会議やセッションを終了する前に、必要なファイルをすべて保存するか、メールで送信しておくことは非常に重要です。 終了すると、プライバシーを保護して、次のユーザーが Surface Hub を使うことができるように、すべての内容が Surface Hub から完全に消去されます。

ホワイトボード ファイルを自分や会議の他の参加者に送信するには、ホワイトボードで メール ボタンを使います。

ホワイトボードで利用可能なメール ボタン

または、他のアプリを使っている場合、共有オプションを探します。

Microsoft Edge の共有ボタン

[共有] ウィンドウで [Surface Hub メール] を選択します。

ホワイトボードを共有するオプションが表示された [共有] ウィンドウ

ファイルは自動的にメッセージに添付され、会議開催者のメール アドレスが [宛先:] に含まれます。 他の任意のユーザーを追加し、[送信] を選びます。

メール メッセージを作成する

OneDrive アプリは、ファイルを保存するもう 1 つの方法です。 アプリを開いて (スタート

Start icon
[すべてのアプリ][OneDrive] の順に選択) サインインします。 OneDrive の中でファイルを保存する場所を選択し、チェック マークを選択します。

USB メモリ スティックにファイルを保存するには、Surface Hub タッチスクリーンでいずれかの USB ポートにスティックを挿入します。 その後、使っているアプリの [名前を付けて保存] オプションを使って、作業していたファイルを USB メモリ スティックに保存します。

Dropbox などのオンライン ストレージ サイズに保存されたファイルで作業している場合、これらの種類のファイルを保存する通常の方法で保存できます。

プロパティ

文書番号:17326 - 最終更新日: 2016/06/15 - リビジョン: 3

フィードバック