Configuration Manager 2012 での PXE ブートの問題のトラブルシューティング

このガイドの内容
System Center 2012 Configuration Manager (ConfigMgr 2012 または ConfigMgr 2012 R2) での PXE ブートの失敗の診断や解決をサポートする管理者。

対象
PXE ブートの問題の診断や解決をサポートする管理者。

内容
まず、PXE に関するいくつかの背景情報について説明します。 それに続いて、状況に応じた一連のトラブルシューティングの手順を案内します。

推定完了時間:
15 ~ 30 分。

PXE ブートと Configuration Manager の概要

System Center 2012 Configuration Manager (ConfigMgr 2012 または ConfigMgr 2012 R2) で PXE ブートを使用すると、管理者は、Preboot Execution Environment (PXE) を介してネットワーク経由で Windows プレインストール環境 (WinPE) に簡単にアクセスすることができます。 PXE は Intel により作成された業界標準で、デバイス ファームウェア内でプレブート サービスを提供し、デバイスでクライアント コンピューターにネットワーク ブート プログラムをダウンロードできるようにします。

Configuration Manager は、WDS PXE プロバイダーを介して、Windows サーバー ロールである Windows 展開サービス (WDS) に依存します。 ConfigMgr 2012 では、SMS PXE プロバイダー (SMSPXE) は WDS サービスに登録され、PXE クライアント要求用のロジックを提供します。

ConfigMgr 2012 における PXE 関連の問題をトラブルシューティングする前に、関連する基本的なプロセス、プロセスの動作のしくみ、およびプロセスの相互運用のしくみを理解しておくことが重要です。 このトラブルシューティングでは、ユーザーがこれらのプロセスを理解していることが前提となっていますが、概要を参照したい場合は以下のオプションを選択できます。また、トラブルシューティングに直接進むこともできます。

PXE ブートと Configuration Manager の概要

System Center 2012 Configuration Manager (ConfigMgr 2012 または ConfigMgr 2012 R2) で PXE ブートを使用すると、管理者は、Preboot Execution Environment (PXE) を介してネットワーク経由で Windows プレインストール環境 (WinPE) に簡単にアクセスすることができます。 PXE は Intel により作成された業界標準で、デバイス ファームウェア内でプレブート サービスを提供し、デバイスでクライアント コンピューターにネットワーク ブート プログラムをダウンロードできるようにします。

Configuration Manager は、WDS PXE プロバイダーを介して、Windows サーバー ロールである Windows 展開サービス (WDS) に依存します。 ConfigMgr 2012 では、SMS PXE プロバイダー (SMSPXE) は WDS サービスに登録され、PXE クライアント要求用のロジックを提供します。

ConfigMgr 2012 における PXE 関連の問題をトラブルシューティングする前に、関連する基本的なプロセス、プロセスの動作のしくみ、およびプロセスの相互運用のしくみを理解しておくことが重要です。 このトラブルシューティングでは、ユーザーがこれらのプロセスを理解していることが前提となっていますが、概要を参照したい場合は以下のオプションを選択できます。また、トラブルシューティングに直接進むこともできます。

PXE サービス ポイントのインストール

まず、SMSPXE プロバイダーのインストールに関係するプロセスについて説明します。 このドキュメントのすべての例では、System Center 2012 Configuration Manager R2 の累積的な更新プログラム 2 (ConfigMgr 2012 R2 CU2) と、配布ポイント (DP) の役割がインストール済みである Windows Server 2012 にインストールされているリモート サイト システムを使用しています。

まず、[配布ポイントのプロパティ] の [PXE] タブで [クライアントの PXE サポートを有効にする] オプションを選択して、インストールを開始します。 PXE サポートが有効である場合、SMS_SCI_SysResUse クラスのインスタンスが作成されます。

SMSProv.log:PutInstanceAsync SMS_SCI_SysResUseSMS Provider04/09/2014 11:30:131552 (0x0610)CExtProviderClassObject::DoPutInstanceInstanceSMS Provider04/09/2014 11:30:131552 (0x0610)INFO: 'RemoteDp.contoso.com' is a valid FQDN.SMS Provider04/09/2014 11:30:131552 (0x0610)

ヒント:

WMI 名前空間 Root\SMS\Site_RR2 (RR2 はサイトのサイト コード) では、SMS_SCI_SYSResUse クラスに、プライマリ サイト サーバー上のすべてのサイト システムの役割が含まれています。 WBEMTEST で以下のクエリを実行すると、そのサイト サーバー上のすべての DP を識別できます。

SELECT * FROM SMS_SCI_SysResUse WHERE rolename like 'SMS Distribution Point'
SDK を介してこれらの役割のプロパティを変更すると、サイト コントロール ファイルが変更され、DP が構成されます。 IsPXE プロパティ名は props プロパティのメンバーで、DP が PXE 対応である場合は 1 に設定されています。

SMS Database Monitor コンポーネントでは、DPNotificaiton および DistributionPoints テーブルへの変更が検出され、distmgr.box でファイルがドロップされます:

Smsdbmon.log:RCV:UPDATE on SiteControl for SiteControl_AddUpd_HMAN [RR2 ][19604]RCV: UPDATE on SiteControl for SiteControl_AddUpd_SiteCtrl [RR2 ][19605]SND: Dropped C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\hman.box\RR2.SCU [19604]SND: Dropped C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\sitectrl.box\RR2.CT0 [19605]RCV: UPDATE on Sites for Sites_Interop_Update_HMAN [RR2 ][19606]SND: Dropped C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\hman.box\RR2.ITC [19606]RCV: UPDATE on DistributionPoints for DP_Properties_Upd [15 ][19607]RCV: INSERT on PkgNotification for PkgNotify_Add [RR200002 ][19608]RCV: INSERT on PkgNotification for PkgNotify_Add [RR200003 ][19609]RCV: INSERT on DPNotification for DPNotify_ADD [15 ][19610]RCV: UPDATE on SiteControlNotification for SiteCtrlNot_Add_DDM [RR2 ][19611]SND: Dropped C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\distmgr.box\15.NOT [19607]SND: Dropped C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\distmgr.box\RR200002.PKN [19608]SND: Dropped C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\distmgr.box\RR200003.PKN [19609]SND: Dropped C:\Program Files\Microsoft Configuration Manager\inboxes\distmgr.box\15.DPN [19610]Site Control Notification.

