Windows カタログ (Windows HCL) にないハードウェアに対するマイクロソフトのサポートについて

概要

Microsoft Windows カタログ (ハードウェア互換性リストまたは HCL) は、Windows で安定性と互換性について、広範囲にわたりテストされたコンピュータとコンピュータ ハードウェアをまとめたものです。Microsoft Product Support Services (PSS) は、特定のハードウェアの Windows オペレーティング システムでの使用がサポートされているかどうかを判断するために、このカタログを使用しています。


コンピュータに Windows をインストールする前に、Windows カタログを確認して、そのコンピュータが Windows 互換としてマイクロソフトにより認定されているかどうかを調べてください。Windows カタログは、次のマイクロソフト Web サイトで参照してください。
Windows でサポートされるハードウェアに関する関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
131303
最新の Windows 2000/Windows NT ハードウェア互換性リスト (HCL)
: Small Business Server は同じ HCL を使用します。
314062 最新の Windows XP ハードウェア互換性リスト

詳細

HCL に記載されていないハードウェア デバイスは、サポートされません。コンピュータが HCL 互換システムと見なされるためには HCL に記載されている必要があります。HCL に記載されているハードウェア (たとえば、適合システムのマザーボード、SCSI コントローラ、ビデオ アダプタ、およびネットワーク カード) で構成されるコンピュータであっても、コンピュータが HCL に記載されていない場合、そのコンピュータは HCL コンピュータとは見なされません。HCL に記載されていないデバイスを使用しているコンピュータは、HCL 適合システムと見なされません。特定のコンピュータが HCL に記載されている場合、HCL に記載されたどのようなデバイスの組み合わせでも搭載可能で、システム全体としてのテストが行われていなくても、サポートの対象となります。


マイクロソフトは、HCL に記載されていない機器に対するサポートの問題について、次のガイドラインとトラブルシューティング手順に従います。

手順 1 : ハードウェア構成の確認

  1. Microsoft Support 担当者がハードウェア構成を質問します。
  2. Windows HCL に記載されていないハードウェアはサポートされません。ただし、マイクロソフトではユーザーの要求に応じて、これらの問題のトラブルシューティングを支援します。マイクロソフトでは HCL に記載されていない機器に対する解決方法が見つかることを保証しません。マイクロソフト トラブルシューティング支援のサポート料金が適用されます。
  3. 有料のインシデントと見なすことにユーザーが同意する場合、サポート担当者は以下の手順 2 に進みます。非 HCL デバイスの場合、マイクロソフトは問題が解決されることを保証しません。
  4. 有料のインシデントと見なすことにユーザーが同意しない場合、サポート担当者は以下の手順 3 を行います。

手順 2 : トラブルシューティング

標準のトラブルシューティング処理によって、問題の原因を特定します。以下は Microsoft Support 担当者が使用するリソースおよび手順の例ですが、これらはユーザーも利用できます。
  • 「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    http://support.microsoft.com/support/
  • 問題が、サポートされているハードウェア デバイスで発生しているかどうかを判別します。
  • サポートされていない (または疑わしい) コンポーネント (アダプタ カードやビデオ カードなど) を取り外すことによって、ハードウェア構成、ドライバ構成、またはその両方をチェックします。サポートされていないシステムやマザーボードに関連して問題が発生している場合、この方法では対処できません。
トラブルシューティング中に原因が非 HCL デバイスであると特定できた場合、サポート担当者は以下の手順 3 を行い、問い合わせ (インシデント) を閉じます。


問題の解決策が見つからない場合、サポート担当者はその理由を説明し、以下のような選択肢を提案します。

  • 可能な場合は、マザーボード、アダプタ カード、またはその他のデバイスの製造元の電話番号および電子掲示板サービス (BBS)、または Web サイトの情報を提供して、ユーザーがトラブルシューティングや利用可能なサードパーティ ドライバの更新について問い合わせることができるように支援します。
  • ユーザーがハードウェアの製造元に Windows をシステムにインストールするか、または Windows が安定して動作するようにシステムを構成することを要求することを提案する場合もあります。
  • BIOS またはファームウェアの更新についての情報を提供します。更新に関する情報の一部は、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) でも提供しています。

手順 3 : その他のリソース

HCL に記載されていないハードウェアに関連した Windows の障害に関する Enterprise Customer Unit (ECU) ポリシーは、サポート担当者が該当の「サポート技術情報」トラブルシューティング ガイドの資料をユーザーに FAX で送信するというものです。
126690 [INFO]NT 4.0 セットアップ トラブルシューティング ガイド
139733 Windows NT 3.5x のセットアップに関するトラブルシューティング ガイド



別の方法として、サポート担当者は上記のファイルの場所や、それらをダウンロードできる場所 (マイクロソフト Web サイト、マイクロソフト FTP サーバー、マイクロソフト ダウンロード ライブラリ) についての情報を提供する場合もあります。ユーザーが手順 2 を選択しない (問題にインシデントを支払うことを希望しない) 場合、「サポート技術情報」のトラブルシューティング ドキュメントを使用して、課金なしで問題を解決しようとすることができます。ユーザーが手順 2 を実行した後で、有料のインシデントとして進めることに同意した場合でも、サポート担当者は Microsoft Consulting Line (800) 936-1565 をユーザーに紹介します。

サーバー停止またはデータ損失の問題

サポートされていないハードウェアで Windows オペレーティング システムのインストールまたはアップグレードをすると、オペレーティング システム機能の一部やデータが失われることがあります。前のオペレーティング システムがマイクロソフト オペレーティング システム (MS-DOS、Windows 3.1x、Windows 95、OS/2 1.3 など) であった場合、サポート担当者は、問題がオペレーティング システムに関連するものか、HCL に記載されていないハードウェアに関連するものかを判別します。問題がオペレーティング システムにある場合、サポート担当者はレポートを作成し、修正プログラムを提供するために問題を評価します。さらに、サポート担当者はシステムの回復を試行します。


問題がハードウェアの非互換性にある場合、ユーザーは、バックアップを使用して前のオペレーティング システムおよびデータを復元する必要があります。ユーザーがオペレーティング システムのバックアップを持っていない場合、サポート担当者は以前動作していたオペレーティング システムのインストールのみを支援します。これには、他のドライブのファイル構造、データやセキュリティ、またはその他のオペレーティング システム設定は含まれません。サポート担当者は、必要に応じて、ファイル構造 (データではありません) の復元、ドメイン設定 (ユーザー アカウント、信頼関係、共有、プリンタ、複製) の復元について、ユーザーに Microsoft Consulting Line を紹介します。


前のオペレーティング システムがマイクロソフト以外のオペレーティング システム (AIX 採用の Power PC システム、OS/2 または Macintosh オペレーティング システム) であった場合、マイクロソフトはユーザーのシステムの回復支援を行いません。マイクロソフト以外のオペレーティング システムの回復に利用できるサポートは、Microsoft Product Support Services には用意されていません。
プロパティ

文書番号:142865 - 最終更新日: 2008/05/13 - リビジョン: 1

フィードバック