マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項

Microsoft ムービー モーメント

本マイクロソフト ライセンス条項 (以下「本ライセンス条項」といいます) は、お客様と Microsoft Corporation (「以下「マイクロソフト」といいます) との契約を構成します。以下の条項を注意してお読みください。本ライセンス条項は、上記のソフトウェアおよびソフトウェアが記録された媒体 (以下総称して「本ソフトウェア」といいます) に適用されます。また、本ライセンス条項は、以下の本ソフトウェアに関連するマイクロソフト製品に、別途固有のライセンス条項が付属していない場合には、これらの製品にも適用されるものとします。

  • 更新プログラム
  • 追加物
  • インターネットベースのサービス
  • サポート サービス

なお、これらの製品に別途固有のライセンス条項が付属している場合には、当該ライセンス条項が適用されるものとします。

本ソフトウェアを使用することにより、お客様は本ライセンス条項に同意されたものとします。本ライセンス条項に同意されない場合、本ソフトウェアを使用することはできません。

以下に説明するように、一部の機能を使用することにより、インターネットベースのサービスにおけるお客様の情報を収集することにお客様が承諾されたものとします。

お客様が本ライセンス条項を遵守することを条件に、以下の永続的権利が許諾されます。

  1. インストールおよび使用に関する権利
    1. インストールと使用。お客様はソフトウェアの任意の数の複製をデバイスにインストールして使用することができます。
    2. 含まれるマイクロソフト製プログラム。本ソフトウェアには、他のマイクロソフト製プログラムも含まれています。お客様によるこれらのプログラムの使用には、本ライセンス条項が適用されます。
  2. 追加のライセンス条件および追加の使用権