続いて、プライマリ サイト サーバー上の配布マネージャー コンポーネントにより、リモート DP の構成が始まります:

ConfigureDPSMS_DISTRIBUTION_MANAGER04/09/2014 11:30:263776 (0x0EC0)IISPortsList in the SCF is "80".SMS_DISTRIBUTION_MANAGER04/09/2014 11:30:263776 (0x0EC0)IISSSLPortsList in the SCF is "443".SMS_DISTRIBUTION_MANAGER04/09/2014 11:30:263776 (0x0EC0)IISWebSiteName in the SCF is "".SMS_DISTRIBUTION_MANAGER04/09/2014 11:30:263776 (0x0EC0)IISSSLState in the SCF is 448.SMS_DISTRIBUTION_MANAGER04/09/2014 11:30:263776 (0x0EC0)DP registry settings have been successfully updated on RemoteDp.contoso.comSMS_DISTRIBUTION_MANAGER04/09/2014 11:30:263776 (0x0EC0)ConfigurePXESMS_DISTRIBUTION_MANAGER04/09/2014 11:30:263776 (0x0EC0)

リモート DP 上の SMS DP プロバイダーのログでは、PXE インストールに関する以下の情報を確認できますが、最初は PxeInstalled レジストリ キーが見つかりません:

Smsdpprov.log[66C][Thu 09/04/2014 11:30:28]:CcmInstallPXE [66C][Thu 09/04/2014 11:30:28]:RegQueryValueExW failed for Software\Microsoft\SMS\DP, PxeInstalled[66C][Thu 09/04/2014 11:30:28]:RegReadDWord failed; 0x80070002

Visual C++ 再頒布可能パッケージがインストールされます:

Smsdpprov.log[66C][Thu 09/04/2014 11:30:28]:Running: C:\SMS_DP$\sms\bin\vcredist_x64.exe /q /log "C:\SMS_DP$\sms\bin\vcredist.log"[66C][Thu 09/04/2014 11:30:28]:Waiting for the completion of: C:\SMS_DP$\sms\bin\vcredist_x64.exe /q /log "C:\SMS_DP$\sms\bin\vcredist.log"[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Run completed for: C:\SMS_DP$\sms\bin\vcredist_x64.exe /q /log "C:\SMS_DP$\sms\bin\vcredist.log"

WDS がインストールされます:

Smsdpprov.log[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Created the DP mutex key for WDS.[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Failed to open WDS service.[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:WDS is NOT INSTALLED[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Installing WDS.[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Running: ServerManagerCmd.exe -i WDS -a[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Failed (2) to run: ServerManagerCmd.exe -i WDS -a[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Running: PowerShell.exe -Command Import-Module ServerManager; Get-WindowsFeature WDS; Add-WindowsFeature WDS[66C][Thu 09/04/2014 11:30:39]:Waiting for the completion of: PowerShell.exe -Command Import-Module ServerManager; Get-WindowsFeature WDS; Add-WindowsFeature WDS[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:Run completed for: PowerShell.exe -Command Import-Module ServerManager; Get-WindowsFeature WDS; Add-WindowsFeature WDS[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:Successfully installed WDS.

TFTP 読み取りフィルターが構成されます:

Smsdpprov.log[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:Setting TFTP config key as: System\CurrentControlSet\Services\WDSSERVER\Providers\WDSTFTP[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:Configuring TFTP read filters[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:SetupComplete is set to 0

REMINST 共有が作成され、WDS が構成されます:

Smsdpprov.log[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:RegQueryValueExW failed for Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup, REMINST[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:RegReadDWord failed; 0x80070002[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:REMINST not set in WDS[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:WDS is NOT Configured[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:Share (REMINST) does not exist. (NetNameNotFound) (0x00000906)[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:GetFileSharePath failed; 0x80070906[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:REMINST share does not exist. Need to create it.[66C][Thu 09/04/2014 11:31:35]:Enumerating drives A through Z for the NTFS drive with the most free space.[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Drive 'C:\' is the best drive for the SMS installation directory.[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Creating REMINST share to point to: C:\RemoteInstall[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Succesfully created share REMINST[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Removing existing PXE related directories[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Registering WDS provider: SourceDir: C:\SMS_DP$\sms\bin [66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Registering WDS provider: ProviderPath: C:\SMS_DP$\sms\bin\smspxe.dll [66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:DoPxeProviderRegister[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:PxeLoadWdsPxe[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Loading wdspxe.dll from C:\Windows\system32\wdspxe.dll[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:wdspxe.dll is loaded[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:PxeProviderRegister has suceeded (0x00000000)[66C][Thu 09/04/2014 11:31:37]:Disabling WDS/RIS functionality[66C][Thu 09/04/2014 11:31:39]:WDSServer status is 1[66C][Thu 09/04/2014 11:31:39]:WDSServer is NOT STARTED[66C][Thu 09/04/2014 11:31:39]:Running: WDSUTIL.exe /Initialize-Server /REMINST:"C:\RemoteInstall"[66C][Thu 09/04/2014 11:31:39]:Waiting for the completion of: WDSUTIL.exe /Initialize-Server /REMINST:"C:\RemoteInstall"[66C][Thu 09/04/2014 11:31:50]:Run completed for: WDSUTIL.exe /Initialize-Server /REMINST:"C:\RemoteInstall"[66C][Thu 09/04/2014 11:31:50]:CcmInstallPXE: Deleting the DP mutex key for WDS.[66C][Thu 09/04/2014 11:31:50]:Installed PXE[66C][Thu 09/04/2014 11:32:03]:CcmInstallPXE[66C][Thu 09/04/2014 11:32:03]:PXE provider is already installed.[66C][Thu 09/04/2014 11:32:03]:Installed PXE

リモート DP では、HKLM\Software\Microsoft\SMS\DP 次の値が追加されていることが確認できます。    

3876_image3
 

"PxeInstalled" と "IsPXE" がどのように 1 に設定されるかに注意します。

リモート DP のファイル システムを調べると、C:\SMS_DP$\sms\logs に新しいログがあります。

SMSPXE.logMachine is running Windows Longhorn. (NTVersion=0X602, ServicePack=0)Cannot read the registry value of MACIgnoreListFile (00000000)MAC Ignore List Filename in registry is emptyBegin validation of Certificate [Thumbprint B64B9DAF9BFB76A99DC050C21E33B3489643D111] issued to 'e728f6ce-29a6-4ac3-974e-ba3dc855d9a4'Completed validation of Certificate [Thumbprint B64B9DAF9BFB76A99DC050C21E33B3489643D111] issued to 'e728f6ce-29a6-4ac3-974e-ba3dc855d9a4'

