Microsoft Online Services のサポート ライフサイクル ポリシー

サポート ライフサイクルのホーム ページに戻る
 

ビジネスおよび開発者向け Online Services

Online Services は、IT 環境に変更を実装するための新しい方法をお客様に提供します。これらの変更は早急に行われることが多く、クラウドベースのサービスに対する差し迫った変更についてお客様は警告を受ける必要があります。

Microsoft は、Online Services が本質的に動的なものであり、企業がすばやく対応できるようにすると同時に、サービスの予測可能性を確保するためにサポート ライフサイクル ポリシーが必要であることを認識しています。IT 組織が、オンプレミス ソフトウェアの標準のマイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシーを熟知していれば、オンライン ポリシーで提供されるサポート ライフサイクル エクスペリエンスが、Microsoft に期待したとおりの一貫性のある予測可能なものになっていることがわかるでしょう。

Microsoft Azure Cloud Services の追加ポリシーについて詳しくは、Microsoft Azure Cloud Services の FAQ をご覧ください。

ビジネスおよび開発者向けの Online Services サポート ライフサイクル ポリシー

ビジネスおよび開発者向けの Online Services ポリシーでは、次の 3 つの主要な機能を提供します。

サポートの可用性

  • Microsoft サポート サービスは、Online Service に関する Microsoft とお客様の契約期間中に利用できます。
通知

  • すべてのビジネスおよび開発者向けの Microsoft Online Services に関して、特に記載がない限り、Microsoft は、お客様が Online Services の通常運用の大幅な効率低下を回避するために措置を講じる必要がある場合に通知します。
サービスの継続性と移行

  • Microsoft は、無料のサービスまたはプレビュー サービスを除き、後継サービスを提供せずにビジネスおよび開発者向けの Online Services を終了する場合、少なくとも 12 か月前に通知します。


このページに記載された情報は、「Microsoft ポリシー免責事項と変更に関する通知に準拠します。内容が変更される場合もありますので、このサイトを定期的に参照して確認してください。
 

プロパティ

文書番号:17139 - 最終更新日: 2016/09/06 - リビジョン: 3

フィードバック