サポート Office 通信 Server 2007 R2 のメンバー サーバーの役割は Windows Server 2008 R2 のオペレーティング システムで利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 982021 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Office 通信 Server 2007 R2 のサポートをこの資料に記載します。メンバー サーバーの役割で動作する Windows Server 2008 R2 を持つサーバーシステムをインストールします。ただし、次のシナリオは現在サポートされていませんWindows Server 2008 R2 のオペレーティング システムでは。
  • Windows Server 2008 R2 を Office 通信 Server 2007 R2 の既存のインストールのオペレーティング システムをアップグレードすることはサポートされていません。
  • Office 通信サーバー 2007 R2 管理ツールはネイティブの 32 ビットまたはネイティブ 64 ビット モードでのみインストールされます。アプリケーションの互換性問題が Windows Server 2008 R2 で、32 ビット Office 通信 Server 2007 管理ツールを 64 ビットの Windows 2008 R2 オペレーティング システムではサポートされていません R2 をインストールしています。
  • 音声サーバー (2007) デベロッパー版を開発し、音声 Server 2007 の役割の展開では、Windows Server 2008 R2 ではサポートされません。
  • Office 通信 Server 2007 R2 の XMPP ゲートウェイの役割は、Windows Server 2008 R2 ではサポートされていません。
  • Communicator Web Access 2007 の R2 の役割 Windows Server 2008 R2 の上ではサポートされていません

詳細


かかるOffice 通信 Server 2007 R2 サーバーにインストールするのには、次の手順Windows Server 2008 R2 のオペレーティング システムを実行しています。
  1. フレームワークの役割ウィザードを使用して Install.NET 3.5.1サーバー マネージャー。Windows ベースのアプリケーション サーバーを選択してこれを行うことができます。ください完全にロールします。これは、手動の手順です。必要.NET Framework 3.5 SP1 にする前に、Windows Server 2008 R2 のオペレーティング システムOffice 通信サーバー 2007 R2 のみを含むをインストールします。.NET Framework 3.5 インチ。
  2. Add を使用して、デスクトップ エクスペリエンス機能をインストールします。機能ウィザードをサーバー マネージャー。実行時にメディアをフォーマットするために必要です。メディア形式のランタイム パッケージの名前をオペレーティング システムに依存します。Office 通信 Server 2007 R2 のセットアップは、Windows 参照インストールの実行時のサーバー 2008年または Windows Server 2003 メディアのフォーマットします。パッケージです。
  3. KB 975858 用に記載されている修正プログラムをインストールします。Windows Server 2008 R2。
    975858 アプリケーションやサービス認証が失敗関数を呼び出し、ISC_REQ_EXTENDED_ERROR フラグ可能性がありますに TLS と SSL ネゴシエーションの失敗が発生します。Windows Server 2008 R2、または Windows 7 のオペレーティング システムを実行しているコンピューター
  4. Office 通信 Server 2007 R2 サーバーをインストールします。ロール
  5. Office 通信サーバー 2007 R2 の標準版Enterprise Edition、またはエッジ サーバーの役割、KB 974571 をインストールすると、Office 通信 Server 2007 R2 サーバーの役割のアクティブ化は失敗します。するにはこの問題を解決、次の手順を実行します。
    1. OCSASNFix.exe ファイルを適用します。ダウンロードするのにはOcsasnfix.exe ファイルは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      OCSASNFix.exe ファイルをインストールします。
    2. Office 通信 Server 2007 R2 を再実行してください。ライセンス認証
    これは Windows Server 2008 R2 のオペレーティング システムに固有ではないです。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    CryptoAPI 内の脆弱性の詳細を表示します。
  6. Office 通信 Server 2007 R2 の更新プログラムをインストールします。2009 年 10 月 (3.5.6907.56)、日付、またはそれ以降のバージョンをインストールします。するにはOffice 通信 Server 2007 R2 のダウンロードを参照してくださいに次のマイクロソフト Web サイト:
    マイクロソフトの Office 通信 Server 2007 R2 の修正プログラム KB 968802

    詳細については、Office をインストールする方法通信 Server 2007 R2 の更新をクリックして、次の資料番号マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
    968802通信 Server 2007 R2 の更新
  7. Office 通信サーバー 2007 R2 グループ チャット サーバー、Office 通信 Server 2007 R2、グループ チャット管理ツール Office 通信 Server 2007 R2、および (3.5.6907.200)、2010 年 5 月にリリースされたグループ チャット クライアントの更新プログラムをインストールまたはそれ以降のバージョンをインストールします。

    記載されている問題が発生します。 マイクロソフト サポート技術情報の記事 982129 適用されない場合は、前の手順で記載されている更新プログラム。Office 通信 Server 2007 R2 のグループ チャット サーバーは、更新プログラムをダウンロードするのには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。Office 通信サーバー 2007 R2 グループ チャット管理ツールの更新プログラムをダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。Office 通信サーバー 2007 R2 グループ チャット クライアントをダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  8. 既定のセキュリティ設定に Windows Server 2008 R2NTLM SSP 用のオペレーティング システムでは 128 ビットの暗号化が必要です。によっては、クライアント オペレーティング システム ミックス、企業では、これを削減するがある可能性があります。Office を実行している Windows Server 2008 R2 のオペレーティング システムを設定します。通信 Server 2007 R2 でダウン レベル オペレーティング システム。キーを設定します。「不要します。」
    1. すべてのダウン レベル オペレーティング システム Windows XPまたは Windows Vista では既定値」最小限に「ないです
    2. Windows 7 オペレーティング システムでは、既定値は「128 ビット暗号化を必要に」を設定します。

詳細については、「変更の NTLMWindows 2008 R2 および Windows 7 の動作に認証」にのみ適用されます。システムは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
NTLM 認証の変更の詳細を表示します。

NTLM の設定を変更する場合は、次の手順を実行します。
  1. オペレーティング システムは、Windows Server 2008 R2 で、secpol.msc を開始します。サーバーのシステムです。
  2. 選択する] をクリックします。 ローカル ポリシー しクリックしてください。 セキュリティ オプション ノード。
  3. ポリシーの以下の値であることを確認してください。最小「なし値」
    • ネットワーク セキュリティ: の NTLM SSP 最小のセッション セキュリティ(セキュリティで保護された RPC を含む) に基づいてください。
    • ネットワーク セキュリティ: の NTLM SSP 最小のセッション セキュリティベース (セキュア RPC を含むサーバー
詳細については、オペレーティング ・ システムOffice 通信 Server 2007 R2 の現在サポートされているを参照してくださいに次のマイクロソフト Web サイト:
詳細については、内部の Office 通信サーバー コンポーネントの要件

詳細については Office通信 2007 R2 の Windows 2008 R2 のドメインと、フォレスト内の実行をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号:
982020Office Communications Server 2007R2、Office Communications Server 2007 と Live Communications Server 2005 はドメイン コント ローラーを Windows Server 2008 にアップグレードした後正常に動作しません。R2 オペレーティング ・ システム

プロパティ

文書番号: 982021 - 最終更新日: 2012年10月4日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition
キーワード:?
kbexpertiseinter kbinfo kbtshoot kbsurveynew kbmt KB982021 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:982021
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com