この時点で、配布ポイントは PXE 対応であり、着信要求を受け付ける準備ができている必要があります。

PXE 対応の DP へのブート イメージの追加

新しい PXE 対応の配布ポイントが構成されれば常に、すべての機能を有効にするために完了しておく必要がある追加の手順が発生します。 追加の手順の 1 つとしては、新しい PXE 対応の DP に x86 および x64 のブート イメージを配布する必要があります。 これを行うには、[ソフトウェア ライブラリ]、[オペレーティング システム]、[ブート イメージ]、[ブート イメージ (x86)] の順に移動し、右クリックしてから [コンテンツの配布]、[PXE 対応の DP へのブート イメージの追加] の順に選びます。

この手順を [ブート イメージ (x64)] に対して繰り返します。

この操作が完了すると、配布マネージャーでは要求の処理が開始され、リモート DP への配布が始まります。

DistMgr.logFound notification for package 'RR200004'Used 0 out of 30 allowed processing threads.Starting package processing thread, thread ID = 0x152C (5420)Start adding package to server ["Display=\\RemoteDp.contoso.com\"]MSWNET:["SMS_SITE=RR2"]\\RemoteDp.contoso.com\...Attempting to add or update a package on a distribution point.Successfully made a network connection to \\RemoteDp.contoso.com \ADMIN$.CreateSignatureShare, connecting to DPSignature share exists on distribution point path \\RemoteDp.contoso.com \SMSSIG$Share SMSPKGC$ exists on distribution point \\RemoteDp.contoso.com \SMSPKGC$Checking configuration of IIS virtual directories on DP ["Display=\\RemoteDp.contoso.com\"]MSWNET:["SMS_SITE=RR2"]\\RemoteDp.contoso.com\Creating, reading or updating IIS registry key for a distribution point.Virtual Directory SMS_DP_SMSSIG$ for the physical path C:\SMSSIG$ already exists.Created package transfer job to send package RR200004 to distribution point ["Display=\\RemoteDp.contoso.com\"]MSWNET:["SMS_SITE=RR2"]\\RemoteDp.contoso.com\.StoredPkgVersion (9) of package RR200004. StoredPkgVersion in database is 9.SourceVersion (9) of package RR200004. SourceVersion in database is 9.

続いて、Package Transfer Manager (DP はリモート) はコンテンツの送信を開始します:

PkgXferMgr.logDeleteJobNotificationFiles deleted 1 *.PKN file(s) this cycle.Found send request with ID: 105, Package: RR200004, Version:9, Priority: 2, Destination: REMOTEDP.CONTOSO.COM, DPPriority: 200Created sending thread (Thread ID = 0x1140)Sending thread starting for Job: 105, package: RR200004, Version: 9, Priority: 2, server: REMOTEDP.CONTOSO.COM, DPPriority: 200Sending legacy content RR200004.9 for package RR200004Finished sending SWD package RR200004 version 9 to distribution point REMOTEDP.CONTOSO.COMSent status to the distribution manager for pkg RR200004, version 9, status 3 and distribution point ["Display=\\RemoteDp.contoso.com\"]MSWNET:["SMS_SITE=RR2"]\\RemoteDp.contoso.com\StateTable::CState::Handle - (8210:1 2014-09-10 13:19:12.087+00:00) >> (8203:3 2013-11-26 15:43:48.108+00:00)Successfully send state change notification 7F6041B0-3EE2-427F-AB72-B89610A6331CSending thread complete

その後、SMS Distribution Point Provider はリモート インストール ディレクトリに WIM を展開します:

Smsdpprov.log[468][Wed 09/10/2014 14:09:59]:A DP usage gathering task has been registered successfully[99C][Wed 09/10/2014 14:19:07]:Content 'RR200004.9' for package 'RR200004' has been added to content library successfully[99C][Wed 09/10/2014 14:19:07]:Expanding C:\SCCMContentLib\FileLib\E8A1\E8A136A1348B4CFE97334D0F65934845F2B4675D0B7D925AB830378F4ECF39B9 from package RR200004[99C][Wed 09/10/2014 14:19:07]:Finding Wimgapi.Dll[99C][Wed 09/10/2014 14:19:07]:Found C:\Windows\system32\wimgapi.dll[99C][Wed 09/10/2014 14:19:07]:Expanding RR200004 to C:\RemoteInstall\SMSImages

SMSPXE は新しいイメージを検出します:

SMSPXE.logFound new image RR200004PXE::CBootImageManager::QueryWIMInfoLoaded C:\Windows\system32\wimgapi.dllOpening image file C:\RemoteInstall\SMSImages\RR200004\boot.RR200004.wimFound Image file: C:\RemoteInstall\SMSImages\RR200004\boot.RR200004.wimPackageID: RR200004ProductName: Microsoft® Windows® Operating SystemArchitecture: 0Description: Microsoft Windows PE (x86)Version: Creator: SystemDir: WINDOWSClosing image file C:\RemoteInstall\SMSImages\RR200004\boot.RR200004.wimPXE::CBootImageManager::InstallBootFilesForImageTemporary path to copy extract files from: C:\RemoteInstall\SMSTempBootFiles\RR200004.

