AddUsers による大量のユーザーの自動作成

概要

Windows NT 用の Addusers.exe ツールは、カンマ区切りのテキスト ファイルを使って、ユーザー アカウントの作成、修正、および削除を行う 32 ビットの管理ユーティリティです。Addusers は、Microsoft Excel で作成したスプレッドシートなど、カンマ区切りファイルに変換可能なスプレッドシートに保存されている情報を使用する場合に役立ちます。アカウントを追加するには、対象となるコンピュータの Administrators グループのメンバでなければなりません。また、アカウントに書き込みを行うには、Users グループのメンバでなければなりません。

詳細

AddUsers コマンドは以下の構文を使用します。


AddUsers {/c|/d{:u}|/e}ファイル名[/s:x] [/?] [\\コンピュータ名|ドメイン名] [/p:{l|c|e|d}]
  • \\コンピュータ名 - ユーザー アカウントの作成または書き込みを行うコンピュータの名前。コンピュータ名 を指定しないと、AddUsers はローカル コンピュータをデフォルトで使用します。
  • ドメイン名 - コンピュータ名 の代わりに使用できます。このオプションを使用すると、Addusers は指定されたドメインの PDC を照会します。
  • /c - ファイル名 で指定されたユーザー アカウント、ローカル グループ、およびグローバル グループを作成します。
  • /d{:u} - ユーザー アカウント、ローカル グループ、およびグローバル グループを、指定されたファイルにダンプします。オプション スイッチの (:u) を使用すると、現在のアカウントが指定されたファイルに Unicode テキスト形式で書き込まれます。現在のユーザー アカウントのダンプを選択しても、そのアカウントのパスワードなど、セキュリティ情報は保存されません。アカウントのセキュリティ情報のバックアップを作成するには、テープ バックアップ ユーティリティを使用してください。
    : ユーザー アカウントのダンプではパスワード情報は保存されないので、同じファイルを使ってアカウントを作成すると、新しく作成されたアカウントのパスワードはすべて空になります。デフォルトの設定では、作成されたすべてのユーザーが、ログオン時にパスワードを変更する必要があります。
  • /e - ファイル名 で指定されたユーザー アカウントを削除します。
    注意 : 削除したユーザー アカウントを同じ SID で再作成することはできないので、削除する際には注意してください。また、このオプションを使って、ビルトイン アカウントを削除することはできません。
  • ファイル名 - AddUsers がデータとして使用するカンマ区切りの入出力ファイル。
  • /s:x - ファイル内のフィールド区切り文字を変更するオプション スイッチ。
    x のところにフィールド区切り文字として使用する文字を入力します。たとえば、/s:~ と入力すると、フィールド区切り文字は "~" (チルド) になります。このオプションを指定しないと、デフォルトの区切り文字であるカンマが使用されます。
  • /? - ヘルプ画面を表示します。
  • 『Windows NT 4.0 Resource Kit、Supplement 3』に収録されている新しいバージョンの Addusers.exe では、/p スイッチが追加されています。Windows NT で AddUsers.exe によって新しいユーザーを作成する際に、このスイッチを使って以下のオプションを指定できます。
  • /p: - アカウント作成オプションを指定します。以下のオプションを組み合わせて使用できます。


    • l - ユーザーが次回ログオン時にパスワードを変更する必要はありません。
    • c - ユーザーはパスワードを変更できません。
    • e - パスワードを無期限にします (l オプションとよく用いられる)。
    • d - アカウントを無効にします。

    例 : Addusers でユーザーとグループを作成する

    1. 対象となるコンピュータの Administrators グループのメンバとしてログオンします。
    2. 新しく作成するユーザーとグループを含むカンマ区切りのテキスト ファイルを作成します。以下に示すように、セクションのエントリ (行) ごとにセクション固有の構文を使用します。


      [Users]

      ユーザー名,フルネーム, パスワード, 説明, ホームドライブ, ホームパス, プロファイル, スクリプト

      [Global]

      グローバル グループ名, コメント, ユーザー名, ...


      [Local]

      ローカル グループ名, コメント, ユーザー名, ...


      [Local] および [Global] グループのエントリ (行) には、コメント フィールドの後に任意の数のユーザー名エントリを追加できます。各ユーザー名はそのグループに追加されます。各行の終わりにはカンマ (または適切な区切り文字) が必要です。AddUsers.exe の Resource Kit Tools ヘルプ ファイルに収録されているサンプルを以下に示します。


      [User]

      jimmy,James Edward Phillip II,,,,,,

      alex,Alex Denuur,,,E:\,E:\users\alex,,

      ron,Ron Jarook,hello,,E:\,E:\users\ron,,

      sarah,Sarah Selly,,,,,,

      mike,Mike Olarte,,,,,,


      [Global]

      TestTeam,Regression,ron,alex,

      DevTeam,Conversion to Sources,mike,sarah,jimmy,


      [Local]

      UsersAM,Users A through M,alex,jimmy,mike,

      UsersNZ,Users N through Z,ron,sarah,

    3. ファイルを保存します。
    4. ユーザー (およびグループ) の作成は、バッチ ファイルまたはコマンド ラインから実行できます。以下のコマンドによって、Users.txt という名前のテキスト ファイルに示されたユーザーとグループが作成されます。"/p" スイッチを使用すると、ユーザーの作成時に [パスワードを無期限にする] オプションが有効になります。



      ドメイン名を使用する場合、構文は以下のようになります。


    サンプル : Windows NT を実行しているコンピュータからユーザー アカウントとグループの一覧を作成する

    1. 対象となるコンピュータの Administrator グループのメンバとしてログオンします。
    2. コマンド プロンプトで、Addusers \\サーバー名/dファイル名.txt (サーバー名は、ドメイン コントローラ、メンバ サーバー、またはワークステーションの名前) と入力し、Enter キーを押します。
    適切なアクセス権があれば、管理者がほかのドメインからユーザーの一覧を作成することができます。この一覧は、ファイル名.txt というファイル名のテキスト ファイルとして作成されます。このファイルには、各ユーザーのプロファイル、ホーム ディレクトリ、スクリプトなどの情報も保存されます。NET USERS コマンドをを使用してアカウントの修正、削除、および作成を行うことも可能ですが、Addusers.exe の一部の機能は実行できません。


    バッチ ファイルを作成して自動的にユーザーを作成する方法については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
    180546 Automating Updates to Local Groups on Member Servers
    180546 [NT]メンバー サーバー上のローカル グループを自動更新

関連情報

AddUsers.exe ユーティリティと関連マニュアルは、『Windows NT 4.0 Resource Kit、Supplement 3』に収録されています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
199878 (最終更新日 2001-10-05) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:199878 - 最終更新日: 2003/08/20 - リビジョン: 1

フィードバック