[Xfor]: テストの SMTP 通信にポート 25 に telnet で接続

概要

この資料では、方法を実行するコンピューターのポート 25 に telnet する簡易メール転送プロトコル (SMTP) サービスの SMTP 通信の問題のトラブルシューティングについて説明します。エラー メッセージを含む、この資料の情報は、Microsoft Exchange Server を実行しているし、一般的なトラブルシューティングのためのものではありませんがサーバーとの SMTP 通信の問題を解決しようとしているときに発生する可能性のある問題にのみ適用されます。

発生している問題の適切なトラブルシューティングの手順に従います。たとえば、2 つの Exchange 2000 Server を実行しているサーバー間の SMTP 経由で電子メール メッセージを送信することに問題がある場合は、転送先サーバーでポート 25 に接続するのには送信側サーバーに Telnet を使用して SMTP 接続をテストできます。既定では、SMTP はポート 25 でリッスンします。または、インターネットから SMTP メールの受信に問題がある場合、次のインターネット上に存在していて、ネットワーク上にあるしないホストから SMTP サーバーに接続をテストするには、この資料に記載されている手順を実行します。

Note 注:この記事には、Exchange Server でメッセージの [接続のテストの情報のみについて説明します。Exchange Server に接続できない場合は、他の現象が発生しているエラー メッセージのマイクロソフト サポート技術情報を検索します。Exchange トランスポートに関する問題のトラブルシューティング方法の詳細については、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
257265の全般的な 2003 の Exchange 2000 server と Exchange Server のトランスポートの問題のトラブルシューティング

詳細

ストアには、マイクロソフトの製品ラインで SMTP のいくつかのバリエーションがあります。Option Pack に含まれていた、SMTP サービスでは、Windows NT Server 4.0 では、Windows の製品ラインには、インターネット インフォメーション サービス (IIS) に含まれている SMTP サービスが用意されています.最新のバージョンの Windows では、IIS がオペレーティング システムに統合されて、コントロール パネルの [プログラム追加と削除を使用して IIS を追加することができます。さらに、Exchange 2000 Server と Exchange Server 2003 は、その他の機能を IIS からの既存の SMTP サービスを使用します。Exchange 4.0 サーバー、Exchange 5.0 サーバー、および Exchange 5.5 サーバーは、インターネット メール コネクタ (IMC) またはインターネット メール サービス (IMS) の形式で SMTP の独自のバージョンが含まれます。

注: Exchange 5.0 サーバー以降のバージョンでは、インターネット メール コネクタ (IMC) をインターネット メール サービスと呼びます。

Telnet セッションを開始する前に、このテスト メッセージを送信する送信先ユーザーの完全な SMTP 電子メール アドレスが必要です。この電子メール アドレスは、次の形式である必要があります。
User@Site.Domain.com
完全修飾ドメイン名 (FQDN) または (たとえば、10.120.159.1) の SMTP サービスを実行しているサーバーの IP アドレスも必要です。サーバーが組織内にある場合は、この情報を既にがあります。サーバーが外部の場合は、この情報を検索する最も簡単な方法では、Nslookup.exe を使用してこの情報を含む DNS レコード (インターネットのメール エクスチェン ジャーのレコードとも呼ばれます) を検索します。
 
NSlookup の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

200525は、NSlookup.exe を使用します。

インターネットのメール エクスチェン ジャー レコードの取得の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

203204 [xfor]: インターネットのメール エクスチェン ジャー レコードを取得する方法


SMTP サービスを実行するサーバーで SMTP が開始されたことを確認します。SMTP が開始されたかどうかをテストするには、この資料に一覧表示され、リモート サーバーから 220 応答を受信ことを確認するための基本的なテストを実行できます。これは、SMTP が実行されていることも確認します。

Note 注:
  • 一部の Telnet アプリケーションでは、入力するコマンドを表示するローカル エコーをオンにする必要があります。これを行う Microsoft Telnet セッション中に、コマンド プロンプトでローカル エコーを使うの設定を入力します。
  • Windows XP でlocalecho を設定設定ローカル エコーを使うのではなくを入力します。

基本的なテスト

ホスト コンピューターとリモート SMTP サーバーが通信できることを確認するには、以下の手順を実行します。場合は次のエラー メッセージが表示されるは、次のコマンドのいずれかを入力した後、SMTP サーバーは入力を認識できないどのような構文エラーまたは正しくないコマンドがあるため。
500 コマンドを認識できません。
コマンドを確認してもう一度入力やマイクロソフトの SMTP サーバーに直接通信していることを確認します。

注: Microsoft Telnet を使用して、Backspace キーを使用することはできません。コマンドを入力するときにミスを行うと場合、は、enter キーを押してと新しいコマンドを開始し、必要があります。

次の手順では、コマンドラインから Telnet を実行します。
  1. コマンドラインを開くには、[スタート] ボタン、[実行] をクリックして、[開く] ボックスにcmdと入力し、し、[ OK] をクリックします。
  2. Telnet セッションを開始するには、次の形式で、Telnet コマンドを使用します。