ヒント:

これらのブート イメージが PXE 対応の DP から展開されるように構成されていることを確認します。 ブート イメージを右クリックし、[プロパティ]、[データ ソース] の順に選び、[このブート イメージを PXE 対応の配布ポイントから展開する] を選びます。

PXE ブート プロセス

ここで説明するブート プロセスの例では、 DHCP サーバー、PXE 対応 DP およびクライアント (x64 BIOS コンピューター) を使用しています。 すべて同じサブネット上に存在します。

PXE ブート プロセスでは、まずクライアントは TCP/IP のパラメーターと TFTP ブート サーバーの場所を取得する必要があります。 デバイスで電源がオンになり、POST が完了すると、PXE ブート プロセスを開始します (通常はブート選択メニューを介してプロンプトが表示されます)。

  1. PXE ファームウェアが行う最初の作業は、DHCPDISCOVER (UDP パケット) ブロードキャストを送信して TCP/IP の詳細情報を取得することです。 これには、パラメーター要求のリストが含まれます。以下に、DHCPDISCOVER パケットからのパラメーター リストが含まれるネットワーク トレースのサンプルを示します。
    3876_image4
     
    続いて、PXE クライアントは、適切なブート イメージ ファイルの場所とファイル名を要求できるように、ベンダーとマシンに固有の情報を特定します。
  2. その後、DHCP サーバーと、PXE 対応の DP は、関連するすべての TCP/IP のパラメーターが含まれる DHCPOFFER をクライアントに送信します。
    以下の DHCP OFFER の例では、サーバー名やブート ファイルの情報が含まれていないことに注意してください。これは、PXE 対応の DP からではなく DHCP サーバーからの OFFER であるためです。
    3876_image5
     
  3. さらに、クライアントは、DHCPOFFER を選択していれば、DHCPREQUEST で応答します。 これには、選択された OFFER からの IP アドレスが含まれます。
  4. DHCP サーバーは DHCPREQUEST に応答しますが、これには DHCPOFFER と同じ詳細情報が含まれる DHCPACK が付属します。 以下では、サーバー ホスト名とブート ファイル名が示されていません。
    3876_image6
     
  5. この時点ではまだブート ファイルの情報は判明していませんが、現時点でクライアントは IP アドレスを認識しています。 次に、PXE クライアントは、以前の DHCPDISCOVER ブロードキャストから DHCPOFFER も受信した後、PXE 対応の DP に新しい DHCPREQUEST を送信します。
  6. PXE 対応の DP は DHCPACK を送信します。これには、BootFileName の位置と、WDS ネットワーク ブート プログラム (NBP) が含まれています。
    3876_image7
     
ブート ファイルのダウンロード

  1. DHCP 通信が完了すると、クライアントは読み取り要求が含まれる TFTP セッションを開始します: 
    3876_image8
     
    サーバーは tsize に続いて blksize を使用して応答します。 続いて、クライアントはサーバーからファイルを転送します。

    注: これらのブロックのサイズは blksize で、この場合では 1,456 バイトに設定されています。 Windows Server 2008 以降では、blksize を構成することができます。 詳細については、以下のサポート技術情報を参照してください。

    975710 - Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 で、WDS を使用したネットワーク経由のオペレーティング システムの展開が失敗する

    ここでは、DHCP 会話の終了または TFTP 転送の開始を確認できます:
    3876_image9
     
    WDS ネットワーク ブート プログラム (NBP) はクライアント コンピューターに転送されると、実行されます。 このチュートリアルの例では、wdsnbp.com をダウンロードすることで開始します。 NBP では、クライアントがネットワークからブートできるかどうか、ブートを開始するにはクライアントで F12 キーを押す必要があるかどうか、およびクライアントがどのブート イメージを受け取るかを指定します。

    NBP は、アーキテクチャとファームウェアの両方に固有です (BIOS または UEFI)。 BIOS コンピューター上では NBP は 16 ビット リアル モード アプリケーションであるため、x86 ベースと x64 ベース両方のオペレーティング システムに同じ NBP を使用できます。

    このチュートリアルの場合 (x64 BIOS マシン)、NBP は PXE 対応の DP の以下のディレクトリにあります。
    \\remotedp\c$\RemoteInstall\SMSBoot\x64
    3876_image10
     
    このファイルは次の機能を実行します。
    PXEboot.com – x86 および x64 BIOS: PXE ブートを続けるには、エンド ユーザーが F12 キーを押す必要があります (これが既定の NBP です)。

    PXEboot.n12 – x86 および x64 BIOS:
    PXE ブートを即座に開始します (クライアント上で F12 キーを押す必要はありません)。

    AbortPXE.com – x86 および x64 BIOS:
    BIOS で指定されている次のブート デバイスを使用してデバイスで即座にブートを開始できるようにします。 これにより、ブートに PXE を使用してはならないデバイスが、タイムアウトを待つことなくセカンダリ ブート プロセスを即座に開始できるようにします。

    Bootmgfw.efi – x64 UEFI および IA64 UEFI: PXEboot.com または PXEboot.n12 の EFI バージョン (EFI では、PXE ブートを行うかどうかの選択は、NBP によってではなく、EFI シェル内部で処理されます)。 Bootmgfw.efi は、PXEboot.comPXEboot.n12abortpxe.com および bootmgr.exe の機能の組み合わせと同じです。

    wdsnbp.com – x86 および x64 BIOS: 以下の一般的な目的を果たす、Windows 展開サービスで使用するために開発された特別な NBP:
    ◦アーキテクチャ検出
    ◦保留中のデバイス シナリオ

    Wdsmgfw.efi – x64 UEFI and IA64 UEFI: 以下の一般的な目的を果たす、Windows 展開サービスで使用するために開発された特別な NBP:
    ◦PXE ブートを続けるため、ユーザーにキーを押すよう求めるプロンプト表示を処理する
    ◦保留中のデバイス シナリオ
  2. NBP は、TFTP 経由で、以下のファイルを含むオペレーティング システム ローダーとブート ファイルをダウンロードします。 
    ◦ smsboot\x64\pxeboot.com
    ◦ smsboot\x64\bootmgr.exe
    ◦ \SMSBoot\Fonts\wgl4_boot.ttf
    ◦ \SMSBoot\boot.sdi
    ◦ \SMSImages\RR200004\boot.RR200004.wim

  3. メモリ内でこれらのファイルと WinPE WIM ファイルを使用して RAMDISK が作成されます。 
    3876_image11
     
  4. RAMDISK からクライアントがブートします。

WinPE ブート

WinPE がブートすると、WinPE イメージに含まれる SMS フォルダーから TS ブート シェルが開始されます (このフォルダーは、Configuration Manager へのインポート時にブート WIM に挿入されます)。 このプロセスは、X:\Windows\Temp\SMSTS\ にある SMSTS.log に記録されていることが確認できます。
ヒント:
WinPE でこのログにアクセスするには、ブート イメージでコマンド プロンプトを有効にします。 [ブート イメージ] を右クリックし、[プロパティ]、[カスタマイズ] の順に選び、[コマンド サポートを有効にする (テストのみ)] をオンにすることで、この操作を行うことができます。 続いて、WinPE で F8 キーを押すと、コマンド プロンプトにアクセスできます。
以下に、最初の TS ブート シェル プロセスを示します。

