Office 2010 の製品版の Office ライセンス認証ウィザードおよび機能制限モードに関してよく寄せられる質問

適用対象: Office Professional 2010Office Standard 2010Office Home and Business 2010 詳細

はじめに


この資料では、Microsoft Office ライセンス認証ウィザードに関してよく寄せられる質問の一部を掲載します。 この資料は、Office 2010 スイートまたはプログラムの製品版にのみ関連しています。

: Office 2010 ボリューム ライセンス スイートおよびプログラムには現在、アクティブ化が必要です。 Office 2010 でのボリューム ライセンスのアクティブ化に関する詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Microsoft Office 2010 の製品版スイートには、ライセンス認証ウィザードが含まれています。製品版の Office 2010 スイートまたはプログラムの全機能を使用するには、ライセンス認証を受ける必要があります。製品をインストールしてもライセンス認証を行わない場合、Office 2010 プログラムは機能制限モードでのみ起動します。 機能制限モードの Office 2010 プログラムでは、ビューアーと同じような機能しか使用できません。つまり、ドキュメントへの変更を保存したり、新しいドキュメントを作成したりすることはできません。他の機能が制限されることもあります。 製品が機能制限モードで動作していても、既存の Office 2010 ファイルが破損することはありません。

詳細


Q1: ライセンス認証について

A1: マイクロソフトでは、正規のマイクロソフト製品を使用してインストールが実行されたことを確認するため、製品のライセンス認証を受けるようお願いしています。ライセンス認証は、製品が正規にライセンスを受けたことを確認するための不正コピー防止技術です。製品をライセンス認証しても、マイクロソフトに個人情報が送信されることはありません。

Q2: Office 2010 スイートまたはプログラムの製品版のライセンス認証を受ける必要のあるユーザーを教えてください。

A2: ライセンス認証は、販売店で購入したすべてのライセンスについて必要です。新しいコンピューターをコンピューターの製造元から購入した場合、そのコンピューターにインストールされているマイクロソフト ソフトウェアもライセンス認証を受けることが必要な場合があります。ただし、コンピューターの製造元によっては、出荷前にマイクロソフト ソフトウェアのライセンス認証を行っている場合があります。

Q3: ライセンス認証のしくみについて

A3: ライセンス認証では、プロダクト キーが、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項で認められた台数以上のパーソナル コンピューターで使用されていないことを確認します。製品のライセンス認証は、インターネット経由または電話で行うことができます。電話を使用して製品のライセンス認証を行う場合は、インストール ID コードを通知してください。それに対し、確認 ID 番号が通知されます。電話によるライセンス認証はマイクロソフトの顧客サービス担当者によって行われ、数分程度で完了します。インターネット経由でライセンス認証を行う場合は、自動的に処理が実行されます。入力が必要な情報は、国/地域のみです。

: 製品試用プログラム版のライセンス認証は、インターネット経由でのみ行うことができます。

Q4: ライセンス認証の実行方法

A4: Office ライセンス認証ウィザードは、次の 2 つの方法でアクセスできます。

  • ライセンス認証を受けていない Office プログラムを起動すると、Office ライセンス認証ウィザードが表示されます。
  • Office 2010 プログラムで、[ファイル] メニューの [ヘルプ] をクリックし、[ライセンス認証] をクリックします。
Q5: ライセンス認証で何が行われるのか教えてください。

A5: ライセンス認証の実行中、Office ライセンス認証ウィザードでは、ライセンス認証時のコンピューターの構成を表すハードウェア ID が作成されます。このハードウェア ID は一意ではありません。ハードウェア ID には、個人情報、コンピューターにインストールされているソフトウェアやデータに関する情報、コンピューターの製造元やモデルに関する情報などは含まれていません。ハードウェア ID は、コンピューターの識別のみに使用されます。また、コンピューターの識別に使用されるのは、ライセンス認証の実行中のみです。

マイクロソフトに製品を登録する場合は、ライセンス認証時に個人の連絡先情報を入力することもできます。

Office ライセンス認証ウィザードでは、コンピューターの構成の変更が検出され、許容されます。ハードウェアの一部をアップグレードしても、再度ライセンス認証を行う必要はありません。ただし、時間の経過と共にコンピューターの構成が大きく変更された場合は、再度製品のライセンス認証を行うことが必要な場合があります。

Q6: ライセンス認証におけるユーザーのプライバシーの保護

A6: マイクロソフトでは、ユーザーの個人情報を重視し、保護しています。製品を登録していない場合は、ライセンス認証中に収集された情報が個人を特定するために使用されることはありません。

マイクロソフトのプライバシー ポリシーは、状況に応じて次のいずれかの方法で表示できます。

Office 2010 プログラムの場合

  1. Office 2010 プログラムを起動します。
  2. [ファイル] をクリックし、[オプション] をクリックします。
  3. 左側のウィンドウで、[セキュリティ センター] をクリックし、次のいずれかをクリックします。
    • Microsoft アプリケーションのプライバシーに関する声明を表示する
    • Office.com のプライバシーに関する声明

