FIX"項目 ' と å¾® è½¯ä¸¬å ½' が見つかりません。 (rsItemNotFound)"エラー メッセージが Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services の [フォルダー設定] ボタンをクリックすると、

適用対象: SQL Server 2008 R2

マイクロソフトでは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server の 2008 R2 の修正プログラムを配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services では、フォルダーを作成します。
  • フォルダーの名前には、URL にエンコードする必要がある文字を使用します。
  • フォルダーを開くし、フォルダーの設定をクリックします。
このとき、次のエラー メッセージが表示されます。
アイテム ' と å¾® 软ä¸å ½' が見つかりません。 (rsItemNotFound)
さらに、項目名が読み取り可能ではないことがわかります。注: 既定では、次の文字を URL にエンコードする必要があります。
  • ASCII 制御文字
  • 非 ASCII 文字
  • 「$」などの文字が予約されています「と、」および「+」
  • 安全でない文字、スペース文字、"<"、および">"

原因


フォルダー名が URL にエンコードされないために、この問題が発生します。

解決方法


累積的な更新プログラムの情報

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。詳細については SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2261464 SQL Server 2008 R2 の累積的な更新パッケージ 3
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
981356 ビルドの SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2

詳細情報


この修正プログラムでは、他のボタンに同じ問題を解決することもできます。

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルがあります。
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
822499Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージに新しい命名方式
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明