Windows XP SP3 環境にインストールされた Office 2010 のアプリケーションを初めて起動すると、エラー メッセージが表示されて Office 2010 の構成が正常に完了しない

現象

Microsoft Windows XP SP3 環境に Microsoft Office 2010 がプレインストールされたコンピューターを購入後、もしくは、Windows XP SP3 環境に Office 2010 をインストール後、Sysprep コマンドを実行して展開した Windows XP SP3 環境上の、 Microsoft Word 2010 や Microsoft Excel 2010 などの Office 2010 アプリケーションを初めて起動した時に、以下のエラー メッセージが表示されて Office 2010 の構成が正常に完了しません。

Microsoft Office <エディション名> 2010 の構成が正常に完了できませんでした。

また、エラー メッセージの [閉じる] ボタンをクリックすると以下のエラー メッセージが表示されてライセンスを確認できません。

Microsoft Office 2010 ではこのアプリケーションのライセンスを確認できませんでした。修復できなかったか、ユーザーによって中止されました。アプリケーションを終了します。

回避策

この現象を回避するには、以下の手順を実行してください。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. Office 2010 のアプリケーションを起動します。
  3. [プロダクト キーの入力] 画面が表示されたら、プロダクト キーを入力します。
  4. "Microsoft Office <エディション名> の構成が完了しました。変更を有効にするには、開いている Office プログラムを終了して再起動してください。" とのメッセージがされたら、[閉じる] ボタンをクリックします。
  5. 手順 2 で起動した Office 2010 のアプリケーションが起動します。
  6. "Microsoft Office 2010 へようこそ" とメッセージが表示され、Office アプリケーションが使用できるようになります。

詳細

問題の再現手順

Microsoft Windows XP SP3 環境に Office 2010 をインストール後、Sysprep コマンドを実行して展開した Microsoft Windows XP SP3 環境上の Office 2010 を起動した場合 :
  1. Windows XP SP3 環境に、Office 2010 を プロダクト キーを使用して、インストールします。
  2. Sysprep コマンドを実行して Windows XP SP3 を展開します。
  3. 手順 2 で作成した Sysprep イメージからコンピューターを起動します。
  4. Word 2010 を起動します。
  5. [プロダクト キー入力] 画面で、プロダクト キーを入力します。
  6. Office 2010 の構成が開始します。
Microsoft Windows XP SP3 環境に Microsoft Office 2010 がプレインストールされたコンピューターを購入後、Office アプリケーションを初めて起動した場合 :
  1. コンピューターを購入後、初めて Office 2010 アプリケーションを起動します。
  2. [プロダクトキー入力] 画面が表示されるので、プロダクト キーを入力します。
  3. Office 2010 の構成が開始します。

結果

以下のエラー メッセージが表示され、構成が正常に完了しません。

Microsoft Office Professional 2010 の構成が正常に完了できませんでした。

エラー メッセージの [閉じる] ボタンをクリックすると、更に以下のエラー メッセージが表示されます。

Microsoft Office 2010 ではこのアプリケーションのライセンスを確認できませんでした。修復できなかったか、ユーザーによって中止されました。アプリケーションを終了します。
プロパティ

文書番号:2250272 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

Microsoft Office Home and Business 2010, Microsoft Office Professional 2010, Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

フィードバック