Q7: ライセンス認証と登録の違いを教えてください。

A7: ライセンス認証は製品の登録とは異なります。ライセンス認証時に名前と連絡先情報を入力して、製品を自主的に登録できます。製品の更新、サービス リリース、キャンペーンなどの情報の提供を受ける場合は、製品を登録してください。

Q8: 製品がライセンス認証済みであるかどうかを確認する方法

A8 : 製品のライセンス認証が完了していると、Office ライセンス認証ウィザードは起動しません。ライセンス認証済みの場合に、ライセンス認証ウィザードを実行すると、次のメッセージが表示されます。

このアプリケーションは、既にライセンス認証手続きが完了しています。


Q9: ライセンス認証を受けない場合の製品の動作について


A9: いいえ。プログラムの機能をすべて使用し、プログラムの起動回数が上限に達すると、製品は機能制限モードで実行されます。

Q10: 機能制限モードについて

A10: 機能制限モードでは、ビューアーと同じような機能しか使用できません。プログラムが機能制限モードで実行されている場合、多くのコマンドが利用不可 (淡色表示されて選択不可) になり、これらの機能は使用できません。機能制限モードには、主に次の制限事項があります。
  • 新規ドキュメントを作成できません。
  • 既存のドキュメントを表示できますが、編集することはできません。

ドキュメントを印刷できますが、保存することはできません。既存の Office ファイルが破損することはありません。また、機能制限モードで実行されている Office は簡単に停止できます。これを行うには、画面に表示される指示に従います。

Q11: ライセンス認証に関する情報を更新する方法について教えてください。

A11: Office ライセンス認証ウィザードからマイクロソフトに提供する情報の正確さを保つために、随時マイクロソフトに連絡して、情報の確認および更新を行えます。一部の Office 製品では、Office ライセンス認証ウィザードを使用し、インターネット経由または電話で情報の確認および更新を行うことができます。これらの方法を使用できない場合は、変更の内容とプロダクト ID を下記の住所に送付して、提供済みの情報を更新または変更できます。

Microsoft
Attn: マイクロソフト ライセンス認証の事実
One Microsoft Way
Redmond, Washington 98052-6399

マイクロソフトではユーザーの情報を更新して、変更を反映します。マイクロソフトがライセンス認証の記録を正確に識別できるように、プロダクト ID を必ずお送りください。

: プロダクト ID を確認するには、Office 2010 プログラムの [ファイル] と [ヘルプ] をクリックします。

Q12: 製品のライセンス認証に関するメッセージが表示される理由について

A12: Office 製品のライセンス認証が完了していない場合は、プログラムを起動するたびにライセンス認証を求めるメッセージが表示されます。

このメッセージは、製品のライセンス認証を行う必要があり、ライセンス認証プロセスを完了しないと、プログラムが機能制限モードで実行されるようになることをユーザーに通知、確認しています。

Q13: 製品ライセンスの種類について

A13: ライセンスには、以下の種類があります。

  • 永続ライセンス
  • サブスクリプション ライセンス
  • 製品試用プログラム ライセンス

Q14: 永続ライセンスについて

A14: 永続ライセンスでは、製品を所有している限り、Office 2010 プログラムを使用できます。関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

828958 Office プログラムでライセンス認証を行う方法


Q15: サブスクリプション ライセンスとは何ですか。

A15: サブスクリプション ライセンスでは、定められた期間 Office 2010 プログラムを使用できます。

Q16: 製品試用プログラム ライセンスとは何ですか。

A16: 製品試用プログラム ライセンスでは、Office 2010 製品を 1 か月間試用できます。

Q17: ライセンス認証をスキップできる回数

A17: 製品試用プログラム ライセンスの製品の場合、Office プログラムを初めて起動すると、機能制限モードで実行されます。永続ライセンスの製品の場合、製品のライセンス認証を 30 日間スキップできます。割り当てられたプログラム起動回数以内に製品のライセンス認証を行わないと、Office 2010 プログラムは機能制限モードで実行されます。

Q18: 1 つの使用許諾契約で実行できるインストールの回数を教えてください。製品をポータブル コンピューターとデスクトップ コンピューターにインストールすることはできますか。製品を再インストールした場合にライセンス認証を受けることができる回数を教えてください。

A18: これらの質問とその他のライセンス認証ポリシーに関する質問に対する回答を入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/japan/piracy/mpa.mspx

ライセンス認証、およびマイクロソフトのライセンス認証に関してよく寄せられるその他の質問については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://www.microsoft.com/japan/piracy/mpa.mspx

http://www.microsoft.com/piracy/activation_faq.mspx