Office 2010 で Microsoft APP-V のシーケンスを設定するには、規範的なガイダンス

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 983462
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

このドキュメントに正常に Microsoft Office 2010 を使用マイクロソフト アプリケーションの仮想化 (App-V) で使用できる 1 つの方法について説明します。この資料に記載されている方法で使用できる唯一の方法ではありません。記事を特定の環境に応じて情報を変更する必要があります。

はじめに

Microsoft Office 2010 ボリューム エディションの Windows Vista と Windows 7 のライセンス認証に使用される同じライセンス認証テクノロジは、基本的には、Office ソフトウェア保護プラットフォーム (SPP) サービスを使用します。このサービスは、Microsoft Office 2010 の展開キットでに APP-V の含まれています。Office 2010 をシーケンスする前に、このサービスをインストール、順序がサーバー上で構成する必要があります。Office 2010 にストリーム配信する、クライアント コンピューターにもインストールする必要があります。

前提条件

次に、にはインストールして、Microsoft Office 2010 の使用の Microsoft アプリケーション-v のシーケンスを設定するための必要条件が含まれています。
  • マイクロソフト アプリケーションの仮想化バージョン 4.6 または 4.5 SP2:
    APP-V 4.5 SP2 を展開する場合、インストールすることもする必要がありますには、Microsoft Visual c + + 2008 SP1 パッケージ (ドキュメントですか。FamilyID = の A5C84275 ・ 3B97 ・ 4AB7 ・ A40D ・ 3802B2AF5FC2 & displaylang = en).
  • Microsoft Office 2010 のボリューム SKU (32 ビットまたは 64 ビット):プロキシは、Microsoft Office 2010 の 64 ビット バージョンではサポートされていません。ただし、シーケンスおよび 32 ビットの Office 2010 の 64 ビット コンピューターで 32 ビットのプロキシの展開がサポートされています。
  • Microsoft Office 2010 の展開キットの App-v:『 導入ガイド 』 には、サービスとの統合機能を有効にするには、省略可能なプロキシ ライセンスが必要な Office 2010 が含まれています。
Microsoft Office 2010 で APP-V のシーケンスを使用することができます手順を次に示します。

詳細

Microsoft Office 2010 をシーケンスします。

シーケンスが、これらの方法を記載順に実行します。

シーケンスのサーバーを準備します。

  1. サーバーに提供するためのガイドラインに従ってシーケンスの準備をアプリケーション仮想化シーケンサーのベスト プラクティスドキュメントです。シーケンス ドキュメントのガイドラインに従わない場合機能でエラーが発生することができます。
  2. APP-V 4.6 では、値を追加します。vsl複数行文字列値には、次のレジストリ キー。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\Sequencer\SxSAppExtensions
    シーケンサー 64 ビット システムでは、このレジストリ キーです。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\Sequencer\SxSAppExtensions
  3. この計画のためのベスト プラクティスに関するドキュメントに従って、次の設定をお勧めします。

    あることを確認します。Windows の検索 4.0インストール、設定、Windows サーチサービスマニュアルまたは自動.

    既定では、Windows 7 で Windows サーチがインストールします。有効にします。Windows の機能追加またはプログラムを削除します。.
  4. XPS ビューアーをインストールすると、ダウンロードはMicrosoft XML 用紙仕様基礎パック.

    既定では、XPS ビューアーが Windows Vista と Windows 7 がインストールされます。
  5. Windows Update サービスを設定するには無効になっている.
  6. まだ行っていない場合は、APP-V のシーケンサーをインストールします。
  7. 『 導入ガイド 』 をダウンロードし、.exe ファイルを抽出します。
  8. .Exe ファイルを抽出した後、OffVirt.msi ファイルがあります。

『 導入ガイド 』 をインストールします。

  1. 管理者権限を持つコマンド プロンプトを開きます。
  2. Offvirt.msi が含まれているディレクトリに移動します。
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    msiexec/i OffVirt.msi[機能フラグ]ライセンスのフラグ
機能のフラグ:
シーケンス ステーション オペレーティング システムに一致するアーキテクチャの機能のフラグを使用します。
32 ビット バージョン。ADDLOCAL = の Click2runMapi、Click2runOWSSupp、Click2runWDS、OSpp、OSpp_Core
64-ビット。ADDLOCAL = の Click2runMapi、Click2runOWSSupp、Click2runWDS、OSpp、OSpp_Core、OSppWoW64
『 導入ガイド 』 を正しく構成するには、次の一覧で、適切なライセンスのフラグを入力してください。それ以外の場合、機能が正しくない可能性があります。

