(ページファイル。 ページング ファイルの最適化SYS)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 99768
Windows NT ページファイルと呼ばれる、仮想メモリのページング ファイルを使用します。SYS。このファイルが Windows NT のセットアップ中に作成され、常にであります。ルート ディレクトリです。関係なくどのようなシステムの構成は、Windows NT で作成し、ページング ファイルを使用します。

ページング ファイルは、必ずしも 1 つのファイルではありません。グループを指定できます。さまざまな場所では、ハード_ディスクおよびパーティション間に保存されたファイル。ファイルは、まとめて「としてページング ファイル」と呼ばれます時すべてのファイルの合計のページング ファイルのサイズの考え方ページング ファイル構成注意する必要があります値のみです。注意してください。

ページングを最適化するときは、次の 2 つのガイドラインを満たす必要があります。ファイル:

  1. 一般的には、ページング ファイルのサイズと同じに設定する必要があります。システムには、RAM に 12 MB を加えたサイズします。最小サイズはありません。22 MB は、オペレーティング システムが必要。場合はシステムのメモリのプラス12 MB 22 MB 未満、ページング ファイルのサイズを増やす少なくとも 22 MB は、システムの RAM とページング ファイルまでです。メモ: 22 MB はだけでどのようなオペレーティング システムが必要です。適切なアプリケーションのパフォーマンスを 40 MB の合計のです。お勧めします。

    これらのサイズは Windows NT に"のバックアップが必要なために適しています記憶域"は、RAM に保持されます。Windows NT が必要な場合RAM に多くの領域をコードとデータを交換する必要があります。ページング ファイル、または、元の実行可能ファイル。場合 WindowsNT には、エラーが発生するメモリ不足を実行できません。

    ページング ファイル システム メモリ + 12 MB をも設定した場合メモリ不足の警告が表示、ページングの量を増やしてみてください。ファイルです。多くのディスク領域が必要なメモリを得ることができない場合警告またはメモリに関連する問題は、ことをお勧めを下げるにはページング ファイルのサイズです。

    また、運用をサポートするために十分な余剰の RAM がある場合システムおよびアプリケーションのメモリ要件を必要なページング ファイルが軽減されます。たとえば、64 MB の RAM がある場合は、安全に、ページング ファイルは、非常に小さな削減できる場合があります。サイズです。
  2. 複数のハード_ディスクがある場合、ページング ファイルを分割をされて、おくと、アクセスを速くします。場合は、2 つがあります。ハード ディスクは、ページング ファイルを分割する、両方のハード ディスクすることができます。情報へのアクセスを同時に、大幅な増加をスループット。ただし、2 つのハード_ディスクと 1 つのハード_ディスクがある場合高速で、もう一方よりも、それを格納した方が効率的な可能性があります、ページング ファイルを高速なハード_ディスクだけにします。いくつかの実験を可能性があります。到着する最適なシステムを構成する必要があります。

    注: で、ページング ファイルを分割するポイントがないです。複数のパーティションに、ハード ディスクの機能が増加しません。ディスク ページング ファイルにアクセスします。しかしこれはよい考えをことがあります、論理ドライブ全体のページングの十分な大きさでない場合ファイルです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

プロパティ

文書番号: 99768 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbother kbmt KB99768 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:99768
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com