最初の再起動中にドライブスペースのセットアップがハングします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 98178 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

実行するドライブスペースのセットアップと、コンピューターが応答を停止 (ハング)、最初の再起動や、コンピューターがハング中 (アンインストール ディスクや、MS-DOS 6 アップグレード ディスク 1) など、DBLSPACE.BIN ファイルを含むフロッピー ディスクから起動するとき。

この問題が発生すると、システムは、ドライブスペース圧縮処理開始前にハングアップします。 データがこれまで移動ためなしドライブスペース圧縮ボリューム ファイル (CVF) に、データが失われるありません。

原因

このような状況 DBLSPACE.BIN 割り込み 1AH を呼び出すと、コンピューター上の ROM BIOS に失敗しましたに発生します。

この問題は、次のコンピューターで発生します。

  • C-200 M-50 と C-200 M-55 canon モデル
  • CompuAdd 386
  • Microsolutions Compaticard を使用してコンピューター
  • 正のコンピューター
  • 6700、6781、6785、6800、および 6881 モデルを sharp します。
  • いくつか AEG オリンピア 386SX ラップトップ
  • 一部の古い Acer コンピューター
  • スナップインの Intel 386 および掲示板 2. 0 上の Intel
  • テキサス州計器 (TI) TravelMate 2000
  • Zeos 80386、AMI BIOS の日付 89/09/15
注: 上記の一覧は不完全です。

回避策

この問題を回避するには、以下行います。

  1. DBLSPACE.BIN ファイルを含まない MS-DOS システム ディスクからコンピューターを再起動します。
  2. ハード_ディスクのルート ディレクトリに変更し、ハード_ディスクのルート ディレクトリから DBLSPACE.* ファイルを削除します。 たとえば、MS-DOS コマンド プロンプトで、次を入力し、Enter キーを押します。
    deltree/y c:\dblspace.*
  3. AUTOEXEC.BAT ファイルを編集し、ドライブスペース コマンドを削除します。
  4. CONFIG.SYS ファイルを編集し、次の行を削除:
          devicehigh=c:\dos\dblspace.sys /move
    						
  5. ディスク ドライブからフロッピー ディスクを取り出してして、コンピューター再起動します。
  6. か、INT 1 A のシステム BIOS を呼び出すか、MS-DOS 6. 2 にアップグレードしないことができるように、MS-DOS 6 アップグレード DBLSPACE.BIN ファイルを変更するには、次手順を使用します。

    DBLSPACE.BIN を変更する場合は、デバッグを使用して、MS-DOS コマンド プロンプトで、次を入力して、DBLSPACE.BIN ファイル メモリにロードをしして押します。
    c:\dos\dblspace.bin のデバッグ
    それぞれ次のコマンドの入力後で Enter キーを押します:
       Debug               Commands
       Prompts             to Enter    Comments
       -------------------------------------------------------------
    
       -                    e c7ea      Edit C7EA
       nnnn:C7EA CD.        90          Replace INT opcode with NOP
       -                    e c7eb      Edit C7EB
       nnnn:C7EB 1A.        90          Replace 1A INT number w/ NOP
       -                    w           Write the file back to disk
       Writing 0C80E bytes
       -                    q           Quit Debug
    						
    がある場合、MS-DOS 6. 0 のドライブスペースの国際バージョンは、上記のコマンドは動作しません。 たとえば、任意のバージョンの DBLSPACE.BIN ファイルを変更する使用して DBLSPACE.BIN をメモリに読み込むをそれぞれ以下のコマンドの入力後で Enter キーを押しますデバッグ:
       Debug Prompts           Commands to Enter
       -------------------------------------------------------
    
       -                       r cx
       CX aaaa
       :                       <Press the ENTER key>
       -                       s cs:100 L <aaaa value shown above> CD 1A
       bbbb:cccc
       dddd:eeee
       -                       e (eeee value shown above)
       ffff:gggg nn.           90 <press SPACEBAR> 90
       -                       w
       Writing nnnnn bytes
       -                       q
    						
    が MS-DOS 6 アップグレード付属の DBLSPACE.BIN ファイルでこのスクリプトを使用する表示されます、次の:
          H:\>debug dblspace.bin
          -r cx
          CX C80E
          :
          -s cs:100 L c80e cd 1a      18FD:0544
          18FD:C7EA
          -e c7ea
          18FD:C7EA CD.90   1A.90
          -w
          Writing 0C80E bytes
          -q
          H:\>
    						
  7. ドライブスペースのセットアップをもう一度実行します。

詳細

割り込み 1AH への呼び出しが DBLSPACE.BIN の読み込み時 (関数の B0H、Subfunction 01 H)、ROM ベースの MRCI プロバイダーの有無をチェックします。 ROM ベースの MRCI プロバイダーを持たないシステム、ROM BIOS INT 1AH 呼び出しを処理して、関数が成功しなかったことを示すください。 Microsoft がいくつかのシステム BIOS でチップ セットが見つかりました、この関数呼び出しが処理されるときに、スタックが破損します。

デバッグの手順は、INT 1AH 呼び出し DBLSPACE.BIN されなくなります。 システム ROM ベースの MRCI プロバイダーがありませんで、ドライブスペースのパフォーマンスを変更このはされません。 ROM ベースの MRCI プロバイダーのあるシステムでは、デバッグの手順を実行できませんする必要があります。

注: この時点でシステム ベースの MRCI プロバイダーはありません、市場に。

次のコンピューターには MS-DOS 6. 2 [上記問題が発生しません。

  • Acer
  • canon
  • CompuAdd
  • Microsolutions Compaticard
  • オリンピア ラップトップ
  • シャープ
  • スナップインの Intel 386 および掲示板 2. 0 上の Intel
  • TI TravelMate
  • Zeos
MS-DOS 6. 2 と MRCI の ROM ベースのサーバーのチェックが既定無効にいます。 コンピューターが MRCI の ROM ベースのサーバーを有効にするにこのチェック MS-DOS コマンド プロンプトで次の入力します。
dblspace/romserver 1 =
このコマンドの詳細については、 dblspace/romserver のため MS-DOS 6. 2 コマンド プロンプトです。

注意: 有効にしないで、MRCI チェック MS-DOS 6. 2 でない特定の MRCI を使用しているハードウェアである場合。

プロパティ

文書番号: 98178 - 最終更新日: 2014年2月1日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbmt KB98178 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:98178
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com