情報: FILE_FLAG_WRITE_THROUGH と FILE_FLAG_NO_BUFFERING

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 99794
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

CreateFile() に FILE_FLAG_WRITE_THROUGH フラグをに対するすべての書き込みが発生します。バッファリングされることがなく、ファイルに直接書き込むを処理します。は、データがキャッシュされます (ディスク キャッシュに格納) です。ただし、まだ書き込まれますファイルに直接。このメソッドはそのデータの読み取り操作をできます。むしろそのもがある場合) のキャッシュされたデータの読み取り要求を満たすしなくてもデータを取得するのには、ファイルを参照してください。書き込み呼び出しをしません。データがファイルに書き込まれるまでに戻ります。これはリモート書き込みに適用されます。: ネットワーク リダイレクターに FILE_FLAG_WRITE_THROUGH フラグを渡すサーバー サーバーまで、書き込み要求を満たしていないを認識できるようにデータがファイルに書き込まれます。

さらは、FILE_FLAG_NO_BUFFERING この概念に進めて、すべて先読みファイルのバッファリングと同様に、ディスクのキャッシュを消去するようにすべての読み取り、ファイル、および任意のシステムからではなくに保証されていますバッファーまたはディスクにキャッシュします。FILE_FLAG_NO_BUFFERING を使用すると、ディスクの読み取りとセクター境界に書き込みを行う必要があり、バッファーのアドレスでなければなりませんディスクのセクター境界にメモリを配置します。

これらの制限が必要になりますのでを渡すバッファー、読み取りまたは書き込みの API を使用して、デバイス ・ レベルで I/O を直接です。には、レベルは、バッファーのアドレスとセクター サイズのいずれかのプロセッサを満たす必要があります。実行しているハードウェアのメディア配置の制約

詳細

Windows 95 の CDFS (CD-ROM ファイル システム) でサポートされていない、CreateFile() FILE_FLAG_NO_BUFFERING フラグ。Windows 95 の FSD、中にこのようなVFAT としては、実装 FILE_FLAG_NO_BUFFERING 必要なフラグではありませんファイル ・ システムのドライバー、およびはサポートされていませんが CDFS。

次のコードは、バッファー内のデータのセクター揃えにする方法を示していて、CreateFile() に渡します。
  char buf[2 * SECTOR_SIZE - 1], *p;

  p = (char *) ((DWORD) (buf + SECTOR_SIZE - 1) & ~(SECTOR_SIZE - 1));
  h = CreateFile(argv[1], GENERIC_READ | GENERIC_WRITE,
      FILE_SHARE_READ | FILE_SHARE_WRITE, NULL, CREATE_ALWAYS,
      FILE_ATTRIBUTE_NORMAL | FILE_FLAG_NO_BUFFERING, NULL);
  WriteFile(h, p, SECTOR_SIZE, &dwWritten, NULL);

				
ポインター p セクター揃えで表示され、バッファー内で指定します。

[開いているすべてのファイルをフラッシュする状況がある場合は、現在の論理ドライブ、このことによって実行できます。
   hFile = CreateFile("\\\\.\\c:", ....);
   FlushFileBuffers(hFile);
				
このメソッドは、開いているすべてのファイルが c: ドライブ上のすべてのバッファーの書き込みデータが発生します。パーティションがフラッシュされ、ディスクに書き込まれます。なお、バッファリングシステムこのフラッシュによって影響を受けません以外で何かを行います。任意ファイルを C ランタイムが行っている可能性のあるファイルのバッファリングと C を開くランタイム ルーチンは、影響を受けていません。

ネットワーク経由でリモート ファイルを開くときに、サーバーは常にキャッシュし、クライアントによって指定されてバッファーのフラグは無視されません。これは仕様です。リダイレクターとサーバーの完全な意味を正しく実装できません。FILE_FLAG_NO_BUFFERING ネットワーク経由で。具体的には、要件セクター サイズ、セクター揃えの I/O を満たすことができません。このため、Win32 の場合FILE_FLAG_NO_BUFFERING、リダイレクターに要求ベースのアプリケーションとサーバー処理これを要求として FILE_FLAG_WRITE_THROUGH をします。ファイルではありません。クライアント側のキャッシュ、書き込みとディスクがサーバーに直接進むサーバーとネットワークでの読み取り/書き込みサイズは正確に何をアプリケーションを要求します。ただし、ファイル サーバー上にキャッシュされます。

クライアント キャッシュはしないの種類に応じて、別の効果を持つことができます。I/O の。キャッシュ ヒットを排除または、先読みがも減らすことができます。量を送信し、受信します。一般に、シーケンシャル I/O は、クライアント上でキャッシュするよい。多くの小規模のランダム アクセスを I/O、場合が最高のキャッシュされないようにします。

プロパティ

文書番号: 99794 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbapi kbkernbase kbfileio kbmt KB99794 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:99794
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com