    注: 各明細行を入力した後、Enter キーを押します。
    telnetサーバーポート番号
    たとえば、次のように入力します。
    mail.contoso.comの telnet 25
    Note 注: IP アドレスまたは FQDN への接続に使用する SMTP サーバーのサーバー名を置き換えることができます。コマンドごとに ENTER キーを押すことを忘れないでください。

    コマンドは、次の機能を次のような SMTP サーバーからの応答が表示されます。
    220  site.contoso.com  Microsoft Exchange Internet Mail Connector  <version number of the IMC> 
    注: マイクロソフトの SMTP サーバーまたはサード パーティ製の SMTP サーバーのバージョンが異なると、受信側のサーバーから別の回答を受信することがあります。重要な点は、220 応答で、サーバーの FQDN および SMTP のバージョンが表示されます。さらに、マイクロソフトの SMTP サーバーのすべてのバージョンには、220 応答で"Microsoft"という用語が含まれます。
  3. 通信を起動するには、次のコマンドを入力します。
    EHLO の存在
    Note Note HELO コマンドを使用することができますが、EHLO は SMTP の Microsoft が現在すべての実装でサポートされている拡張 SMTP 動詞のセット内に存在する動詞です。EHLO を使用することをお勧めは、拡張 SMTP 動詞に問題があることと思われる場合を除き、それは。

    コマンドが成功した場合は、次の応答が表示されます。

    250 OK 
  4. メッセージの送信者受信側の SMTP サーバーに通知する次のコマンドを入力します。

    メール:Admin@test.com
    注: このアドレスは、任意の SMTP アドレスにできますが、次の問題を考慮することをお勧めです。
    • いくつかの SMTP メール システムからのメールを基にメッセージにフィルターを適用: アドレスしの接続に特定の IP アドレスを許可していない場合または接続元の IP アドレスが SMTP メール システムが存在するドメインに一致しない場合、SMTP メール システムに電子メールを送信する IP アドレスを許可しない場合があります。この例では、そのドメインが存在します。
    • メッセージを送信するときに有効な電子メール アドレスを使用しない場合は、配信不能レポート (NDR) が無効な IP アドレスに到達できないために、メッセージが配信の問題をしたかどうかを判断できません。有効な電子メール アドレスを使用すると、SMTP サーバーから次の応答が表示されます。
      250 OK - MAIL FROM  Admin@test.com 
  5. アドレスに送信される電子メール メッセージを受信側の SMTP サーバーに通知する次のコマンドを入力します。

    注: 常にドメインに電子メールを送信することで有効な受信者の SMTP アドレスを使用することをお勧めします。たとえば、 john@domain.comに送信する場合する必要がありますそのjohn@domain.comがドメインに存在します。それ以外の場合、NDR が表示されます。



    次のコマンドと、電子メール メッセージを送信する SMTP アドレスを入力します。
    RCPT TO: User@Domain.Com

    次の応答が表示されます。
    250 OK - Recipient  User@ Domain.Com 
  6. データを送信する準備が完了している SMTP サーバーに通知する次のコマンドを入力します。
    データ


    次の応答が表示されます。
    354 Send data. End with CRLF.CRLF
  7. メッセージの 822 または 2822 セクションを入力する準備が整いました。ユーザーの受信トレイでメッセージのこの部分が表示されます。件名の行を追加するのには次のコマンドを入力します。
    件名:テスト メッセージ
    2 回 Enter キーを押します。このコマンドからの応答は表示されません。

    注: コマンドは、要求のコメント (RFC) 822 および 2822 に準拠する必要があります。822 コマンドの後に空白行とします。
  8. メッセージ本文のテキストを追加するのには次のコマンドを入力します。
    これは、このコマンドからの応答が表示されないはテスト メッセージです。
  9. 次の空白行にピリオド (.) を入力し、Enter キーを押します。次の応答が表示されます。
    250 OK 
  10. 次のコマンドを入力して、接続を閉じます。
    終了


    次の応答が表示されます。
    221 closing connection 
  11. 受信者が送信したメッセージを受信したことを確認します。アプリケーション イベント ログにエラー イベント メッセージが発生した場合、またはメッセージの受信に問題がある場合は、構成またはホストへの通信を確認してください。

高度なテスト

だけでなくこの資料に記載されている基本的なテスト手順、両方向でメールをテストするのには、配信済みメッセージを使用できます。このメソッドを使用すると、SMTP サーバーが着信接続を受け付けるし、SMTP サーバーの送信接続をテストするのには送信者に配信済みメッセージを生成できることを確認しています。

テスト メッセージの配信確認を要求するには、提供される情報は、配信済みメッセージを受け取ることができる有効な電子メール アドレスかどうかを確認するのには、「基本的なテスト」セクションの手順 5 を参照してください。手順 6「基本的なテスト」セクションで、Telnet セッションで次のコマンドを入力します。
RCPT TO:User@Site.Domain.Com通知 = 成功、失敗
プロパティ

文書番号:153119 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 1

Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition, Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 4.0 Standard Edition, Microsoft Internet Information Services 6.0

フィードバック