Inuse.exe でロックされているファイルを置換する方法

概要

Inuse.exe の "オンザフライ" (実行中) 機能を使用すれば、ユーザーおよび管理者はオペレーティング システム上で現在使用中のファイルを置換することができます。この操作は、通常、プログラムのセットアップ プログラムやサービスパックのアップグレード プログラムを実行することで行われますが、セットアップおよびアップグレードのプロセスでは複数のファイルが置換されます。しかし、トラブルシューティングの目的で、コンピュータ上のすべてのファイルではなく、ファイルを 1 つずつ置換することが必要な場合があります。Inuse プログラムを使用すると、柔軟な管理を実現できます。


InUse プログラムは、次の Web サイトから入手できます。

注意事項

このユーティリティはサポート対象ではないため、ご使用の際には、インストールされているオペレーティング システムから DLL をコピーしておくなど、通常の予防策を取ってください。このユーティリティは "自己の責任において" ご使用ください。現時点では、Microsoft では一切サポートを行っておりません。

詳細

InUse は Win32 ベースのコマンドライン ユーティリティで、自動タスク、スクリプト、またはその他のプログラムによって、またはその中で使用することができます。

構文


c:\inuse.exe /?
InUse - version 1.3
---------------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 1994-1999 Microsoft Corporation. All rights reserved

Replaces files that are currently locked by the OS

INUSE source destination [/y]

source Specifies the updated file
destination Specifies the existing file to be replaced
/y Suppresses confirmation prompt to replace file
/? Displays syntax help

Source and destination must include the complete physical or UNC pathname
Windows 2000 では、Inuse.exe プログラムのバージョンは 1.4 です。1.3 と同じように動作しますが、ヘルプ ウィンドウが多少異なります。また、source の代わりに replacement が使用されます。

注釈

destination は、ローカル ドライブ上で置換する、現在ロックされているファイルです。INUSE をコミットしてファイルを置換してしまうと、再度実行してトランザクションを元に戻すことはできません。今後のバージョンでは、この点を改良することを考慮しています。


INUSE の基本操作は単純です。置換するファイル、および置換されたファイルを保存する場所を指定するだけです。また、追加パラメータを使用すると、置換を確認するメッセージを表示しないように設定することもできます。自動処理の一部として INUSE を使用する場合に便利です。次の例では、INUSE 出力のシミュレーションと、ローカル ファイルおよびネットワーク ファイルの置換シナリオにおける INUSE の動作を示しています。

例 1 : メッセージを表示しない場合


c:\tools\inuse.exe \\updates\prodmod.dll c:\program files\prodsys\prodmod.dll /y
InUse - version 1.3
--------------------------------------------------
InUse is about to replace the following file

Existing: c:\program files\prodsys\prodmod.dll
バージョン : 1.31

Replacement: \\updates\prodmod.dll
バージョン : 1.34

\\updates\prodmod.dll is replacing --> c:\program files\prodsys\prodmod.dll

Changes do not take affect until you reboot<BR/>

例 2 : メッセージを表示する場合


c:\tools\inuse.exe \\updates\prodmod.dll c:\program files\prodsys\prodmod.dll
InUse - version 1.3
--------------------------------------------------
InUse is about to replace the following file

Existing: c:\program files\prodsys\prodmod.dll
バージョン : 1.31

Replacement: \\updates\prodmod.dll
バージョン : 1.34

Do you want to continue?(y/n)

\\updates\prodmod.dll is replacing --> c:\program files\prodsys\prodmod.dll

Changes will not take affect until you reboot

上記の 2 つの例の違いは、操作の続行または取り消しを確認するメッセージが表示されるかどうかという点だけです。

例 3 : バッチ操作

次の例では、管理者が 1 つのスクリプトに複数の更新をネストする方法を示しています。
batch.cmd

@echo off

inuse test.dll c:\winnt\system32\test.dll /y

inuse test2.dll c:\winnt\system32\test2.dll /y

inuse test3.dll c:\winnt\system32\test3.dll /y
この実行可能ファイルを使用すると、実際にレジストリが編集され、次回の再起動時に "PendingFileRenameOperations" が実行されることに注意してください。

関連情報

InUse ユーティリティに関する情報については、以下のマイクロソフトの Web サイトを参照してください。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
228930 (最終更新日 2000-10-17) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:228930 - 最終更新日: 2004/08/13 - リビジョン: 1

フィードバック