Windows Vista または Windows XP を Windows 7 にアップグレードする際に必要な事前準備

適用対象: Windows Vista Home PremiumWindows Vista BusinessWindows Vista Enterprise 詳細

はじめに


この資料では Microsoft Windows Vista またはMicrosoft Windows XP から Windows 7 にアップグレードする際に必要な事前準備、アップグレード前の必須チェック項目の確認方法推奨実行項目の実行方法について説明します。

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューターユーザーを対象にしています。


アップグレード前の必須チェック項目


Windows 7 にアップグレードする前の準備として、以下の 2 つの必須チェック項目を順番に確認する必要があります。
  1. お使いのコンピューターおよび周辺機器、ソフトウェアなどの Windows 7 対応状況
  2. お使いのコンピューターの空き容量

2 つの項目を確認する方法として、Windows 7 Upgrade Advisor を使用して必須チェック項目を確認する方法と、手動で必須チェック項目を確認する方法があります。いずれか 1 つの方法を実行してください。


Windows 7 Upgrade Advisor を使用して必須チェック項目を確認する方法

Windows 7 Upgrade Advisor (無料) を使用すると、Windows 7 にアップグレードする前の準備として必要な 2 つの必須チェック項目の確認を自動で行うことができます。また、対処すべきことを一度に確認できます。

Windows 7 Upgrade Advisor を使用してアップグレード前の必須項目のチェックを行うには、以下を参照してください。



手動で必須チェック項目を確認する方法

Windows 7 にアップグレードする前の準備として必要な 2 つの必須チェック項目の確認を手動で行うには、以下を参照してください。

手順 1 : お使いのコンピューターおよび周辺機器、ソフトウェアなどの Windows 7 対応状況を確認する
お使いのコンピューターの Windows 7 への対応状況を確認するには、以下を参照してください。
なお、以下のリンクにあるコンピューターの製造元サイトでは、お使いのコンピューターだけでなく、コンピューターに搭載されている周辺機器、および、付属されているソフトウェアの対応状況も掲載されています。
Windows 7 対応製品を調べよう !! -パソコン本体
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/pc.aspx

お客様自身でコンピューターに追加した周辺機器やソフトウェアを Windows 7 にアップグレード後も使用する場合は、それらの製品についても、Windows 7 対応状況を確認する必要があります。各種周辺機器およびソフトウェアの対応状況を確認するには、以下を参照してください。


ネットワーク回線、またはインターネット サービス プロバイダ (ISP) の対応状況を確認するには、以下を参照してください。
ネットワーク回線/インターネット サービス プロバイダ (ISP) 各社による対応情報
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/compatibility/isp.aspx

※上記それぞれのリンクに情報がない場合は、別途製造元にお問い合わせください。


手順 2 : お使いのコンピューターの空き容量を確認する
Windows 7 にアップグレードするには以下のディスク容量が必要です。お使いのコンピューターに十分な空きディスク領域があることを確認してください。
32 ビット版の場合 : 16 GB
64 ビット版の場合 : 20 GB

お使いのコンピューターが 32 ビット版と 64 ビット版のどちらが必要かを確認する方法は、以下を参照してください。
958406 自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したい

ハード ディスクの空き容量を確認するには以下の手順を実行してください。

Windows Vista
の場合 :
  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタン をクリックし、[コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク ドライブ] 一覧の Windows 7 をインストールしたいドライブ名称の下の [空き領域] を確認します。
Windows XP の場合 :
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[マイコンピューター] をクリックします。
  2. Windows 7 をインストールしたいドライブをクリックします。
  3. 左ペインの [詳細] の [空き領域] を確認します。


お使いのコンピューターの空き容量が足りない場合は、以下を参考にして、不要なデータおよびソフトウェアの削除、または、新たにハード ディスクを追加して空き容量を増やしてください。
Windows Vista の場合 :
ディスク クリーンアップを使用してファイルを削除する
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-vista/Delete-files-using-Disk-Cleanup

