セキュリティ ログがいっぱいになると STOP 0xC0000244 が表示される

現象

Microsoft Windows NT、Microsoft Windows 2000、または Microsoft Windows Server 2003 を実行しているコンピュータで、CrashOnAuditFail レジストリ キーが 1 に設定されていて、セキュリティ イベント ログがいっぱいになると、ブルー スクリーンに以下のエラー メッセージが表示されることがあります。

STOP: C0000244 {Audit Failed}

An attempt to generate a security audit failed.

原因

この問題は、セキュリティ ログが、指定した [最大ログ サイズ] に達していて、[イベント ログの処理] が [指定した日数を過ぎたらイベントを上書きする] に設定されている場合に発生します。また、この問題は、[イベントを上書きしない] が選択されている場合にも発生することがあります。セキュリティ イベント ログがいっぱいになっていて、CrashOnAuditFail レジストリ キーが設定されているため、Windows はブルー スクリーンに "STOP 0xC0000244" エラー メッセージを生成し、監査情報のログを記録することはできません。

解決方法

この現象を回避するには、次のいずれかの方法を実行します。

  • [イベント ログの処理] を [必要に応じてイベントを上書きする] に設定します。
  • 監査する情報の量を減らします。
  • ログ ファイルのサイズを大きくして、上記の以前のオプションの組み合わせを使用します。
  • 監査を無効にします。

状況

この動作は仕様です。

詳細

場合によっては、サーバーがバグチェックを行わないこともありますが、その代わりに、管理者がログオンした後でサーバーの動作が非常に遅くなることもあります。また、ログオン後に、システムが RPC エラーを連続して報告することもあります。CrashOnAuditFail キーが 0x1 に設定されていると、管理者以外はログオンできなくなります。

関連情報

CrashOnAuditFail キーの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

140058 セキュリティ ログのサイズが上限に達したときに監査操作を行わないようにする方法

178208 Windows NT 4.0 で 監査と CrashOnAudit によりブルー スクリーンが表示される
プロパティ

文書番号:232564 - 最終更新日: 2008/01/13 - リビジョン: 1

フィードバック