Microsoft Excel でファイルを開いたり保存したりするとエラー メッセージ "ファイル名は無効です" が表示される


エラーメッセージ


Microsoft Excel でファイルを開いたり保存したりすると、次のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。



エラー メッセージ 1
ファイル名は無効です。

エラー メッセージ 2
ファイルにアクセスできませんでした。

エラー メッセージ 3
入力されたパス '<filename>' は長すぎます。 パスを短くしてください。

エラー メッセージ 4
<Filename> が見つかりません。ファイル名およびファイルの保存場所が正しいかどうか確認してください。

エラー メッセージ 5

Microsoft Office Excel 2007 では、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

'<Filename>.<extension>' が見つかりません。ファイル名およびファイルの保存場所が正しいかどうか確認してください。最近使用したファイルの一覧からファイルを開こうとしている場合は、そのファイルの名前が変更されていないこと、移動または削除されていないことを確認してください。

Excel 2007 で表示されるエラー メッセージを確認するには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら I キーを押します。エラー メッセージのダイアログ ボックスの右下隅に、次の番号が表示されます。

100202
: Microsoft Office 2000 には、トラブルシューティングが困難な警告メッセージやエラー メッセージに関する情報を入手するための機能が組み込まれています。Microsoft Office 2000 でこれらのエラー メッセージに対する機能を有効にするには、次の「Microsoft ダウンロード センター」Web サイトから Microsoft Office 2000 Customizable Alerts ファイルをダウンロードしてください。

: エラー メッセージの [Web Info] ボタンをクリックしてこの資料が表示された場合、Customizable Alerts は既に有効になっています。Microsoft Office 2000 Customizable Alerts を使用する方法の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

原因


このエラー メッセージは、ファイルを開いたり保存したりするときに、ファイル名を含むファイルのパスが 218 文字を超えている場合に発生します。この制限には、ドライブを表す 3 文字、フォルダ名の文字、フォルダ間の円記号 (\)、およびファイル名の文字が含まれます。



この動作は、Excel で他のファイルへのリンクを作成する場合の 256 文字の制限に基づいています。パス名の文字数は、以下のものに基づいて 218 文字に制限されています。

  • 最大 31 文字のシート名
  • ブック名を表すために使用されるアポストロフィおよびかっこ

  • 感嘆符
  • セル参照
たとえば、ファイルのパスは、次のように表されます。


'c:\excel\personal\...\[my workbook.xls]up_to_31_char_sheetname'!$A$1

: この動作は、パスに角かっこが含まれている場合も発生します。

対処方法


ファイルのパスは、218 文字以下になるようにしてください。このためには、次のいずれかの方法を使用します。

  • ファイルの名前を、短い名前に変更する。

  • ファイルが格納されている 1 つまたは複数のフォルダの名前を、短い名前に変更する。

  • パス名が短くなるフォルダに、ファイルを移動する。

詳細


[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイル名] ボックスに 255 文字を入力して [OK] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されます。

入力されたパス '<path> ' は長すぎます。 パスを短くしてください。
また、ファイルを保存するときにパスが 255 文字を超えていると、次のエラー メッセージが表示されます。

ファイルにアクセスできませんでした。次のいずれかを行ってみてください。



・ 指定したフォルダがあることを確認します。
・ ファイルを含むフォルダが読み取り専用になっていないことを確認します。


・ 指定したファイルの名前に次のいずれかの文字も含まれていないことを確認します : < > ? [ ] : | *
・ ファイル名およびパス名が半角で 218 文字より長くないことを確認します。