Internet Explorer 11 による設定の保護

インターネットから何かをダウンロードした後、突然、Internet Explorer のホーム ページや既定の検索エンジンが変更された経験はありませんか。

今後、Internet Explorer 11 では、サード パーティ製のプログラムによる設定の変更が防止されるようになりました。これは、既に Microsoft Edge に搭載されている機能と同じです。

必要な作業は、Internet Explorer を保護する対象の設定を選ぶことだけです。選択した後で、いつでも設定を変更できます。

ホーム ページを変更する

  1. Internet Explorer 11 で、[ツール]
    [設定] アイコン
    [インターネット オプション] の順にクリックします。
  2. [全般] タブの [ホーム ページ] で、ホーム ページに設定するサイトの URL を入力します。複数の URL を追加できます。[現在のページを使用] を選ぶと、現在表示しているサイトを追加できます。複数の URL を追加する場合は、各 URL を改行で区切ります。
  3. [適用][OK] の順にクリックします。次回、Internet Explorer を開いたときに、変更内容が反映されます。

既定の検索エンジンを変更する

  1. [ツール]
    [設定] アイコン
    [アドオンの管理] の順にクリックします。[アドオンの種類] で、[検索プロバイダー] を選択します。
  2. 目的の検索エンジンを選択し、[既定値として設定][閉じる] の順にクリックします。

    使用する検索エンジンが一覧に表示されない場合は、ダイアログ ボックスの下部にある [追加の検索プロバイダーを検索] を選択し、画面の指示に従って新しい検索エンジンを追加します。


プロパティ

文書番号:10605 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 5

フィードバック