フラグをライセンスします。詳細についてはOffice 2010 のボリューム ライセンス認証アクティブ化し、フラグを使用するライセンスを確認するには。
KMS ライセンス認証します。
これらのフラグを 1 に設定、KMS クライアント キーの指定された製品をインストールします。
Office 2010 スイートのプロパティ。
元に戻す全体を表示する
フラグライセンスを有効にします。
PROPLUS0 または 1オフィス プラス プロ
SMALLBUSBASICS0 または 1小規模ビジネスの基礎
標準0 または 1標準
スタンドアロンの Office 2010 アプリケーションのプロパティ:
元に戻す全体を表示する
フラグ:ライセンスを有効にします。
アクセス0 または 1アクセス
EXCEL0 または 1Excel
GROOVE0 または 1SharePoint ワークスペース
INFOPATH0 または 1InfoPath
ONENOTE0 または 1OneNote
OUTLOOK0 または 1Outlook
POWERPOINT0 または 1PowerPoint
PROJECTPRO0 または 1Project Professional
PROJECTSTD0 または 1プロジェクトの標準
発行者0 または 1発行者
SPD0 または 1SharePointDesigner
VISIOPREM0 または 1Visio のプレミアム
VISIOPRO0 または 1Visio Professional
VISIOSTD0 または 1標準
単語0 または 1単語
KMS ホストの構成のプロパティ:
元に戻す全体を表示する
フラグ:説明:
KMSSERVICENAME[ホスト]KMS ホストの名前を入力します (DNS およびポートの KMS ホストが登録されているかどうかは必須ではありません 1688年 = します)。
KMSSERVICEPORT[ポート]KMS ホストが DNS およびポートに登録されている必要はありません 1688年 =。
例 1:KMS ライセンス認証は、KMS ホストで既定の設定を 32 ビット シーケンス ステーション:
msiexec/i OffVirt.msi[featureflags]PROPLUS 1 VISIOPREM = =
例 2:KMS ライセンス認証は、KMS がユーザー定義型は 64 ビット シーケンス ステーションの設定をホストします。
msiexec/i OffVirt.msi[featureflags]PROPLUS 1 PROJECTPRO = 1 KMSSERVICENAME="kms.contoso.com ="KMSSERVICEPORT 1689 =
MAK ライセンス認証します。
オプション 1:
VAMT 2.0 の (推奨) を使用して Office 2010 をストリーミングするクライアント コンピューターのプロダクト キーをインストールします。

オプション 2:
元に戻す全体を表示する
フラグ:
PIDKEYS
セミコロンで区切った複数のプロダクト キーをいます。たとえば。
PIDKEYS =X-X の X の X-X;Y ・ Y ・ Y ・前年;
XXXXX が XXXXX の XXXXX-XXXXX-XXXXXX
USEROPERATIONS0 または 1
重要なUSEROPERATIONS を設定する必要があります = 1 をするには、ユーザーのクライアント コンピューター上のライセンスを認証することができます。

