5000 を超える番号の TCP ポートから接続しようとすると 'WSAENOBUFS (10055)' エラーが表示される

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明

現象

5000 を超える番号のポートを使用して TCP 接続を確立しようとすると、ローカル コンピュータが次の WSAENOBUFS (10055) エラー メッセージを返します。
システムのバッファ領域が不足しているか、またはキューがいっぱいなため、ソケット操作を実行できませんでした。

解決方法

警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

この資料の対象製品の一覧に記載されている製品では、一時的な TCP ポートの番号の最大値は、デフォルトでは 5000 に設定されています。これらの製品には新しいパラメータが追加されています。一時的なポートの番号の最大値を大きくするには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタを起動します。
  2. レジストリで次のサブキーを見つけて、[Parameters] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、次のレジストリ エントリを追加します。
    値の名前 : MaxUserPort

    値の種類 : DWORD

    値のデータ : 65534

    有効な範囲 : 5000-65534 (10 進数)

    デフォルト値 : 0x1388 (10 進数の 5000)

    説明 : このパラメータで、利用できる任意のユーザー ポートをプログラムがシステムに要求したときに、使用されるポート番号の最大値を変更できます。一時的な (短期) ポートには、通常 1024 ~ 5000 までの値が割り当てられます。
  4. レジストリ エディタを終了します。
: TCPTimedWaitDelay レジストリ パラメータを追加することによって、閉じられたポートが再使用されるまでの待機時間を決定します。


詳細

関連するトピックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
関連するトピックを参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
120642 Windows NT および Windows 2000 での TCP/IP および NBT の設定
314053 Windows XP での TCP/IP と NBT の構成パラメータ

x64 ベースの Microsoft Windows のテクニカル サポート

x64 ベースの Windows はハードウェアにインストールされて提供されるため、その技術サポートと支援はハードウェアの製造元から提供されます。ハードウェアの製造元は、ハードウェアの性能を最大限に活用するために、固有のデバイス ドライバやオプション設定など、独自のコンポーネントを使用してインストール環境をカスタマイズしている場合があります。x64 ベースの Windows に関する技術サポートが必要な場合、マイクロソフトではできる限りの支援を行います。しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。


Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
x64 ベースの Microsoft Windows Server 2003 の製品情報については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:196271 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック