情報: 消失から、コンソール ウィンドウを防止します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 99115 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

または 開始 <progname> を入力して、ファイル マネージャーを行うには、プログラム マネージャーで、Windows NT エクスプローラーからのコンソール アプリケーションが開始時 独自のコンソールで、コマンド プロンプトから実行します。 このコンソールは、アプリケーションが終了し、ため、ユーザー読み取れません最後の一時停止とプログラムの終了の間、画面に書き込まれるものと、すぐに消えます。 2 つのアプローチをコンソール ウィンドウの消失を防ぐがあります。

詳細

プロセスが別のコンソールで実行されている場合、方法 1: 一時停止します。

最初の方法は、されない、別のコンソール ウィンドウで実行されているときにすぐを終了するコンソール アプリケーションを実装できます。 プロンプトから起動したときに、コンソール ウィンドウに情報を表示した後は常に一時停止するアプリケーションが行うことはおそらくはありません。 ただし、直接アプリケーションを CMD.EXE と、コンソールを共有するかどうかを決定する API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) はありません。 このメソッドのコンソール、カーソルの現在位置にしと (0, 0) は、[プログラム想定を別のコンソール ウィンドウで実行されているです。

サンプル コード

   #include <windows.h>
   #include <stdio.h>
   #include <conio.h>

   CONSOLE_SCREEN_BUFFER_INFO csbi;
   HANDLE hStdOutput;
   BOOL bUsePause;

   void main(void)
   {
      hStdOutput = GetStdHandle(STD_OUTPUT_HANDLE);
      if (!GetConsoleScreenBufferInfo(hStdOutput, &csbi))
      {
         printf("GetConsoleScreenBufferInfo failed: %d\n", GetLastError());
         return;
      }

      // if cursor position is (0,0) then use pause
      bUsePause = ((!csbi.dwCursorPosition.X) &&
                   (!csbi.dwCursorPosition.Y));

      printf("Interesting information to read.\n");
      printf("More interesting information to read.\n");

      // only pause if running in separate console window.
      if (bUsePause)
      {
         int ch;
         printf("\n\tPress any key to exit...\n");
         ch = getch();
      }
   }
				
注: このメソッドは機能しません、ユーザーは、オフ スクリーン (CLS) を組み合わせたものし、は、カーソル位置ため (たとえばは、[C:\] CLS「<progname>)、1 つのステップにアプリケーションの実行は (0, 0)、アプリケーションが属する CMD.EXE コンソールを使用してもいます。

方法 2: cmd.exe と、コンソールを起動する/K

このメソッドは別のウィンドウで、コンソール アプリケーションを起動して、ウィンドウ、アプリケーションが終了した後に残るを強制することです。 アプリケーションしたも利用できます次のコマンドラインは、WinExec()、CreateProcess()、バッチ ファイルで。
cmd/K consoleapp.exe
consoleapp.exe が終了すると後、/K スイッチにより、コンソール ウィンドウを画面上に残ります。 アプリケーション ユーザーできます 終了 コマンド コンソール ウィンドウを閉じるを入力してします。

プロパティ

文書番号: 99115 - 最終更新日: 2006年11月21日 - リビジョン: 4.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Win32 Application Programming Interface?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows NT Advanced Server 3.1
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • Microsoft Windows NT 3.51 Service Pack 5
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • the operating system: Microsoft Windows 2000
    • the operating system: Microsoft Windows XP
キーワード:?
kbinfo kbconsole kbprogramming kbkernbase kbmt KB99115 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:99115
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com