スケジュールされたバックアップに追加のディスクを追加しようとすると、エラー メッセージ:「のファイル名、ディレクトリ名、またはボリューム ラベルの構文が正しくありません」

現象

Windows Server バックアップ スケジュール ウィザードを使用して、スケジュールされたバックアップに追加のディスクを追加しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

「ファイル名、ディレクトリ名、またはボリューム ラベルの構文が正しくありません」

原因

この問題は、以前に追加されたコピー先のディスクが現在サーバーに接続されていない場合に発生する可能性があります。ウィザードが完了すると、現在表示されているコピー先ディスクが検査されます。これらのディスクのいずれかが表示されない場合は、「SYMPTOMS」section. に記載されているエラー メッセージを受け取る

解決方法

この問題を解決するのには、次のオプションのいずれかを使用します。

メモ構成または日単位のバックアップ スケジュールを変更するには、Administrators グループのメンバーである必要があります。さらに、wbadmin コマンドは管理者特権を持つコマンド プロンプトから実行する必要があります。管理者特権を持つコマンド プロンプトを開くには、[スタート] ボタンをクリックしコマンド プロンプト] をマウスの右ボタンでクリックし、管理者として実行] をクリックします。

オプション 1

  1. 不明ディスクまたはディスクを再接続します。
  2. バックアップ先のディスクとして定義されているすべてのディスクをサーバーに接続していることを確認します。
  3. Windows Server バックアップ スケジュール ウィザードを使用して、スケジュールされたバックアップに追加のディスクを追加するのにはもう一度やり直してください。

メモオフサイト ストレージを使用している場合、または別の状況先のすべてのディスクを同時に接続されている場合は、オプション 3 を参照してください。

 

オプション 2

不足しているディスクが使用できない場合は、受け側ディスクとして、バックアップ ウィザードから削除します。

メモ削除しようとすると、不足しているディスクがバックアップのスケジュールで定義されている唯一のコピー先のディスクの場合は、次のエラー メッセージが表示されます。この問題が発生した場合は、停止バックアップ] をクリックします。、し、新しいバックアップ スケジュールを作成します。

"エラー: 別の記憶域の宛先を追加またはスケジュールしたバックアップを停止しない限り、このバックアップ ストレージのコピー先を削除することはできません。スケジュールのバックアップには、少なくとも 1 つのバックアップ用記憶宛先が必要です。

スケジュールされたバックアップから受け側ディスクを削除するのには、次の手順を実行します。 

  1. Windows Server バックアップ] スナップインで、[バックアップのスケジュール] をクリックします
  2. 変更のバックアップ をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. バックアップの構成 は変更されず、設定のままにし、[次へ] をクリックします。
  4. 未変更の設定 のバックアップ時間 のままにし、[次へ] をクリックします。
  5. 送信先の種類 は変更されず、設定のままにして 、[次へ] をクリックします。
  6. 現在のバックアップ先を削除] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. なくなった添付されているバックアップ先を選択し、[次へ] をクリックします。
    メモ通常、ディスク名"(Disk offline) あります"。
  8. 構成が正しいことを確認し、[完了] をクリックします。

オプション 3

実行することによって、バックアップのスケジュールに新しいディスクを追加、wbadmin は、管理者特権を持つコマンド プロンプトからコマンド。

  1. 新しいディスクのディスク ID を確認するには、管理者特権を持つのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
    wbadmin get ディスク
  2. 出力に基づき、スケジュールされたバックアップを追加するディスクを検索します。ディスクの識別子をメモします。出力は次のようになります。
    ディスク名: xxxxxxxxxxx
    ディスク番号: x
    ディスク識別子: {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
    総容量: xxx.xx GB
    使用領域: xxx.xx GB
  3. スケジュールされたバックアップを新しいディスクを追加するのには、次のコマンドを実行します。使用できません。 He ディスク識別子前の手順からとして、"AddTarget"パラメーターです。
    WBADMIN を有効にするバックアップ - addtarget: {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
  4. 次のプロンプトが表示されたら、Y は、「Yes」と入力します。

「しないスケジュールされたバックアップに上記の設定を有効にしますか?」

詳細

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
何の新機能を Windows Server バックアップでは、Windows Server 2008 R2
Webadmin
プロパティ

文書番号:2009365 - 最終更新日: 2010/02/24 - リビジョン: 1

フィードバック