Windows XP 向けの Microsoft マルウェア対策サポート

サポート ライフサイクルのホーム ページに戻る
 

Microsoft は、2015 年 7 月 14 日まで Windows XP をご利用のお客様向けに、マルウェア対策の署名とエンジンに関する更新プログラムの提供を継続することを発表しました。企業のお客様については、Windows XP 上で稼働している System Center Endpoint Protection、Forefront Client Security、Forefront Endpoint Protection、Microsoft Intune が該当します。一般のお客様については、Microsoft Security Essentials が該当します。

  • これによって、Windows XP のサポート終了日が変更されることはありません。Windows XP のサポートは 2014 年 4 月 8 日に終了し、これ以降、新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、無料または有料の個別のサポート オプション、オンライン テクニカル コンテンツの更新プログラムは提供されません。
  • 2015 年 7 月 14 日まで Windows XP 向けのマルウェア対策製品の更新を継続することで、移行が完了していないお客様が、お使いの PC が侵害されたことを特定し、適切な措置を取れるようにします。
  • マルウェア対策の署名とエンジンに関する更新プログラムの提供が継続されますが、Windows XP を実行している PC が完全にセキュリティで保護されるとは限りません。 
    • セキュリティ更新プログラム (Microsoft セキュリティ情報 MS13-095 など) は、マルウェアによって悪用される可能性のある脆弱性に関する Windows XP の更新プログラムです。
    • マルウェア対策の署名は、マルウェアを特定するために使用される一連の特徴です。エンジンはこの署名を活用してファイルがマルウェアかどうかを判別し、ウイルスをブロックします。
    • マルウェア対策に関する更新プログラムによって Windows XP を実行している PC 上で特定のマルウェアを検出してブロックできますが、Windows XP のオペレーティング システムに潜む脆弱性は最新のセキュリティ更新プログラムによって修正されないため、同様の脆弱性を攻撃する新型のマルウェア攻撃が今後は検出されず、PC がマルウェアの影響を受ける可能性があることに注意することが重要です。
Windows XP を実行している PC は、エンジンに関するマルウェア対策の署名や更新プログラムがあったとしても、本当の意味で保護されていると見なさないようにしてください。現在サポートされているオペレーティング システムに移行して、悪意のある攻撃からコンピューターを保護するための定期的なセキュリティ更新プログラムを入手できるようにすることが重要です。最新のセキュリティ更新プログラムが適用されていない PC では、マルウェア対策製品の有効性が制限されます。

Windows XP からの移行を支援する詳細とリソースについては、Windows XP SP3 と Office 2003 のサポート終了のお知らせサイトをご覧ください。


このページに記載された情報は、「Microsoft ポリシー免責事項と変更に関する通知に準拠します。内容が変更される場合もありますので、このサイトを定期的に参照して確認してください。
 

プロパティ

文書番号:15344 - 最終更新日: 2016/07/26 - リビジョン: 1

フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)