Microsoft Security Essentials のシステム要件

新しい Windows には Windows Defender が付属

Windows 10Windows 8.1 、および Windows RT 8.1 には、Windows Defender によるマルウェア対策が組み込まれています。Microsoft Security Essentials は使用できませんが、Windows Defender があらかじめ含まれていて、すぐに使用できるようになっているため、Microsoft Security Essentials を使う必要はありません。ただし、旧バージョンの Windows を実行している PC については、Microsoft Security Essentials を使って、ウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアから保護することができます。ご家庭や小規模企業の PC をリアルタイムで保護できます。

Microsoft Security Essentials を実行するのに必要な最小システム要件

Microsoft Security Essentials は、無料で* 簡単にダウンロードして使用できます。実行するために必要なものは、次のとおりです。
  • オペレーティング システム: Windows Vista (Service Pack 1 または Service Pack 2)、Windows 7 
  • クロック速度 1.0 GHz 以上の CPU と 1 GB 以上の RAM を搭載した PC。
  • VGA ディスプレイ (800 × 600 以上)。
  • 200 MB の使用可能なハード ディスク領域。
  • Microsoft Security Essentials のインストールや、最新のウイルスとスパイウェアの定義のダウンロードには、インターネット接続が必要です。
  • インターネット ブラウザー:
    • Windows Internet Explorer 6.0 以降
    • Mozilla Firefox 2.0 以降


* ダウンロード中にインターネット アクセス料金がかかる場合があります。
プロパティ

文書番号:18268 - 最終更新日: 2016/09/14 - リビジョン: 2

フィードバック