[バランス] 電源プランを使用して Windows サーバーのパフォーマンスが低下します。


現象


場合によってはデフォルト (バランス) の電源プランで実行されている場合、Windows Server 2008 R2 またはそれ以降のコンピューターの全体的なパフォーマンスの低下が発生する可能性があります。問題はプラットフォームに関係なく発生する可能性があり、ネイティブと仮想の両方の環境で発生する可能性があります。パフォーマンスの低下はいくつかのタスクの平均応答時間が長くなるし、CPU 集中型のアプリケーションでパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。


単純な操作の実行中にパフォーマンスの問題が気付かないことに注意してください。ただし、集中的にリソース (主にプロセッサおよびメモリ) を使用するアプリケーションやスクリプトによって、問題が発生する可能性があります。詳細については「詳細を参照してください。
 

原因


この問題は、電源オプションの設定は、バランスに設定されている場合に発生する可能性があります。デフォルトで、Windows Server 2008 R2 または以降で、 (推奨)、バランス電源プラン、電力の節約によって、現在の CPU 使用率に基づいてプロセッサのパフォーマンスを拡張できます。

解決策


Option 1:  Recommended

この問題は、プロセッサとオペレーティング システムしない P 状態を調整して、必要に応じてに、コアの駐車場をオフにするとの間の相互作用につながっています。 この問題を解決するのにはハードウェアとオペレーティング システムの更新の両方が必要です。

  1. システム BIOS を最新のリビジョンに更新します。 モデルの特定の推奨事項についてハードウェアの製造元を参照してください。
  2. オペレーティング システムの適切な修正プログラムが適用されます。
    • Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 の単位として修正プログラムを適用します。http://support.microsoft.com/?id=2534356.
    • Windows Server 2008 には、オプション 2 を参照します。
  3. 更新を適用、適切な CPU-の AMD FX の AMD Opteron 4200/4300、AMD Opteron 6200/6300、および AMD Opteron ブルドーザーhttp://support.microsoft.com/?id=2645594

オプション 2:

パフォーマンス低下の問題を回避するには、高パフォーマンス電源プランに切り替えることができます。 ただし、これはパフォーマンスの動的なプラットフォームのスケーリングを無効になります。環境によってプラットフォームが常に、負荷が大きい場合、これは、実用的なソリューションです。 ほとんどの場合、ただし、一日の作業負荷の変化、したがって、電源プランをバランスに設定のままにするのにはお勧めし、プロセッサの電源管理、プロセッサの処理能力で説明したように、バランス電源プラン内の適切な設定を評価ここにある Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の紙で管理します。

 http://www.microsoft.com/whdc/system/pnppwr/powermgmt/procpowermgmtwin7.mspx

重要: 今日の最新のプロセッサは、パフォーマンスとシステムの現在の利用状況に基づく電力消費の拡大・縮小を有効にします。 さまざまなワークロード要件に対応するハードウェアとプラットフォームのファームウェアと連携して、さまざまなパフォーマンスの状態は Windows によって管理される動的にします。Windows によって公開されている 3 つの既定の電源プランでは、電力消費とパフォーマンスのさまざまなトレードオフを提供します。 などの高パフォーマンス電源プランを選択すると、Windows は最高のパフォーマンス状態でシステムを配置し、作業負荷のレベルを変化させることへの応答としてのパフォーマンスの動的な拡張を無効にします。 したがって、特別な注意してくださいこのことができますが大きくなると電力消費量不必要にシステムを活用すると、高パフォーマンス電源プランを設定する前にします。

選択が Windows Server 2008 R2 の、既定の電源プランを変更しましたか、後でパフォーマンスを最大化し、エネルギーを節約する 3 つの電源プランが用意されています: (推奨) のバランス、高パフォーマンス省電力です。

 
電源プランを変更するには。


1を起動し、[コントロール パネルをクリックします。
2.コントロール パネル] の下に表示されている項目の一覧の[電源オプションの電源プランの選択] ページに戻りますをクリックします。場合は電源オプションが表示されない場合は、コントロール パネルの検索ボックスに単語 'パワー' を入力し、電源プランを選択します。
3。 既定では、電源プランを変更するオプションは無効になります。これを有効にするには、現在利用されている設定の変更] をクリックします。
4.高パフォーマンスのオプションを選択します。
5.電源オプション] ウィンドウを閉じます。

詳細


プロセッサ パフォーマンス状態 (「P 状態」) の間で非常に短時間に合わせて変更需要、必要に応じてパフォーマンスを提供することにし、保存可能な場合に電源供給します。サーバーに特定の高パフォーマンスや電力消費の最小要件がある場合は、最小または最大プロセッサ パフォーマンス状態パラメーターを構成することを検討する可能性があります。両方の最小値および最大プロセッサ パフォーマンス状態パラメーターの値は 0 ~ 100 の範囲内の値と、プロセッサの最大周波数の割合として表されます。サーバーは、低レーテンシー、インバリアントの頻度、または高いパフォーマンスを必要とする場合は、プロセッサのパフォーマンスの低い状態への切り替えがしないことも。
パフォーマンスに関する一般的なガイドラインは、ここにあるパフォーマンスのチューニング ガイドラインを Windows Server 2008 R2の用紙を参照してください。

http://www.microsoft.com/whdc/system/sysperf/Perf_tun_srv-R2.mspx