SMSTS.log==============================[ TSBootShell.exe ]==============================Succeeded loading resource DLL 'X:\sms\bin\i386\1033\TSRES.DLL'Debug shell is enabledWaiting for PNP initialization...RAM Disk Boot Path: NET(0)\SMSIMAGES\RR200004\BOOT.RR200004.WIMBooted from network (PXE)Network(PXE) path: X:\sms\data\Found config path X:\sms\data\This is not a fixed non usb diskBooting from removable media, not restoring bootloaders on hard driveX:\sms\data\WinPE does not exist.X:\_SmsTsWinPE\WinPE does not exist.Executing command line: wpeinit.exe -winpeThe command completed successfully.Starting DNS client service.Executing command line: X:\sms\bin\i386\TsmBootstrap.exe /env:WinPE /configpath:X:\sms\data\The command completed successfully.

続いて、タスク シーケンス マネージャーのブート ストラップが行われます:

SMSTS.log==============================[ TSMBootStrap.exe ]==============================Command line: X:\sms\bin\i386\TsmBootstrap.exe /env:WinPE /configpath:X:\sms\data\Succeeded loading resource DLL 'X:\sms\bin\i386\1033\TSRES.DLL'Succeeded loading resource DLL 'X:\sms\bin\i386\TSRESNLC.DLL'Current OS version is 6.2.9200.0Adding SMS bin folder "X:\sms\bin\i386" to the system environment PATHPXE Boot with Root = X:\Executing from PXE in WinPELoading TsPxe.dll from X:\sms\bin\i386\TsPxe.dll

TSPXE が読み込まれると、TFTP を使用して TS の変数をダウンロードします:

SMSTS.log TsPxe.dll loadedDevice has PXE bootedVariable Path: \SMSTemp\2014.09.05.18.20.31.0001.{0C616323-A027-41B0-A215-057AF4F1E361}.boot.varSuccesfully added firewall rule for TftpExecuting: X:\sms\bin\i386\smstftp.exe -i 10.238.0.2 get \SMSTemp\2014.09.05.18.20.31.0001.{0C616323-A027-41B0-A215-057AF4F1E361}.boot.var X:\sms\data\variables.datExecuting command line: "X:\sms\bin\i386\smstftp.exe" -i 10.238.0.2 get \SMSTemp\2014.09.05.18.20.31.0001.{0C616323-A027-41B0-A215-057AF4F1E361}.boot.var X:\sms\data\variables.datProcess completed with exit code 0Succesfully removed firewall rule for TftpSuccessfully downloaded pxe variable file.Loading Media Variables from "X:\sms\data\variables.dat"Loading Media Variables from "X:\sms\data\variables.dat"Found network adapter "Intel 21140-Based PCI Fast Ethernet Adapter (Emulated)" with IP Address 10.238.0.3.Loading Media Variables from "X:\sms\data\variables.dat"Loading variables from the Task Sequencing Removable Media.Loading Media Variables from "X:\sms\data\variables.dat"Succeeded loading resource DLL 'X:\sms\bin\i386\1033\TSRES.DLL'Setting SMSTSMP TS environment variableSetting _SMSMediaGuid TS environment variableSetting _SMSTSBootMediaPackageID TS environment variableSetting _SMSTSHTTPPort TS environment variableSetting _SMSTSHTTPSPort TS environment variableSetting _SMSTSIISSSLState TS environment variableSetting _SMSTSLaunchMode TS environment variableSetting _SMSTSMediaPFX TS environment variableSetting _SMSTSPublicRootKey TS environment variableSetting _SMSTSRootCACerts TS environment variableSetting _SMSTSSiteCode TS environment variableSetting _SMSTSSiteSigningCertificate TS environment variableSetting _SMSTSUseFirstCert TS environment variableSetting _SMSTSx64UnknownMachineGUID TS environment variableSetting _SMSTSx86UnknownMachineGUID TS environment variable

この時点で、ユーザーがオプションのタスク シーケンスを選択するためのユーザー インターフェイスを提示する前に、TSPXE は管理ポイント (MP) を特定し、ポリシーをダウンロードします:

SMSTS.log site=RR2,RR2, MP=http://ConfigMgrR2.CONTOSO.COM, ports: http=80,https=443certificates are received from MP.CLibSMSMessageWinHttpTransport::Send: URL: ConfigMgrR2.CONTOSO.COM:80 CCM_POST /ccm_system/requestRequest was successful.Downloading policy from http://ConfigMgrR2.CONTOSO.COM.Retrieving Policy Assignments:Processing Policy Assignment {7898f153-a6de-43e9-98c3-ca5cc61483b0}.Processing Policy Assignment {fba19677-0e9b-490d-b601-07e247979bd4}.Processing Policy Assignment {6306ca4c-e7ed-4cf5-8419-af9b1695a909}.Processing Policy Assignment {05a027ff-e9cf-4fa1-8bd8-4565481061e2}.Processing Policy Assignment {b3c991f6-9f83-43c3-875c-f60c4492d278}.…Successfully read 152 policy assignments.

最後に、コレクションとマシンの変数がダウンロードされ、"Welcome" ページが有効になります:

SMSTS.log Retrieving collection variable policy.Found 0 collection variables.Retrieving machine variable policy.Downloading policy body {01000053}-{RR2}.Response ID: {01000053}-{RR2}Reading Policy Body.Parsing Policy Body.Found 0 machine variables.Setting collection variables in the task sequencing environment.Setting machine variables in the task sequencing environment.Running Wizard in Interactive modeLoading Media Variables from "X:\sms\data\variables.dat"Activating Welcome Page.Loading bitmap 
一般的な問題の確認

PXE サービス ポイントに関するトラブルシューティングを開始する前に、以下のサポート技術情報を参照して、説明されている問題が、発生している問題の原因である可能性があるかどうかを確認してください。 ただし、以下はすべてを網羅するリストではなく、確認されている一般的な問題の一部であることに注意してください。

問題は解決されましたか?