MAK ライセンス認証 APP-V のシーケンサー 64 ビット サーバー上でのコマンドの例を次に示します。
msiexec/i OffVirt.msi [featureflagsPIDKEYS =XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX;YYYYY-YYYYY-YYYYY-YYYYY-YYYYYUSEROPERATIONS = 1
  • アクティブ化 (KMS または MAK) 混合: から KMS ライセンス認証を使用する一部のクライアント コンピューターが、他のクライアント コンピューターを MAK を使用する必要があります。
  • KMS のフラグを使用して、KMS クライアント キーをインストールします。
  • VAMT 2.0 を使用して、展開後に MAK キーをインストールします。
puthere
元に戻す全体を表示する
タスク詳細な手順
『 導入ガイド 』 をインストールします。
Microsoft Office 2010 をシーケンスします。
  1. シーケンサーを開始します。
  2. をクリックしてパッケージを作成します。.
  3. パッケージの名前を作成します。
  4. インストール フォルダーには、新しいディレクトリに、8.3 形式 (たとえば、Q:\Temp123.wxp) をインストールします。をクリックして[OK].
  5. をクリックして監視を開始します。.
  6. Office 2010 のセットアップ プログラムを起動します。
  7. で、必要なインストールを選択します。画面をクリックしてカスタマイズ.で、Office のインストールプロシージャを選択することを確認します。ハード ドライブにインストールします。その機能をインストールするには。
  8. クリックして、ファイルの場所タブし、(たとえば、Q:\Temp123.wxp) の監視を開始するときにインストールするには、選択したディレクトリに一致するようにパスを変更します。
  9. をクリックして今すぐインストールします。.
(省略可)
監視中に仮想アプリケーションを起動します。

最初のスタートの使用設定ユーザー設定のカスタマイズなど、ここが構成されます。
仮想アプリケーションの実際のパスを参照する必要があります。
  1. をクリックして開始、し、実行.
  2. 起動する実行可能ファイルの仮想ファイルを参照します。
    たとえば、Word を起動するには、次のように入力します。Q:\Temp123.wxp\Office14\WINWORD。EXEをクリックし、ENTER キーを押します。
  3. をクリックして監視を停止します。.
  4. をクリックして次へ監視を終了します。
(省略可)
その他のプロキシを構成します。
プロキシは、高速検索では、Outlook の検索、その他の機能 (開く、ドキュメントを編集するなど) を SharePoint と統合できます。
追加のプロキシを構成する」を参照してください。

重要な省略可能な「の監視中に仮想アプリケーションを起動」の手順を実行する場合は、次の手順に移動します。
プライマリ機能ブロックを作成するには、アプリケーションを起動します。OneNote、Outlook、および SharePoint が保持されますより、カスタマイズ設定により開始することはお勧めしません。
  1. アプリケーションページで、をクリックしてください次へ.
  2. 選択し、[プライマリ機能ブロックは、アプリケーションごとに生成するには、優先のアプリケーションを起動します。
  3. をクリックして次へ.
  4. シーケンスが完了したらをクリックします。終了日.
パッケージを保存します。
  1. [メニュー] ツールバーでパッケージをクリックしてして保存します。.

その他のプロキシを構成します。

元に戻す全体を表示する
タスク詳細な手順
シーケンスでサーバーには、記載されている順に以下の手順を実行します。
SharePoint プロキシ レジストリ設定を構成します。重要なこれらを監視中に、次の手順を実行する必要がありますキーを正しく永続化が削除済みの状態は、仮想レジストリにします。
  1. シーケンサーが監視されているかどうかを確認します。監視しない場合は、次の手順に従います。
    1. をクリックして戻る前の手順に戻ります。
    2. もう一度をクリックします。監視を開始します。.
  2. 次の仮想レジストリ キーを作成し、シーケンサー、新たに追加されたキーの削除を監視するように、それらを削除します。

    キーは、32 ビット オペレーティング システムでのシーケンスを設定する場合には次のとおりです。
    • HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\ 9203C2CB-1DC1-482d-967E-597AFF270F0D} \TreatAs
    • HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\ {BDEADEF5-C265-11 D 0-BCED-00A0C90AB50F} \TreatAs
    キーは、64 ビット オペレーティング システムでのシーケンスを設定する場合には次のとおりです。
    • HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\CLSID\ 9203C2CB-1DC1-482d-967E-597AFF270F0D} \TreatAs
    • HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\CLSID\ {BDEADEF5-C265-11 D 0-BCED-00A0C90AB50F} \TreatAs
新しいプロキシのアプリケーション プロキシのサポートを追加します。
  1. で、アプリケーションを構成します。ページで、、アプリケーション ルートディレクトリです。
  2. をクリックして追加、し、次のアプリケーションを追加します。
    メモパスをすばやく検索するをクリックします。参照コピーおよびアプリケーションへのパスを貼り付けます、ファイル名フィールド
アプリケーション (OSD) ファイルを追加するには:
  • クイック検索 (Search ホストを仮想)
    アプリケーションのパス:%commonprogramfiles%\microsoft shared\virtualization handler\VirtualSearchHost.exe
    名前: は、名前を指定します。既定の名前を「検索 MAPI プロトコル ハンドラー ホスト」です。
  • SharePoint の仮想プロキシ
    アプリケーションのパス:%commonprogramfiles%\microsoft shared\virtualization handler\VirtualOWSSuppManager.exe
    名前: は、名前を指定します。既定の名前が「Microsoft SharePoint サポート クライアントマネージャー。」です。
  • 簡易 MAPI
    アプリケーションのパス:%commonprogramfiles%\microsoft shared\virtualization handler\MapiServer.exe
    名前: は、名前を指定します。既定の名前を「Microsoft 仮想 Office シンプル Mapi プロキシサーバー」です。
  • 仮想メール コントロール パネルのアイテム
    アプリケーションのパス:%windir%\system32\control.exe%sft_mnt%\短いパス\Office14\mlcfg32.cpl
    名前: は、名前を指定します。既定の名前は「Windows コントロール パネル」です。