    メディア要素およびテンプレート。お客様は、本ソフトウェアに含まれる写真、クリップアート、アニメーション、音声、音楽、シェープ、ビデオ クリップおよびテンプレートのうち、明示的に許諾されたものを、お客様が作成する文書またはプロジェクトで複製して使用することができます。お客様は、作成された文書およびプロジェクトを非商業目的に限り頒布することができます。上記以外の目的でメディア要素またはテンプレートの使用をご希望される場合、www.microsoft.com/permission (英語情報) を参照して、ご希望の使用方法が許可されているかをご確認ください。
  3. インターネットベースのサービス。マイクロソフトは、本ソフトウェアと共にインターネットベースのサービスを提供します。マイクロソフトは随時このサービスを変更または中止できるものとします。
    1. インターネットベースのサービスに関する承諾。以下に記載されているソフトウェア機能は、インターネットを介してマイクロソフトまたはサービス プロバイダーのコンピューター システムに接続します。接続が行われる際、個別に通知されない場合もあります。これらの機能は、無効にすることも、使用せずにおくこともできます。これらの機能の詳細については、Microsoft サポートの Web サイトを参照してください。この機能を使用することで、お客様はマイクロソフトがこれらの情報を収集することを承諾したものとなります。マイクロソフトがこの情報を利用してお客様個人を特定したり、お客様に連絡したりすることはありません。
      1. コンピューター情報。次の機能では、適切なシステムにコンピューター情報を送信するインターネット プロトコルが使用されます。これには、インターネット プロトコル アドレス、オペレーティング システムの種類、ブラウザー、使用中のソフトウェアの名前とバージョン、本ソフトウェアをインストールしたデバイスの言語コードなどがあります。マイクロソフトは、お客様にインターネットベースのサービスを提供するためにこれらの情報を利用します。
        1. Web コンテンツ機能。本ソフトウェアには、関連するコンテンツをマイクロソフトから取得し、お客様に提供する機能が含まれます。これらの機能の例としては、クリップ アート、テンプレート、オンライン トレーニング、オンライン アシスタンス、ヘルプ、および Appshelp が挙げられます。お客様は、これらの Web コンテンツ機能を使用しないことも選択できます。
      2. 情報の使用。マイクロソフトは、コンピューター情報を使用して、ソフトウェアを改善しサービスの向上を図ります。また、ハードウェア ベンダーやソフトウェア ベンダーなど、他の企業と情報を共有する場合があります。これらの第三者は、マイクロソフト製ソフトウェアと連携して動作する自社製品の改良のため、この情報を使用することがあります。
    2. インターネットベースのサービスの不正使用。このサービスは、サービスに危害を加えたり他者によるサービスの使用を妨げたりする可能性がある方法では使用できません。また、サービス、データ、アカウント、またはネットワークへの不正なアクセスを試みるためにこのサービスを使用することは一切禁じられています。
  4. ライセンスの適用範囲。本ソフトウェアは許諾されるものであり、販売されるものではありません。本ライセンス条項は、お客様に本ソフトウェアを使用する限定的な権利を付与します。Microsoft はその他の権利をすべて留保します。適用される法令により本ライセンス条項を超える権利が付与される場合を除き、お客様は本ライセンス条項で明示的に許可された方法でのみ本ソフトウェアを使用することができます。お客様は、本ソフトウェアに組み込まれた使用方法を制限する技術的制限に従うものとします。以下の行為は一切禁止されています。
    1. 本ソフトウェアのベンチマーク テスト結果の開示を第三者に対して、マイクロソフトからの書面による承諾を事前に得ることなく行うこと
    2. 本ソフトウェアの技術的な制限を回避する方法で利用すること
    3. 本ソフトウェアをリバース エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること
    4. 本ライセンス条項で規定された以上の数の本ソフトウェアの複製を作成すること
    5. 第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること
    6. 本ソフトウェアをレンタル、リース、または貸与すること
    7. 本ソフトウェアまたは本ライセンス条項を第三者に譲渡すること
    8. 本ソフトウェアを商用ホスティング サービスで使用すること
  5. バックアップ用複製。お客様は、本ソフトウェアのバックアップ用複製を 1 部作成することができます。お客様は、本ソフトウェアを再インストールするためにのみその複製を使用することができます。
  6. ドキュメント。お客様のコンピューターまたは内部ネットワークに正規にアクセスできる方は、内部的な参照目的に限り、ドキュメントを複製して使用することができます。
  7. 輸出規制。本ソフトウェアは、アメリカ合衆国および日本国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内法および国際法 (輸出対象国、エンドユーザーおよびエンドユーザーによる使用に関する制限を含みます) を遵守することに同意されたものとします。詳細については www.microsoft.com/japan/exporting をご参照ください。
  8. サポート サービス。本ソフトウェアは何ら保証のない現状有姿のまま瑕疵を問わない条件で提供されるため、サポート サービスは提供いたしません。
  9. 完全合意。本ライセンス条項、ならびに追加物、更新プログラム、インターネットベース サービス、およびサポート サービスに関する使用条件は、本ソフトウェアおよびサポート サービスについてのお客様とマイクロソフトとの間の完全なる合意です。
  10. 準拠法
    1. 米国。お客様が本ソフトウェアを米国内で入手された場合、抵触法の原則にかかわらず、本契約の解釈および契約違反への申し立ては、米国ワシントン州の法律を準拠法とします。消費者保護法、公正取引法、および違法行為を含みますがこれに限定されない他の主張については、お客様が所在する地域の法律に準拠します。
    2. 米国以外。お客様が本ソフトウェアを米国およびカナダ以外の国で入手した場合、入手した国の法律が適用されます。
  11. 法的効力。本ライセンス条項は、特定の法的な権利を規定するものです。お客様は、国によっては、その他の権利を有する場合があります。また、お客様が本ソフトウェアを取得された第三者に関する権利を有する場合もあります。本ライセンス条項は、お客様の国の法律がその法律に基づく権利の変更を許容しない場合、それらの権利を変更しないものとします。
  12. 免責本ソフトウェアは "現状有姿" でライセンス供与されます。お客様は、その使用に関するリスクを負うものとします。マイクロソフトは他の明示的な保証は一切いたしません。本ライセンス条項では変更できないお客様の地域の法律による追加の消費者の権利または法定保証が存在する場合があります。法律上許容される最大限において、商品性、特定目的に対する適合性、非侵害性に関する黙示の保証については一切責任を負いません。オーストラリア限定。お客様は、オーストラリア消費者法に基づく法定保証を有し、これらの条項は、それらの権利に影響を与えることを意図するものではありません。
  13. 救済手段および責任の制限および除外マイクロソフトおよびその供給者の責任は、700 円を上限とする直接損害に限定されます。その他の損害 (派生的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、および付随的損害を含みますがこれらに限定されません) に関しては、一切責任を負いません。

    この制限は、以下に適用されるものとします。

    • 本ソフトウェア、サービス、第三者のインターネットのサイト上のコンテンツ (コードを含みます) または第三者のプログラムに関連した事項

    • 契約違反、保証や条件の違反、厳格責任、過失、または不法行為の請求 (準拠法で許可されている範囲において)

    この制限は、マイクロソフトが損害の可能性を認識していたか、または認識し得た場合にも適用されます。上記の制限または除外は、一部の国では付随的、派生的、およびその他の損害の免責、または責任の制限を認めないため、適用されない場合があります。

プロパティ

文書番号:11574 - 最終更新日: 2016/06/22 - リビジョン: 1

フィードバック