IP ヘルパーを確認する

DHCP サーバー、クライアント コンピューター、Windows 展開サービス (WDS) と PXE 対応の配布ポイント (DP) を実行している ConfigMgr 2012 サーバーがすべて同じサブネットまたは VLAN 上に存在する場合、IP ヘルパーは必要ありません。 それ以外の、DHCP サーバー、クライアント コンピューター、WDS と PXE 対応の DP を実行している ConfigMgr 2012 サーバーのいずれかが別のサブネットまたは VLAN 上に存在する場合 (多くの環境で通常はこの事例) は、ルーターで IP ヘルパーを構成する必要があります。 このプロセスは、ルーターのハードウェア製造元に応じて異なりますが、一般的な概要は以下の TechNet 資料に記載されています。

ブロードキャストを転送するようにルーターを構成する: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc732351(WS.10).aspx#Updating

ルーターで IP ヘルパーを適切に構成するための追加情報が必要である場合は、ルーターのハードウェア製造元にお問い合わせください。

IP ヘルパーが必要であるのは、クライアント コンピューターにより生成される PXE 要求は、ローカル サブネットまたは VLAN の外部には伝播しないブロードキャストであるためです。 DHCP サーバーと WDS/PXE 対応の DP の一方または両方がクライアント コンピューターと同じサブネットまたは VLAN 上に存在しない場合は、クライアントから PXE 要求のブロードキャストを確認または認識しないため、サーバーは PXE 要求に応答しません。 PXE 要求のブロードキャストをサブネットまたは VLAN の間で横断させるには、DHCP および WDS/PXE サービス ポイントのサーバーがクライアントの PXE 要求に正しく応答できるように、ルーターによって PXE 要求のブロードキャストをこれらのサーバーに転送する必要があります。

IP ヘルパーを使用しない方法としては、DHCP サーバー上で DHCP オプションを設定します。具体的には、DHCP オプション 60 (PXE クライアント)、66 (ブート サーバーのホスト名)、および 67 (ブート ファイル名) を設定します。 ただし、DHCP オプションでは問題が生じる可能性があり、動作では信頼性または一貫性が実現されない場合があります。 さらに、ConfigMgr 2012 での DHCP オプションを使用した PXE 要求の制御は、マイクロソフトによりサポートされていません。 そのため、リモート サブネット上にあるクライアント コンピューターを PXE でブートするための、推奨されるサポート対象の方法としては、IP ヘルパーを使用します。

推奨またはサポートされない DHCP オプションに関する追加情報については、記事「
DHCP オプション 60、66、および 67 を使用する: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc732351(WS.10).aspx
259670 - 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) サーバーでオプション 60、66、および 67 を使用するように構成すると、PXE クライアント コンピューターが起動しない」を参照してください。

重要 作業を続ける前に、ルーターで IP ヘルパーが構成されていて、かつ DHCP サーバーで DHCP オプション 60、66、または 67 が構成されていないことを確認することが必要です。 これらの条件の両方を満たしていないと、PXE サービス ポイントの問題の原因になります。 DHCP オプションを確認する際には、必ずサーバーとスコープの両方のレベルでオプションを確認してください。

特定の状況では、DHCP オプション 60、66、および 67 を構成すると、これらのオプションの構成前よりも PXE ブート プロセスが先まで進行しているように思われることがありますが、多くの場合、単に不適切な経路を突き進んでいるだけです。

重要 DHCP オプションを使用する必要がある唯一の例外は、DHCP と WDS が同じサーバー上に存在する場合です。 この場合は DHCP オプション 60 を設定する必要があり、また設定する必要があるのは DHCP オプション 60 のみです。 この状況では、DHCP オプション 66 と 67 は設定しないでください。 この点については、「同じサーバー上で DHCP と WDS を共存ホストする」というタイトルの次のセクションで詳しく説明しています。

問題は解決されましたか?

同じサーバー上で DHCP と WDS を共存ホストする場合の特別な考慮事項

同じコンピューター上で DHCP と WDS を共存ホストとする場合、WDS が特定のポートでリッスンできるように、WDS には特別な構成が必要です。 この構成については、以下の TechNet 資料の「Windows 展開サービスおよび動的ホスト構成プロトコル (DHCP)」に概要が記載されています。 

PXE ブートによるオペレーティング システムの展開計画: http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh397405.aspx

上記の資料によると、同じサーバー上で WDS と DHCP を共存ホストとする場合は、以下の 2 つの操作を完了する必要があります。

  1. 以下のレジストリの場所で、値 UseDHCPPorts 0 に設定する必要があります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WDSServer\Providers\WDSPXE
  2. 次の WDS コマンドを実行する必要があります:
    WDSUTIL /Set-Server /UseDHCPPorts:No /DHCPOption60:Yes
ただし、上記の推奨事項に関する問題として、WDSUTIL コマンドを実行するには WDS を構成する必要があります。 これは、ConfigMgr PXE 対応の DP をインストールする場合には WDS を構成しないというベスト プラクティスと矛盾しますが、WDSUTIL コマンド (UseDHCPPorts と DHCPOption60) を通じて指定する 2 つの設定は、WDSUTIL コマンドが必要でない別の方法を使用して構成できるため、WDS を構成する必要はありません。 WDS を有効にすることなくこれらの設定を構成するには、以下の手順を実行します。

  1. WDSUTIL の UseDHCPPorts スイッチは、実際には次の場所でレジストリ キー UseDHCPPorts を値 0 に設定することと同じです:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WDSServer\Providers\WDSPXE
    そのため、上記で説明されているようにレジストリ キーが手動で設定されていれば、UseDHCPPorts スイッチを使用する必要はありません。 WDS がインストールされていなければ、このレジストリ キーが存在しない場合があることに注意してください。
  2. DHCPOption60 スイッチは、WDS サービスではなく DHCP サービスのオプションを構成するため、WDSUTIL を使用してこの DHCP オプションを設定するのではなく、同等の DHCP コマンドを使用して同じオプションを設定することができます。 以下の MSDN 資料で説明されているように、netsh コマンドを使用してこの操作を行うことができます。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd128762(WinEmbedded.51).aspx

上記の資料の要点としては、開いてあるすべての DHCP コンソールを閉じてから、管理者特権のコマンド プロンプト ("管理者として実行") から以下の 2 つのコマンドを実行します。

netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> add optiondef 60 PXEClient String 0 comment=PXE support netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> set optionvalue 60 STRING PXEClient 

