修正: 修正プログラムが利用可能な 2048 ビットの RSA キーを使用して FIPS 準拠の Reporting Services キーを暗号化するには、SQL Server 2008 レポート サービスと SQL Server 2008 R2 レポート サービスを可能にします。

適用対象: SQL Server 2008SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 Service Pack 2

マイクロソフトは、Microsoft SQL Server 2008 の R2 を配布して、Microsoft SQL Server 2008 の修正プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

概要


修正プログラムが利用可能なレポート サービスのキーの暗号化に 2048 ビットの RSA キーを使用するには、Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services と Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services を可能にします。 修正プログラムを適用する前に SQL Server 2008 レポート サービスと SQL Server 2008 R2 Reporting Services を使用して、1024 ビットの RSA キー 3 des の Reporting Services キーを暗号化します。 必要に応じて連邦情報処理規格 (FIPS) で、キー トランスポート スキームの RSA キーの長さの最小値は、2010 年 12 月 31 日後 2048 ビットです。 この修正プログラムにより、SQL Server 2008 レポート サービスと SQL Server 2008 R2 Reporting Services は、この標準を反映した後 FIPS 準拠があります。

解決方法


累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 Service Pack 1 この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 10 で初めてリリースされました。 この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2279604 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム 10
注: 求められのは、上記詳細がトラッカーに明確に文書化されているようにすることまでです。 ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
970365 SQL Server 2008 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 ビルド

Service Pack 情報

SQL Server 2008 Service Pack 2 では、修正プログラムが含まれます。 取得する方法の詳細については、SQL Server 2008 の最新の service pack は、Microsoft サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
968382SQL Server 2008 の最新の Service Pack を入手する方法

SQL Server 2008 Service Pack 2

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 2 の累積的な更新 1 で初めてリリースされました。 この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2289254 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム 1
注: 求められのは、上記詳細がトラッカーに明確に文書化されているようにすることまでです。 ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
2402659 ビルド、SQL Server 2008 の SQL Server 2008 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされました。

SQL Server 2008 R2

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。 詳細については SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2261464 SQL Server 2008 R2 の累積的な更新パッケージ 3
注: 求められのは、上記詳細がトラッカーに明確に文書化されているようにすることまでです。 ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
981356 ビルドの SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


暗号化されたレポート サーバー データの詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。方法の詳細については構成を暗号化キーの管理は、次の MSDN web サイトを参照してください。SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルがあります。
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
822499Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージに新しい命名方式
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明