    メモパラメーターを追加するには%SFT_MNT%\短いパス\Office14\mlcfg32.cplアプリケーションのパス、Control.exe のアプリケーション パスを探して選択[OK].その後、内のパラメーターを追加、アプリケーションのパスフィールドです。

    短いパスは、Office 2010 をインストールして、8.3 形式のディレクトリです。たとえば、Q:\Temp123.wxp に Office 2010 をインストールした場合、shortpath Temp123.wxp 場合があります。
  • Office ドキュメントのキャッシュ
    アプリケーションのパス:Q:\短いパス\Office14\MSOSync.exe
    名前: は、名前を指定します。既定の名前が「Microsoft Office ドキュメントのキャッシュ」です。
Office ドキュメントのキャッシュが自動的に起動するアプリケーションを設定します。
  1. 展開し、Office ドキュメントのキャッシュ要素、アプリケーションツリー。
  2. 選択ショートカット.
  3. ショートカットの場所を編集します。[スタート メニュー \ プログラム \.
すべてアプリケーションの OSD ファイルのバージョンはプロキシ OSD のバージョンとの同期します。
  1. Office のインストール ファイルを右クリックし、Setup.exeを選択し、プロパティ.
  2. クリックして、バージョンタブします。
  3. そのバージョンに一致するすべての OSD ファイルのバージョンを変更します。

    たとえば。
    Setup.exe のバージョンが 14.0.4763.1000 の場合は、すべてのプロキシ アプリケーションの OSDs とオフィスのすべての OSDs のバージョン番号を 14.0.4763.1000 に設定されているかどうかを確認します。
  4. をクリックして次へ.
プライマリ機能ブロックを作成するには、アプリケーションを起動します。メモOneNote、Outlook、SharePoint が保持されますより、カスタマイズ設定により開始することはお勧めしません。
  1. で、アプリケーションを起動します。ページを選択しすべてのアプリケーションに必要な開始プライマリ機能ブロックは、アプリケーションごとに生成します。
  2. をクリックして次へ.
  3. シーケンスが完了したらをクリックします。終了日.
Office 2010 のレジストリ設定を構成します。次の仮想レジストリ キーの設定をいることを確認します。ローカルをマージします。.キーは、32 ビット オペレーティング システムでのシーケンスを設定する場合は、とおりです。
  • MACHINE\Software\Microsoft\Office\14.0
キーは、64 ビット オペレーティング システムでのシーケンスを設定する場合は、とおりです。
  • MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Office\14.0
  1. キーを選択してください] を右クリックします。キー、ことを確認、ローカル キーとのマージします。チェック ボックスが選択されています。

    重要なOffice 2010 を展開する場合 (2007 Office および Office 2010 共存) の Office 2007 が既にコンピューターにインストールされている、次の手順を実行します。それ以外の場合、手順の残りの部分をスキップして続行します。また、上で Microsoft Outlook の共存を参照してください"既知の問題."
  2. 監視中に、次のレジストリ サブキーを作成します。
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows Subsystem\Profiles のメッセージング
    また、64 ビット バージョンの Windows でのシーケンスを設定する場合は、次のサブキーを作成します。
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\WOW6432Node\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows Subsystem\Profiles のメッセージング
    APP-V 4.6 は、サブキーの設定をするにしてください。ローカル キーを上書き.

