IIS を復元し、Active Directory フェデレーション サービス 2. 0 をアンインストールするときに Active Directory を削除する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 982813 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Active Directory フェデレーション Services 2. 0 (AD FS 2. 0) のアンインストール ウィザードをコンピューターから AD FS 2. 0 をアンインストールします。ただし、まだ復元またはクリーンアップの設定は、次のような状況のいずれかで手動でが必要になる場合があります。
  • フェデレーション サーバーまたはフェデレーション サーバー プロキシ コンピューターから AD FS 2. 0 をアンインストールすると、アンインストール ウィザードは IIS を元の状態に復元されません。
  • フェデレーション サーバー ファーム内の最後の追加のフェデレーション サーバーから AD FS 2. 0 をアンインストールすると、アンインストール プロセスを Active Directory 内に作成されたコンテナーを共有する証明書は削除されません。

詳細

次の方法を使用してクリーンアップまたは元の構成を復元することができます。

フェデレーション サーバーまたはフェデレーション サーバー プロキシ コンピューターに IIS を復元します。

フェデレーション サーバーまたはフェデレーション サーバー プロキシの役割用に構成されているコンピューターで AD FS 2. 0 をインストールすると、/adfs と/adfs/ls 仮想ディレクトリでは、IIS で作成されます。AD FS 2. 0 も ADFSAppPool という名前の新しいアプリケーション プールを作成します。フェデレーション サーバーまたはフェデレーション サーバー プロキシ コンピューターから AD FS 2. 0 をアンインストールすると、これらの仮想ディレクトリは削除されません。また、アプリケーション プールは削除されません。AD FS 2. 0 がもう一度、同じコンピューターにインストールされている場合は、この問題が発生する可能性があります。

使用停止のフェデレーション サーバーまたはフェデレーション サーバー プロキシ コンピューターから手動でこれらのディレクトリを削除するのには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] を選択し、[IIS マネージャー] を選択します。
  2. サーバー名のノードを展開して、[サイト] を展開および 既定の Web サイト] をクリックします。
  3. [操作] ペインで、表示アプリケーション を選択します。

    メモAD FS 2. 0 と関連付けられている次の 2 つ仮想ディレクトリが表示されます。
    • /adfs
    • adfs/%1!
  4. 各仮想ディレクトリに存在し、[削除] をクリックして、AD をマウスの右ボタンでクリック FS 2. 0 アプリケーションです。
  5. [操作] ペインで、[アプリケーション プール を選択します。

    メモADFSAppPool という名前のアプリケーション プールが表示されます。
  6. ADFSAppPool、マウスの右ボタンでクリックし、[削除] をクリックします。

    : 次の 2 つの手順を"inetpub"ディレクトリから \adfs ディレクトリを削除する方法を示します。ユーザー設定の変更をこのディレクトリ内のコンテンツに変更した場合は、ディレクトリを削除する前に、このコンテンツを別の場所にバックアップすることをお勧めします。
  7. Windows エクスプローラーで、"inetpub"のディレクトリを参照して指定します。このディレクトリは、通常は、次のパスにあります。
    %systemdrive%\inetpub
  8. Adfs ディレクトリを右クリックし、[削除] をクリックしてください

Active Directory コンテナーを共有する証明書を削除します。

AD FS 2. 0 をインストールする場合は、[フェデレーション サーバーの構成ウィザードを使用して新しいフェデレーション サーバー ファームで新しいフェデレーション サーバーを作成すると、ウィザードで Active Directory コンテナーを共有証明書を作成します。このコンテナーは、ファーム内のすべてのフェデレーション サーバーによって使用されます。最後に追加されたフェデレーション サーバー ファーム内から AD FS 2. 0 をアンインストールすると、このコンテナーは Active Directory からは削除されません。

このコンテナーに Active Directory を手動で削除するには、次の手順を実行します。
  1. 前に AD、ファーム内の最後のフェデレーション サーバーからの証明書を Active Directory コンテナーを共有の場所を確認するのには、AD FS 2. 0 の STS で、次の PowerShell コマンドを実行 FS 2. 0 を削除します。
    • 追加 PsSnapin Microsoft.Adfs.Powershell
    • get AdfsProperties
  2. CertificateSharingContainer プロパティの出力で、前の手順に注意してください。
  3. ADSIEdit ツール (ADSIEdit.msc) がインストールされているサーバーにログオンします。
  4. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、ADSIEdit.msc を入力し、Enter キーを押します。
  5. ADSIEdit ツールでは、既定の名前付けコンテキストに次の手順を接続します。
    1. ADSI Edit] をマウスの右ボタンでクリックし、[接続] をクリックします。
    2. [接続ポイント は、既知の名前付けコンテキストの選択] をクリックし、既定の名前付けコンテキスト を選択します。
    3. [OK] をクリックします。
  6. 次のノードを展開します。
    既定の名前付けコンテキスト、{your domain partition}、CN Program Data、CN = マイクロソフトは、CN = ADFS =


    メモCN = ADFS、という名前のコンテナーを参照してください CN = {GUID} 各 AD FS 2. 0 をファームには、{GUID} に手順 1 で、Get AdfsProperties PowerShell コマンドを使用してキャプチャする CertificateSharingContainer プロパティと一致する、展開しました。
  7. 適切な {GUID} コンテナーを右クリックし、[削除] を選択します。

プロパティ

文書番号: 982813 - 最終更新日: 2010年5月5日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Foundation
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Datacenter
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbuninstall kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB982813 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:982813
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com