起こってほしくはないものですが、Windows Phone を紛失する、さらには盗難に遭う可能性はあります。そのようなことが起こっても、電話を鳴らしたり、ロックしたり、さらにはデータを消去して、電話を探したりデータを保護することができます。自分の許可なく他のだれかが Windows Phone を簡単にリセットしたり再利用できなくする必要もあります。そのようなときはリセット防止を使います。

リセット防止は account.microsoft.com で提供される無料のサービスで、携帯電話がだれかの手に渡っても簡単にリセットして再利用することができないように、もう一段の保護機能を追加するものです。(リセット防止は、ビルド 8.10.15127.138 以降を実行しているいくつかの新しい Windows Phone でのみご利用いただけます)。

リセット防止をオンにする

電話のセットアップ時に、Microsoft アカウントでサインインし、推奨設定を受け入れます。リセット防止を有効にする手順はこれだけです。設定中にリセット保護を有効にしなくても、[設定] 

[設定] アイコン
[更新とセキュリティ][電話を探す] を順に選択して、いつでも有効にすることができます。

リセット防止を有効にしたら、Microsoft アカウントに関連付けられているメール アドレス宛てに、"リセット防止へようこそ" と記載されたメッセージが送信されます。

電話をだれかに売る、または譲渡する前にリセット保護を無効にするには

電話を手放す前に、すべての個人情報を削除してリセット防止を無効にする必要があります。リセット防止が無効になっていないと新たな所有者はその電話を使うことができません。

  1. 新しい電話にデータを移行する場合は、データをバックアップしてください。

  2. [設定] 

    [設定] アイコン
    [システム][バージョン情報][電話のリセット] の順に選択します。

  3. Windows Phone にある個人データをすべて消去する準備ができたら、[はい] を選択してから確認のために再度 [はい] を選択します。

  4. Microsoft アカウントのパスワードを入力してからしばらくするとリセット防止が無効になります。

第三者に譲渡した電話のリセット保護を無効にするには

リセット保護が無効になっていない電話を他のユーザーが受け取った場合、そのユーザーは携帯電話を設定することができません。以下の操作を行ってください。

  1. account.microsoft.com/devices にアクセスします。

  2. 譲渡した Windows Phone の横にある [携帯電話を削除] を選択します。

  3. [電話を削除します] チェック ボックスをオンにし、回復キーをメモしたら、[削除] を選択します。回復キーは画面に表示されるほか、メールでも送信されます。

  4. 回復キーを保存したことを確認したら、[回復キーのコピーを保存しました] チェック ボックスをオンにして、[OK] を選択します。

  5. 回復キーが記載されたメールを電話の新しい所有者に転送します。

この Windows Phone は account.microsoft.com/devices に表示されなくなります。新しい所有者は、Windows Phone の設定中に [回復キーの使用を無効にする] オプションを使ってリセット防止を削除できます。

中古の電話を購入または譲渡される場合

中古の電話を入手するときは、次の点に十分ご注意ください。

  • 電話のリセット防止の状態は、account.microsoft.com/resetprotection から確認できます。リセット防止の状態のページで、IMEI または MEID を入力します。IMEI または MEID は、Windows Phone で *#06# をダイヤルすることで確認できます。

  • 電話の設定は完了していて、電話がロックされている場合は、以前の所有者に連絡してください。以前の所有者にロックを解除するためのパスワードを教えてもらったら、電話を設定できるようになります。

  • もちろん、電話を譲り受ける相手の身元を必ず確認するようにしてください。

プロパティ

文書番号:10549 - 最終更新日: 2016/06/22 - リビジョン: 1

フィードバック