    App-v の 4.5。
    1. 親キーを設定します。
      メッセージング サブシステムの…\CurrentVersion\Windows
      するにはローカル キーとのマージします。.
    2. サブキーを設定します。
      …\CurrentVersion\Windows Subsystem\Profiles のメッセージング
      するにはローカル キーとのマージします。.
    重要な仮想レジストリで削除された状態で保持するキーを監視中に、次の手順を実行する必要があります。
  3. 下にツールメニューをクリックしますシーケンス ウィザード.
  4. をクリックして次へ.
  5. をクリックして監視を開始します。.
  6. 次の仮想レジストリ サブキーを作成し、シーケンサー、新たに追加されたキーの削除を監視するように削除します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Outlook\Addins\Microsoft.OMSAddin
  7. をクリックして監視を停止します。クリックして続行次へ終了日シーケンサーの詳細プロパティ] ページに戻ります。
ローカル環境と対話する仮想アプリケーションを構成します。メモ現在存在しない場合は、いくつかの XML ノードを追加する必要があります。

それぞれの OSD を追加します。TRUE を指定する次のように要素タグのフィールド:
SOFTPKG->-> VIRTUALENV-> LOCAL_INTERACTION_ALLOWED-> ポリシーに実装します。

Office 2010 を実行するには、クライアント コンピューターを構成します。

元に戻す全体を表示する
タスク詳細な手順
クライアント コンピューターでは、記載されている順に以下の手順を実行します。
クライアント コンピューターを準備します。まだ行っていない場合は、APP-V クライアントをインストールします。
『 導入ガイド 』 をダウンロードし、実行可能ファイル (*.exe) を抽出します。実行可能ファイルを抽出した後、OffVirt.msi という名前のファイルが必要です。
Microsoft Office 2010 の展開キットをインストールします。
  1. 管理者権限を持つコマンド プロンプトを開きます。
  2. Offvirt.msi が含まれているディレクトリに移動します。
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。
    msiexec/i OffVirt.msiライセンスのフラグ
    『 導入ガイド 』 を正しく構成するには、次の一覧で、適切なライセンスのフラグを入力してください。それ以外の場合、機能が正しくない可能性があります。
フラグをライセンスします。詳細についてはOffice 2010 のボリューム ライセンス認証アクティブ化し、フラグを使用するライセンスを確認するには。
  • KMS ライセンス認証: これらのフラグを 1 に設定、KMS クライアント キーの指定された製品をインストールします。
    Office 2010 スイートのプロパティ。
    元に戻す全体を表示する
    フラグライセンスを有効にします。
    PROPLUS0 または 1オフィス プラス プロ
    SMALLBUSBASICS0 または 1小規模ビジネスの基礎
    標準0 または 1標準
    スタンドアロンの Office 2010 アプリケーションのプロパティ。
    元に戻す全体を表示する
    フラグ:ライセンスを有効にします。
    アクセス0 または 1アクセス
    EXCEL0 または 1Excel
    GROOVE0 または 1SharePoint ワークスペース
    INFOPATH0 または 1InfoPath
    ONENOTE0 または 1OneNote
    OUTLOOK0 または 1Outlook
    POWERPOINT0 または 1PowerPoint
    PROJECTPRO0 または 1Project Professional
    PROJECTSTD0 または 1プロジェクトの標準
    発行者0 または 1発行者
    SPD0 または 1SharePointDesigner
    VISIOPREM0 または 1Visio のプレミアム
    VISIOPRO0 または 1Visio Professional
    VISIOSTD0 または 1標準
    単語0 または 1単語
  • MAK ライセンス認証します。
    オプション 1: 使用VAMT 2.0(ストリーミングの Office 2010 クライアント コンピューターのプロダクト キーをインストールする推奨)。
    オプション 2:
    元に戻す全体を表示する
    フラグ:
    PIDKEYS
    セミコロンで区切られた複数のプロダクト キーをいます。

