Skype for Business Online で外部の連絡先との通信が機能しない

現象


Microsoft Office 365 の Microsoft Skype for Business Online (旧名称 Lync Online) で次のいずれかの現象が発生します。
  • インスタント メッセージが外部の連絡先へ配信されない。Skype for Business Online で外部の連絡先へインスタント メッセージを送信すると、次のエラー メッセージが表示されます。

    This message was not delivered to joe@contoso-federated.com because the address is outside your organization and is not federated with your company, or the address is incorrect. Please contact your support team with this information.
    (参考訳: アドレスが組織外部のものであり、フェデレーションもされていないため、またはアドレスが正しくないため、次のメッセージは joe@contoso-federated.com に配信されませんでした。この情報と共にサポート チームに問い合わせてください。)
    注: このエラー メッセージ中の joe@contoso-federated.com はプレース ホルダーです。
    次のエラー メッセージも Microsoft Lync 2010 UCCAPI ログに記録される場合があります。
    403 Forbidden: From URI not authorized to communicate with federated partners.
    (参考訳: 403 許可されていません: フェデレーション パートナーとの通信が認証されていない URI です。)
  • 外部の連絡先にプレゼンス情報が表示されない。連絡先一覧に追加した外部連絡先を検索または表示する際に、プレゼンス情報を表示するアイコンが利用できません (グレイ アウト)。さらに、”状態確認不可” と表示されます。
  • 外部の連絡先はが Skype for Business Online 会議に参加できない。出席依頼を受け取った外部の連絡先が Skype for Business Online の会議 [オンライン ミーティングに参加する]をクリックすると、会議に出席する許可が与えられていないというエラー メッセージが表示され、接続に失敗します。

解決方法

Skype for Business Online の問題を解決するためには、最初に問題範囲を適切に特定します。以下の表は、影響を受けた連絡先の種類や人数別に分かれており、問題の原因を判断する際に用います。






Skype for Business Online の外部通信を構成する
ユーザー間のアクセス許可問題を解決する
ドメイン間のアクセス許可問題を解決する
連絡先を正しい形式で追加する
Skype for Business Online 用のフェデレーション SRV レコードを確認する

追加情報

この問題は Skype for Business Online で外部通信がオフになっているか誤って構成されている場合に発生します。また、外部連絡先が別の Lync Server 組織や別の Office Communications Server 組織のメンバーである場合は、外部アクセスを正しく構成する必要があります。

注: Skype とのフェデレーションは、現在サポートされていませんが、Microsoft アカウントを持つ外部の連絡先は、Microsoft Messenger ではなく Skype クライアントにログオンできます。Microsoft アカウントとのフェデレーションは、使用するクライアント (Microsoft Messenger または Skype) に関わらずサポートされます。Microsoft アカウントを持つ外部連絡先が Skype にログインすると、このユーザーはビデオ会議を利用できなくなります。
追加情報が必要な場合は Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2392146 - 最終更新日: 2015/07/15 - リビジョン: 1

Skype for Business Online

フィードバック