Office 365 で Microsoft Outlook を使用した場合に Outlook がクラッシュする、または応答しない (ハングする) という問題をトラブルシューティングする方法

はじめに

本資料には、Office 365 で Microsoft Outlook を使用した場合に生じる以下の問題について、トラブルシューティング方法を記載しています。
  • Outlook が応答しない (ハングする)。
  • アクティブで利用していない場合でも Outlook がクラッシュする。
  • Outlook を起動するとクラッシュする。

手順

Office 365 環境で Outlook の問題をトラブルシューティングするには、以下の手順に従ってください。

手順 1: アドインに関する潜在的な問題を調査する

  1. Outlook を終了します。
  2. Windows のバージョンに応じ、以下の手順で [ファイル名を指定して実行] を開きます。
    • Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 の場合、Windows キーと R キーを押下します。
    • Windows 7 の場合、[スタート] をクリックし、検索ボックスに「Run」と入力して [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. Outlook /safe」と入力して [OK] をクリックします。
  4. 問題が修正され、起動したら、[ファイル]、[オプション]、[アドイン] を順にクリックします。
  5. [COM アドイン] を選択し、[設定] をクリックします。
  6. [使用できるアドイン] 一覧のチェック ボックスがすべてオフであることを確認し、[OK] をクリックします。
  7. Outlook を再起動します。問題が発生しない場合は、問題が再現するまでアドインを 1 つずつ追加します。

手順 2: Outlook の修復オプションを実行する

  1. コントロール パネルを開き、[プログラムと機能] をクリックします。
  2. インストール済みプログラムの一覧で、Office インストールのエントリを右クリックし、[修復] をクリックします。

手順 3: Outlook の新規プロファイルを作成する

  1. コントロール パネルを開き、[Mail] をクリックします。
  2. [プロファイルの表示] をクリックします。
  3. 削除するプロファイルを選択し、[削除] をクリックします。

    重要: プロファイルを削除すると、当該プロファイルに紐付くデータ ファイルも削除されます。データ ファイルをバックアップしているか、またはサーバーに保存しているか不明である場合は、プロファイルを削除しないでください。
  4. [追加] をクリックします。
  5. [プロファイル名] ボックスにプロファイル名を入力します。
  6. ユーザー名、プライマリ SMTP アドレス、およびパスワードを指定します。[次へ] をクリックします。
  7. 以下のメッセージが表示される可能性があります。
    “Allow this website to configure alias@domain server settings?”

    (エイリアス@ドメインの設定のために、この Web サイトにアクセスすることを許可しますか?)
    このプロンプトにおいて、[Don't ask me about this website again] (今後このサイトについて確認しない) チェック ボックスをオンにし、[Allow] (許可) をクリックします。
  8. 資格情報が要求される場合は入力し、[OK] をクリックします。
  9. セットアップが完了したら、[完了] をクリックします。

追加情報

Outlook 2016 で使用するコマンドライン スイッチの詳細については、「Outlook for Windows のコマンド ライン スイッチ」を参照してください。

Outlook 2010 で使用するコマンドライン スイッチの詳細については、「Outlook 2010 のコマンド ライン スイッチ」を参照してください。

その他トピックは、Microsoft コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2413813 - 最終更新日: 2016/12/15 - リビジョン: 1

フィードバック