    たとえば。
    PIDKEYS =X-X の X の X-X;Y ・ Y ・ Y ・前年;
    XXXXX が XXXXX の XXXXX-XXXXX-XXXXXX
    USEROPERATIONS0 または 1
    重要なUSEROPERATIONS を設定する必要があります = 1 をするには、ユーザーのクライアント コンピューター上のライセンスを認証することができます。

    MAK ライセンス認証 APP-V のシーケンサー 64 ビット サーバー上でのコマンドの例を次に示します。
    msiexec/i OffVirt.msi PIDKEYS =XXXXX XXXXX XXXXX XXXXX;YYYYY-YYYYY-YYYYY-YYYYY-YYYYYUSEROPERATIONS = 1
  • アクティブ化 (KMS または MAK) 混合: から KMS ライセンス認証を使用する一部のクライアント コンピューターが、他のクライアント コンピューターを MAK を使用する必要があります。
  • KMS のフラグを使用して、KMS クライアント キーをインストールします。
  • VAMT 2.0 を使用して、展開後に MAK キーをインストールします。
重要なシーケンサーのステップでプロキシを構成すると、次の手順を実行します。
(省略可)
クライアント上のプロキシを有効にします。
有効にするには、仮想プロキシ パッケージは管理者としてコマンド プロンプトを開きます。次のコマンドを実行します。
msiexec/i OffVirt.msi\OffVirt.msi の ADDDEFAULT へのパス、Click2runOneNoteProxy、Click2runOutlookProxies、Click2runWDSProxy、Click2runOWSSuppProxies PACKAGEGUID を = = {SFT パッケージ GUID} PACKAGEVERSION =バージョンのプロキシ、Outlook および OneNote 内の OSD ファイルを参照OUTLOOKNAME =OSD から outlook のアプリケーション名ONENOTENAME =アプリケーション名は OSD から OneNoteMAPISERVER =MAPI プロキシ アプリケーション名VIRTUALSEARCHHOST =プロキシ アプリケーション名の検索MLCFG32CPL =アプリケーション設定の名前を仮想メールOWSSUPPServer =SharePoint のプロキシのアプリケーション名


たとえば。
msiexec/i c:\OffVirt.msi ADDDEFAULT = Click2runOneNoteProxy、Click2runOutlookProxies、Click2runWDSProxy、Click2runOWSSuppProxies PACKAGEGUID 5971AF75-7831 ・ 4AE9 ・ 906F-0F30C7DD0CA5} PACKAGEVERSION = 14.0.4763.1000 OUTLOOKNAME ="Microsoft Outlook 2010"= ONENOTENAME"Microsoft OneNote 2010"= MAPISERVER"Microsoft 仮想オフィス シンプル Mapi Proxy Server"VIRTUALSEARCHHOST =「検索 MAPI プロトコル ハンドラー ホスト」MLCFG32CPL = Windows のコントロール パネルの OWSSUPPServer =「Microsoft SharePoint サポート クライアントマネージャー」=

Office 2010 のシーケンスを設定すると、既知の問題

できません開始 x 64 の Visio 2010 の監視フェーズ順序は x64 で Vista のコンピューター


これは、既知の問題です。この問題を解決するには、[監視] を再起動します。これを行うをクリックします。監視を停止します。、し、監視を開始します。.

APP-V 4.5 SP2: シーケンスの Office 2010 の保存パッケージは、「共有違反が発生しました」というメッセージが失敗します。

APP-V のシーケンサーに除外項目を追加する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. APP-V 4.5 SP2 のシーケンサーを開きます。
  2. で、ツールメニューをクリックしますオプション.
  3. クリックして、項目の除外タブします。
  4. 新しい除外項目を次のパスを追加します。
    %CSIDL_COMMON_APPDATA%\Microsoft\Search

既知の問題」および「Office 2010 仮想化を使用する場合の制限事項

既知の問題」および「Office 2010 の App-v で仮想化を使用する場合の制限事項の一覧は、次資料、マイクロソフト サポート技術に記載されていますいます。

http://support.microsoft.com/kb/2481474


プロパティ

文書番号: 983462 - 最終更新日: 2011年2月24日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseadvanced kbinstallation kbmt kbsurveynew KB983462 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:983462
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com