上記の <DHCP サーバー マシン名> は、DHCP/WDS サーバーの名前です (山かっこ <> を除く)。

これら 2 つのコマンドを実行すると、DHCP サーバー上で DHCP オプション 60 を設定して有効にします。 上記の 2 つのコマンドを実行した後に、DHCP コンソールで "060 PXE Client" ではなく "Unknown" という名前のオプションが表示された場合は、これらの設定を有効にできるようにサーバーを再起動します。 再起動後、オプションは適切に表示されます。 このようになるのは、通常、2 つのコマンドが実行された時点で DHCP コンソールが開かれたままであった場合です。

注: DHCP が別のサーバーに移動され、WDS をホストしているサーバーから削除された場合は、上記の手順を元に戻す必要があります。 上記の手順を元に戻すには、WDS サーバー上で以下の手順を実行します。

  1. 管理者特権を持つコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
    REG ADD "HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WDSServer\Providers\WDSPXE" /v UseDHCPPorts /t REG_DWORD /d 1 /f
  2. 管理者特権を持つコマンド プロンプトから次の 2 つのコマンドを実行します。
    netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> delete optionvalue 60
    netsh dhcp server \\<DHCP_server_machine_name> delete optiondef 60 PXEClient
    ここで、<DHCP サーバー マシン名> は、DHCP/WDS サーバーの名前です (山かっこ <> を除く)。

    上記の 2 つのコマンドでは、最初のコマンドは DHCP オプション 60 を無効化し、次のコマンドは DHCP オプション 60 を完全に削除します。

問題は解決されましたか?

DHCP 検出のトラブルシューティング

PXE ブート プロセスの最初の DHCP 検出段階のトラブルシューティングを開始する前に、考慮すべき重要な点がいくつかあります。

  • ブートしようとするデバイスの MAC アドレスまたは DHCPREQUEST を SMSPXE.log で確認できない場合は、クライアントと配布ポイント (DP) の間にルーター構成の問題が存在する可能性が高いと考えられます。 
  • DHCP オプション 60、66 および 67 は使用しないでください。このような使用法はサポートされていません。 
  • PXE 対応の DP と同じサブネット上のスイッチに接続されている場合にデバイスがブートできるかどうかをテストします。 接続できる場合は、問題はルーターの構成である可能性が高いと考えます。
  • クライアント コンピューター、DHCP サーバー、および PXE DP の間で DHCP (67 と 68)、TFTP (69) および BINL (4011) のポートが開かれていることを確認します。

プロセスのこの段階では参照できるログはありませんが、通常、WinPE がブートする前に PXE ブート プロセスが失敗すると、PXE エラー コードが表示されます。 表示されることがあるエラーの例としては、以下のエラーがあります。

PXE-E51: No DHCP or proxyDHCP offers were received. (DHCP OFFER または proxyDHCP OFFER が受信されませんでした)

PXE-E52: proxyDHCP offers were received. (proxyDHCP OFFER が受信されました) No DHCP offers were received. (DHCP OFFER は受信されませんでした)

PXE-E53: No boot filename received. (ブート ファイル名が受信されませんでした)

PXE-E55: proxyDHCP service did not reply to request on port 4011. (ポート 4011 上で proxyDHCP サービスが要求に応答しませんでした)

PXE-E77 bad or missing discovery server list. (PXE-E77: 不正または欠損している検出サーバー リスト)

PXE-E78: Could not locate boot server. (ブート サーバーが見つかりませんでした)

以下は、これらのエラー コードが説明されている Web ページです。 例: Symantec 社 - PXE エラー コードとその意味のリスト (英語情報) 

上記の資料はトラブルシューティングの重点を絞り込むのに役立ちますが、Netmon WireShark などのネットワーク監視ツールを使用して問題のネットワーク トレースをキャプチャすることが必要になる場合があります。 PXE 対応の DP と、スイッチのミラーリング ポートに接続されているコンピューターに、ネットワーク監視ツールをインストールする必要があります。 ミラーリング ポートの構成の詳細については、特定のスイッチまたはルーティング デバイスの製造元により提供されているマニュアルを参照してください。

一般的な手順では、DP と、ミラーリング ポートに接続されているマシンの両方でネットワーク トレースを開始してから、PXE 経由でデバイスのブートを試行します。 完了したら、トレースを停止し、詳しく分析するために保存します。 PXE 対応の DP からキャプチャされた DHCP 通信のサンプル トレースを以下に示します。

3876_image14
 

PXE クライアントによる最初の DHCPDISCOVER に続いて、DHCP サーバーおよび PXE DP からの DHCPOFFER があることが確認できます。 クライアント (0.0.0.0) から要求が行われ、その後、DHCP サーバー (10.238.0.14) により確認応答されます。 PXE クライアントに IP アドレス (10.238.0.3) が割り当てられると、PXE DP (10.238.0.2) に要求を送信します。PXE DP はネットワーク ブート プログラムの詳細情報を使用してその要求を確認応答します。

クライアントと DP 上で同時のネットワーク トレースをキャプチャして、通信が正常に行われているかどうかを確認します。

  • DHCP サービスが実行中で、利用可能であることを確認します。
  • DP 上で WDS サービスが実行中であることを確認します。
  • サーバーとクライアントの間で DHCP ポートをブロックしているファイアウォールが存在しないことを確認します。
  • クライアント コンピューターが、DP と同じサブネット上に存在する場合にブートできることを確認します。
  • DP とは別のサブネットからブートする場合、IP ヘルパーが適切に構成されていることを確認します。

問題は解決されましたか?