Windows XP の場合 :
882793  ハード ディスクの空き容量を増やしてみよう



アップグレード前の推奨実行項目


より安全に Windows 7 にアップグレードするには、アップグレード前の準備として以下の項目を実行してください。


1 : 重要なデータを CD、DVD、USB メモリ、または外付け HDD などの外部メディアにバックアップをする
重要なデータをバックアップすることで、必要なファイルの損失を防ぐことができます。データのバックアップについては、以下を参照してください。
Windows Vista の場合 :
ファイルを個別にバックアップする (Windows Vista 編)
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade07.mspx

Windows XP の場合 :
ファイルを個別にバックアップする (Windows XP 編)
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade08.mspx


2 : マウスとキーボード以外の周辺機器を取り外す

お使いのコンピューターに周辺機器が接続または動作している状態でそのまま Windows 7 にアップグレードすると、エラーが発生する可能性が高くなります。
マウスやキーボードなど、インストールに必要なもの以外の周辺機器をすべてコンピューターから取り外してください。


3 : サードパーティ製のウイルス対策ソフトまたはセキュリティ対策ソフトをいったん無効にする、もしくはアンインストールする

コンピューターを保護するウイルス対策ソフトまたはセキュリティ対策ソフトが動作している状態で Windows 7 にアップグレードすると、アップグレードに長い時間がかかったり、問題が発生する可能性が高くなります。
アップグレードを行う前に、お使いのウイルス対策ソフトまたはセキュリティ対策ソフトのマニュアルに書かれている操作手順を参考に [無効]、または [停止] させるか、アンインストールしてください。
なお、Windows 7 にアップグレード後、必ずウイルス対策ソフトまたはセキュリティ対策ソフトをインストールまたは有効にしてください。

お使いのソフトウェアのマニュアルに書かれている操作手順を参考にしてもアンインストールができない場合は、以下の手順を実行することでアンインストールができる場合があります。

Windows Vista の場合 :
  1. [スタート] ボタン[スタート] ボタン をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [名前] ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押します。[ユーザーアカウント制御] 画面が表示された場合は [続行] ボタンをクリックします。

  3. [システム構成] 画面の [サービス] タブをクリックし、[Microsoft のサービスをすべて隠す] のチェック ボックスをオンにして、 [すべて無効] ボタンをクリックします。

  4. [スタートアップ] タブをクリックし、 [すべて無効にする] ボタンをクリックして、 [OK] をクリックします。

  5. 再起動を促されますので、 [再起動] ボタンをクリックしてコンピューターを再起動します。

  6. 再起動後、[システム構成] 画面が表示されますので、[Windows の開始時にこのメッセージを表示しない] のチェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。


Windows XP の場合 :
  1. [スタート] ボタン をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

  2. [名前] ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押します。

  3. [システム構成ユーティリティ] 画面の [サービス] タブをクリックし、[Microsoft のサービスをすべて隠す] のチェック ボックスをオンにして、[すべて無効] ボタンをクリックします。

  4. [スタートアップ] タブをクリックし、[すべて無効にする] ボタンをクリックして、[OK] をクリックします。

  5. [システム構成の変更を有効にするには、再起動する必要があります。]の画面が表示されます。[再起動] ボタンをクリックしてコンピューターを再起動します。

  6. 再起動後、[システム構成ユーティリティ] 画面が表示されます。[Windows 開始時にこのメッセージを表示しない、またはシステム構成ユーティリティを起動しない] のチェック ボックスをオンにして、[OK] をクリックします。

関連情報


Windows 7 をアップグレード (上書きインストール) するには、以下を参照してください。
Windows 7 をアップグレード (上書きインストール) する
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade02.mspx

なお、Windows XP からのアップグレードでは、「新規インストール (カスタム) 」 のみ使用可能です。
Windows 7 を新規インストール (カスタム) するには、以下を参照してください。
Windows 7 を新規インストール (カスタム) する
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade03.mspx

Windows 7 のシステム要件については、以下を参照してください。