ワイヤレスで投影している図

ワイヤレスで投影する方法

ノート PC、タブレット、電話で Miracast がサポートされている場合、ケーブルを使わなくても接続して、デバイスの画面に表示された内容を Surface Hub で共有することができます。

ワイヤレスで接続する手順は、お使いのデバイスの種類によって異なります。Windows 8 以降を実行する PC を使っている場合、キーボードの Windows ロゴ キーを押しながら K キーを押し、投影先の Surface Hub を選びます。

別の種類のデバイスを使っている場合、そのデバイスの説明書に従ってください。方法がわからない場合、手順については製造元のサポート サイトを検索します (デバイスのメーカーやモデル、"Miracast"、"投影" を使って検索することをお勧めします)。

接続時に問題が発生した場合、ケーブルを使って映してみてください。

投影をやめる方法

投影をやめるには、デバイスにアクセスして接続を終了します。接続を終了する手順はデバイスによって異なりますが、Windows 8 以降を実行するノート PC またはタブレットを使っている場合、キーボードの Windows ロゴ キーを押しながら K キーを押して、[切断] を選びます。または、Surface Hub で作業する準備ができている場合、[終了] を選びます。デバイスが切断され、次のユーザーが使うことができるように Surface Hub 上の内容と他のデータがクリーンアップされます。作業していたファイルをメールで送信するか、保存しておくことは非常に重要です。詳しくは、「セッションを終了する」をご覧ください。

Skype 通話の参加者と画面を共有する方法については、「通話中に 画面を表示する (または表示をやめる)」をご覧ください。

プロパティ

文書番号:17335 - 最終更新日: 2016/06/15 - リビジョン: 3

フィードバック