するのには、WMI サービスを有効にする必要があります。Active Directory ドメイン サービスに (AD DS) に格納されている設定にアクセスするのには、WMI サービスが使用されます。Windows PowerShell のスクリプトまたはコマンドレットかどうかを実行できるアクセス許可を決定する方法です。

回避策

この問題を回避するには、一時的に ExecutionPolicyMachinePolicyUserPolicy の定義を削除する必要があります。

定義済みのポリシーを決定します。

ポリシーの定義を確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    をクリックし、cmd検索プログラムおよびファイル] ボックスに入力します。
  2. [プログラム] ボックスの一覧で、cmd.exe をマウスの右ボタンでクリックし、管理者として実行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    UAC
    管理者のパスワードの確認が表示されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  3. コマンド プロンプトで、コピーまたは次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    mmc
  4. [ファイル] メニューの [スナップインの追加と削除] をクリックします。
  5. コンピューターの管理 スナップインの一覧で選択し、[追加] をクリックします。
  6. ローカル コンピューター] をクリックし、[完了] をクリックします。
  7. [閉じる] をクリックし、[OK] をクリックします。
  8. コンピューターの管理] を展開して、[サービスとアプリケーション を展開し、[サービス] をクリックします。
  9. WMI をマウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  10. [スタートアップの種類 を [自動] をクリックして、[適用] をクリックし、[開始] をクリックします。
  11. Microsoft 管理コンソールを閉じます。
  12. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    ] をクリックして、すべてのプログラム] をポイントし、[アクセサリ] をポイントし、Windows PowerShell には、ポイントし、および、Windows PowerShell] をクリックします。
  13. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    get executionpolicy ? list
  14. MachinePolicy または UserPolicy、どのポリシーが定義されています。ポリシーが定義されていない場合、未定義 として、ポリシーが表示されます。各ポリシー、たとえば、実行ポリシー AllSigned または 制限付き の定義方法に注意してください。

ローカルに定義された実行ポリシー

ローカルに定義された実行ポリシーの場合は、次の手順を実行します。
  1. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    をクリックし、cmd検索プログラムおよびファイル] ボックスに入力します。
  2. [プログラム] ボックスの一覧で、cmd.exe をマウスの右ボタンでクリックし、管理者として実行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    UAC
    管理者のパスワードの確認が表示されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  3. コマンド プロンプトで、コピーまたは次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    mmc
  4. [ファイル] メニューの [スナップインの追加と削除] をクリックします。
  5. [追加] をクリックして、グループ ポリシー オブジェクト エディター スナップインの一覧で選択し、[追加] をクリックします。
  6. ローカル コンピューター] をクリックし、[完了] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
  8. どの実行ポリシーを「ポリシーかどうかを定義する」セクションの手順 3 で説明したように定義によって、MachinePolicy または UserPolicy を適切な手順を実行します。

    の MachinePolicy:
    1. ローカル コンピューター ポリシー]、[コンピューターの構成] を展開、管理用テンプレート] を展開し、Windows コンポーネント] を展開し、Windows PowerShell
    2. [スクリプトの実行を有効にする] をマウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. は、[未構成] を選択し、[OK] をクリックします。
    の UserPolicy:
    1. ローカル コンピューター ポリシー]、[ユーザーの構成] を展開、管理用テンプレート] を展開し、Windows コンポーネント] を展開し、Windows PowerShell
    2. [スクリプトの実行を有効にする] をマウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. は、[未構成] を選択し、[OK] をクリックします。
  9. Microsoft 管理コンソールを閉じます。
  10. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    ] をクリックして、すべてのプログラム] をポイントし、[アクセサリ] をポイントし、Windows PowerShell には、ポイントし、および、Windows PowerShell] をクリックします。
  11. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    exchange_install_folder \bin\ServiceControl.ps1 AfterPatch
    メモこのコマンドでは、更新プログラムのロールアップをインストール、Exchange が置かれている exchange_install_folder プレースホルダーを表します。
  12. Exchange 2010 RU1 または Exchange 2010 の RU2 をインストールします。

AD DS に定義されている実行ポリシー

AD DS の定義は、実行ポリシーをドメイン コントローラーでホスト AD DS 以下の手順を実行します。
  1. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    をクリックし、cmd検索プログラムおよびファイル] ボックスに入力します。
  2. [プログラム] ボックスの一覧で、cmd.exe をマウスの右ボタンでクリックし、管理者として実行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    UAC
    管理者のパスワードの確認が表示されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  3. コマンド プロンプトで、コピーまたは次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    gpresult/z>PolicySettings.txt の
  4. PolicySettings.txt のファイルをメモ帳で開きます。
  5. 次のエントリ] ボックスの一覧で検索してください。
    GPO: サーバーのベースライン v2.0
    キー名: KeyPath \PowerShell\ExecutionPolicy
    値: KeyValues_comma_delimited_list
    状態: 有効
    このエントリが存在するグループ ポリシー階層における場所に注意してください。「PowerShell。」を参照する他のエントリが存在するどうかを判別するのには、この手順を繰り返します
  6. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    コントロール パネル] をクリックして、管理ツール] をダブルクリックし、グループ ポリシーの管理] をダブルクリックします。
  7. Windows PowerShell の実行ポリシーを定義するグループ ポリシー オブジェクトを検索して、このエントリを設定するのには が構成
  8. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    をクリックし、cmd検索プログラムおよびファイル] ボックスに入力します。
  9. [プログラム] ボックスの一覧で、cmd.exe をマウスの右ボタンでクリックし、管理者として実行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    UAC
    管理者のパスワードの確認が表示されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  10. コマンド プロンプトで、コピーまたは次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    gpupdate/force
    このコマンドは、すべてのサーバーとユーザー アカウントのポリシー変更のレプリケーションを強制します。
  11. 更新プログラムのロールアップのインストールが失敗した Exchange 2010 サーバーで、[スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    をクリックし、cmd検索プログラムおよびファイル] ボックスに入力します。
  12. [プログラム] ボックスの一覧で、cmd.exe をマウスの右ボタンでクリックし、管理者として実行] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    UAC
    管理者のパスワードの確認が表示されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  13. コマンド プロンプトで、コピーまたは次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    net start winmgmt
    このコマンド WMI を開始し、手順 15 で表示されている Windows PowerShell スクリプト (ServiceControl.ps1) が正常に実行できるようにします。
  14. [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    start button
    ] をクリックして、すべてのプログラム] をポイントし、[アクセサリ] をポイントし、Windows PowerShell には、ポイントし、および、Windows PowerShell] をクリックします。
  15. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    exchange_install_folder \bin\ServiceControl.ps1 AfterPatch
    メモこのコマンドでは、更新プログラムのロールアップをインストール、Exchange が置かれている exchange_install_folder プレースホルダーを表します。
  16. Exchange 2010 RU1 または Exchange 2010 の RU2 をインストールします。

プロパティ

文書番号: 981474 - 最終更新日: 2010年3月18日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2010 Coexistence
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbinstallation kbmt kbsurveynew KB981474 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:981474
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com