Internet Explorer 10 追加ソフトウェア ラインセンス条項

ご使用のバージョンのソフトウェアに適用されるライセンス条項については、以下をご覧ください。

Windows 8 および Windows RT 用の Internet Explorer 10 の場合、以下の追加マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項が適用されます。

Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じては、その関連会社以下、総称して「Microsoft」といいます) は、お客様に本追加ソフトウェアの使用を許諾するものとします。お客様が本追加ソフトウェアの対象となる Windows 8、Windows RT、または Windows Server 2012 ソフトウェア (以下「本ソフトウェア」といいます) を使用するためのライセンスを取得している場合は、本追加ソフトウェアを使用できます。お客様は、本ソフトウェアの正規にライセンスを取得した複製ごとに、本追加ソフトウェアの複製 1 部を使用できます。お客様が本ソフトウェアのライセンスを取得していない場合は、本追加ソフトウェアを使用することはできません。お客様による本追加ソフトウェアの使用には、本ソフトウェアのライセンス条項が適用されます。

Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の Internet Explorer 10 の場合、以下の追加ライセンス条項が適用されます。

Microsoft Corporation (またはお客様の所在地に応じては、その関連会社以下、総称して「Microsoft」といいます) は、お客様に本追加ソフトウェアの使用を許諾するものとします。お客様が本追加ソフトウェアの対象となる Windows 7 Service Pack 1 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 ソフトウェア (以下「本ソフトウェア」といいます) を使用するためのライセンスを取得している場合は、本追加ソフトウェアを使用できます。お客様が本ソフトウェアのライセンスを取得していない場合は、本追加ソフトウェアを使用することはできません。お客様は、本ソフトウェアの正規にライセンスを取得した複製ごとに、本追加ソフトウェアを使用できます。

以下のライセンス条項は、本追加ソフトウェアの追加使用条件について説明しています。本追加ソフトウェアの使用には、本追加ソフトウェア ライセンス条項と本ソフトウェアのライセンス条項が適用されます。両者の間に不一致がある場合は、本追加ライセンス条項が適用されます。

本追加ソフトウェアを使用することにより、お客様は本追加ライセンス条項に同意されたものとします。本追加ライセンス条項に同意されない場合、本追加ソフトウェアを使用することはできません。

インターネットベースのサービス。Microsoft は、本ソフトウェアと共にインターネット ベースのサービスを提供します。マイクロソフトは随時このサービスを変更または中止できるものとします。

インターネットベースのサービスに関する承諾。以下および「Internet Explorer 10 のプライバシーに関する声明」に記載されている本ソフトウェアの機能は、インターネットを介して Microsoft またはサービス プロバイダーのコンピューター システムに接続します。接続が行われる際、個別に通知されない場合もあります。お客様は、この機能を解除することや、この機能を使用しないようにすることもできます。これらの機能の詳細については、「Internet Explorer 10 のプライバシーに関する声明」を参照してください。この機能を使用することで、お客様はマイクロソフトがこれらの情報を収集することを承諾したものとなります。Microsoft がこの情報を利用してお客様個人を特定したり、お客様に連絡したりすることはありません。

  • 検索プロバイダーの更新。インストール後、本ソフトウェアはお客様のコンピューターに対して検索プロバイダーの更新されたデータをダウンロードします。この更新は、お客様のプロバイダーを新しいアイコンや検索候補といった最新の機能でアップグレードします。これは、1 回のみ行われる更新ですが、本ソフトウェアは本更新のダウンロードが正常に完了しない場合、更新を数回試みます。
プロパティ

文書番号:11540 - 最終更新日: 2016/06/22 - リビジョン: 1

フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)