TFTP 転送のトラブルシューティング

PXE ブートに関するエラーが TFTP に言及している場合は、ブート ファイルの転送の問題が存在する可能性があります。 以下に、これらのエラーの例を示します。

PXE-E32: TFTP open timeout. (TFTP オープンのタイムアウト)
PXE-E35: TFTP read timeout. (TFTP 読み取りのタイムアウト)
PXE-E36: Error received from TFTP server. (TFTP サーバーから受信されたエラー)
PXE-E3F: TFTP packet size is invalid. (TFTP パケット サイズが無効です)
PXE-E3B: TFTP Error - File not Found (TFTP エラー - ファイルが見つかりません)
PXE-T04: Access Violation (アクセス違反)

Netmon または Wireshark を使用したネットワークの監視は、これらのエラーをトラブルシューティングするために試行するプランとして適しています。 以下に、TFTP オープンのタイムアウトが発生した時点で PXE クライアントからキャプチャされたデータの例を示します:

3876_image15
 

ここで、クライアントは

wdsnbp.com

ファイルの読み取り要求を送信しますが、応答を受信していません。 これは、何かが原因で、確認応答がクライアントにより受信されていないことを示しています。 本来であれば、以下のようになります。

3876_image16
 

試行するトラブルシューティング手順を以下に示します。

  • PXE 対応の DP でブロック サイズを小さくします (http://support.microsoft.com/kb/975710 を参照)。
  • 配布ポイント (DP) 上で WDS サービスが開始されていることを確認します。
  • クライアント コンピューターと DP の間で TFTP ポートが開かれていることを確認します。
  • REMINST 共有/フォルダー上のアクセス許可が正しいことを確認します。
  • その他の TFTP エラーがないか WDS のログを確認します。
  • RemoteInstall\SMSBoot\x86 および \x64 フォルダーに以下のファイルが含まれていることを確認します:
    
    3876_image17
     
  • 次のフォントは SMSBoot\Fonts に存在します:
    3876_image18
     
  • boot.sdi ファイルは RemoteInstall\SMSBoot ディレクトリに存在します:
    3876_image19
     
問題は解決されましたか?
WinPE ブートの問題 - ドライバー

この段階で発生する最も一般的な問題は、ドライバー関連の問題です。 全体的には、最新バージョンの WinPE には大半のネットワーク ドライバーと大容量記憶装置ドライバーが含まれていますが、必要なドライバーが含まれていないためドライバーをブート WIM にインポートする必要が生じる場合があります。 この問題に関する注意すべき 2 つの重要な点は以下のとおりです。

  • 必要なドライバーのみをインポートします。 単純にお持ちのすべてのドライバーをブート イメージにインポートするのは避けてください。
  • NIC ドライバーまたは大容量記憶装置ドライバーのみを追加することを検討してください。 他のドライバーを含める必要はありません。

SMSTS.log ファイル (場所は X:\Windows\temp\SMSTS) は、これらの問題のトラブルシューティングに最も有用なリソースです (このファイルを調べることができるように、必ずブート中にコマンド プロンプトを有効にします)。 以下に示すような、有効な IP アドレスと共に記録されている行が表示されていない場合、通常はドライバーの問題が存在します。 

SMSTS.logFound network adapter "Intel 21140-Based PCI Fast Ethernet Adapter (Emulated)" with IP Address 10.238.0.3

これを確認するには、F8 キーを押してコマンド プロンプトで IPCONFIG を実行し、NIC が認識されているかどうかと、NIC に IP アドレスがあるかどうかを判別するだけです。

WIM ファイル

また、配布ポイントに x86 と x64 両方のブート イメージが存在することも確認します。 WIM は以下のディレクトリで確認できます (WIM はコンテンツ ライブラリ内にも存在します):
C:\RemoteInstall\SMSImages\<PackageID>


ブート イメージのプロパティで、WIM が [このブート イメージを PXE 対応の配布ポイントから展開する] とマークされていることを確認します。


問題は解決されましたか?

Configuration Manager のポリシーの問題

PXE ブートに関するもう 1 つの一般的な問題は、タスク シーケンスの展開に関する問題です。 以下の例では、タスク シーケンスは不明なコンピューターに展開されていますが、既にデータベース内に存在しています。 第 1 の現象としては、PXE ブートが中断します:

3876_image20
 

詳しく調べると、SMSPXE.log に以下の情報があることがわかります:

SMSPXE.logClient lookup reply: <ClientIDReply><Identification Unknown="0" ItemKey="16777299" ServerName=""><Machine><ClientID/><NetbiosName/></Machine></Identification></ClientIDReply>MP_LookupDevice succeeded: 16777299 1 16777299 1 000:15:5D:00:19:CA, 32E5B71A-B626-4A4B-902E-7F94AD38B5B3: device is in the database.Client boot action reply: <ClientIDReply><Identification Unknown="0" ItemKey="16777299" ServerName=""><Machine><ClientID/><NetbiosName/></Machine></Identification><PXEBootAction LastPXEAdvertisementID="" LastPXEAdvertisementTime="" OfferID="" OfferIDTime="" PkgID="" PackageVersion="" packagePath="" BootImageID="" Mandatory=""/></ClientIDReply>Client Identity: 00:15:5D:00:19:CA, 32E5B71A-B626-4A4B-902E-7F94AD38B5B3: SMSID= OfferID=, PackageID=, PackageVersion=, BootImageID=, PackagePath=, Mandatory=000:15:5D:00:19:CA, 32E5B71A-B626-4A4B-902E-7F94AD38B5B3: no advertisements found00:15:5D:00:19:CA, 32E5B71A-B626-4A4B-902E-7F94AD38B5B3: No boot action. Aborted.00:15:5D:00:19:CA, 32E5B71A-B626-4A4B-902E-7F94AD38B5B3: Not serviced. 

上記で、NBS のストアド プロシージャの実行時に利用可能なポリシーは見つからないため、ブート アクションが中断されたことがわかります。 その逆も真です (つまり、マシンが不明であるがタスク シーケンスが展開されている場合、既知のマシンのコレクションに展開されます)。

試行するトラブルシューティング手順を以下に示します。

  • ブートしようとしているコンピューターが、タスク シーケンスの展開の対象であるコレクションに存在することを確認します。
  • 配布ポイントで [不明なコンピューターのサポートを有効にする] の PXE の設定をオンにしてあることを確認します。
  • 不明なマシンにタスク シーケンスを展開する場合は、コンピューターがデータベースにまだ存在しないことを確認します。

問題は解決されましたか?

おめでとうございます。

PXE ブートの問題が解決されました。

申し訳ありません

このガイドでは、お客様の問題を解決できません。 この問題のその他の解決方法については、TechNet サポート フォーラムを参照するか、Microsoft サポートにお問い合わせください

プロパティ

文書番号:10082 - 最終更新日: 2016/10/06 - リビジョン: 1

フィードバック