Microsoft 管理レポーターの移行ウィザードの使用方法の情報

適用対象: Microsoft Dynamics AX 2009Dynamics GP 2010Dynamics SL 2011

現象


Microsoft 管理 Reporter で FRx レポートを移行する移行ウィザードを使用するときにエラーが発生するまたはすべての情報を移行します。レポートとビルディング ・ ブロック可能性があります不足しているいくつかの情報管理 Reporter に移行した後。

解決策


Microsoft FRx データが破損している可能性があります。管理 Reporter は移行されませんすべての情報 FRx から 2 つの製品が異なるのためです。

詳細


Migration preparation 

Note:
移行ウィザードを使用すると、既存のレポートが、すべてのシナリオを処理するものでないことを変換するための作業を開始できます。


注: クリーンアップ操作、および移行の処理を続行する前に共有の SysData ディレクトリを参照し、このフォルダーをバックアップします。[管理] で、FRx レポート デザイナーでは、このディレクトリの場所を確認することができます。組織 |SysData。

  • 現在使用されていないすべての企業を削除します。FW、FWC、SolDemo などのデモの企業はアップグレードされませんし、削除する必要があります。
  • 複数の企業が移行され、レポートは、それらの間で共有される場合は、GP 内のセグメント名が同じであることを確認します。GP で「ツール |セットアップ |会社 |アカウントの書式です。すべての会社間と一致する各セグメントの名前を確認してください。
  • 会社からのすべての仕様セットを削除します。会社の会社に割り当てられていない仕様のセット。情報です。
  • 不要なまたは使用されていないビルド ブロック (カタログ、行、列、およびツリー) を削除します。
  • 文書パーツの名前の先頭にスペースを削除します。
  • 行、列、およびツリー、カタログに関連付けられていないが移行される、しかしそれらが不足している分析コード。移行する分析コードを取得するには、一般的な方法は関連付けられていない行、列、およびツリーにリンクすることを FRx でダミーのカタログを作成するのには。移行後は、(レポート定義と呼ばれるようになりました) ダミーのカタログを削除できます。
  • 各カタログで、[会社] フィールドを確認してください。@ANY には、いずれかが設定されている場合は、企業が実際にこれを変更します。失敗これを行うには、分析コードへの移行中に表示されなくなりますが発生します。
  • FRx を閉じて、SysData ディレクトリへの参照で終わるすべてのファイルを削除します。G32、FRx を起動し、ファイルを再作成するには、各会社にします。
  • FRx を閉じて、SysData ディレクトリへの参照がない次の拡張子のいずれかのファイルをすべて削除します。
    .cfg
    .dax
    .f32
    .g32
    .mdb
    .pmm
    .tpl
  • FRx を閉じて、SysData ディレクトリを参照して、これら以外のすべてのフォルダーを削除します。

    ログ ・ ファイル
    レポート帳デザイン ファイル
  • FRx を閉じて、SysData ディレクトリへの参照を削除します。F32 ファイル仕様のセットによって現在使用されていません。[会社] の [場所] フィールドを確認します。仕様に設定を確認します。
  • 仕様のセットを最適化します。
    1. FRx で会社に 1 つのユーザーのログがあります。
    2. [ファイル] をクリックします。FRx データベースを最適化します。現在の仕様では、データベースを設定します。
    3. [はい] をクリックし、[ok] を完了するとします。
    4. 3 の残りの会社ごとにログインし、手順 1


FRx 6.7 データの移行
管理 Reporter は、移行プロセスを開始する前に正しく実行されていると見なされます。レポート デザイナーで各会社にログインし、テスト レポートを作成するには、これを確認します。管理レポーターの構成コンソール、サービスまたはデータ マートのログ] セクションにエラーがあるを確認してください。場合は、問題が見つかった場合は、それらを修正するかについてさらに、移行を実行する前にサポートにお問い合わせください。

移行プロセスは、次の MRforDynERPInstGuide.pdf が利用可能な」データを移行する」の「ここで:管理 Reporter 移行ドキュメント

Migration limitations
次の項目は移行されません。


FRx レポート デザイナー

  • FRx セキュリティ


Reports
  • レポート チェーン
  • ロックされているか、パスワードには、行が保護されています。
  • Web 公開の設定
  • 単位間の改ページ
  • 列テキストのオーバーフローを許可します。
  • 発効日
  • 小計とフィルターの取引先企業詳細
  • 電子メール
  • 通貨変換レート
Rows
  • アカウントの設定
  • 勘定科目の種類
  • 通貨の書式コード
  • リンク行
  • XBRL のリンク
  • ロックされているか、パスワードには、行が保護されています。

Columns

  • XBRL 列
  • ロックされているか、パスワードには、列が保護されています。

ツリー

  • 改ページ
  • ロックされているか、パスワードには、ツリーが保護されています。
  • 電子メールのメール]、[セキュリティ (列 P)
  • 追加のテキスト (列 Z)
  • アンパサンド文字を 1 つまたは複数の 1 つのセグメントがあるかどうかは '& 'と 1 つ以上の疑問符' しますか?'、次のように' & & タイプ '、レポーターの管理データは返されませんその特定の単位にし。ディメンション関数からの行の挿入を使用する場合は、分析コードまたは勘定科目表のセグメントを特定するために使用される特殊文字を選択してください。このデフォルトの選択は、自然なアカウントですが、勘定と分析コードの任意の組み合わせを選択することができます。

アイテム移行が完了すると手動で設定する必要があります。
  • レポートの移行では、カタログの既定のオプションは、レポートが自動的に開かないが生成されるように変更されます。生成されるときに自動的に開く管理 Reporter でレポートを変更するには、レポート定義出力と配布] タブの [その他のオプションを選択を生成されるレポートの表示] オプションを選択します。
    • 更新は、すべてのレポート定義は、管理 Reporter データベースに対して次の SQL ステートメントを実行します。
    • CU12 または前に

      UPDATE ControlReport SET ActivateBrowser = 1
    • CU13


      UPDATE Reporting.ControlReport SET ActivateBrowser = 1


  • 行移行では、FRx では、FD、>.30、または CAL ではない NP DES または NP REM 行は、移行がエラー フラグが設定されます。エラーは、「印刷制御オプションのみ使用できます、形式は >.30、CAL、または空白の場合」を参照してください。
  • 列の範囲は、計算では使用できません。
  • WKS または計算列のヘッダーを含む、移行されますが、検証されません。ヘッダーを削除します。
  • 期間範囲を定期処理の列でのみ動作します。たとえば、 1:BASE 定期的1:BASE 年初来の列などの任意のセル範囲を設定しなければなりません。
  • ツリーの移行で、会社が不明なメッセージが表示されるときに@ANYが使用されます、会社の。
  • レポート ツリーで指定された別の行定義にエラーがあります。行と同じ形式を使用するか、レポート定義で指定された既定値を使用するすべての行の書式を削除する必要があります。

既知の問題Microsoft Dynamics を使用する場合製品

  • 移行後のレポートには、レポート ライブラリを開くときに生成されるときは開きません。レポートの定義] タブの [出力] と [ディストリビューション オプションが生成されるときに、レポートの表示をクリックします。、不適切な SQL Server データベースの名前、ManagementReporter に移行ウィザードを入力した場合、移行ウィザードの接続の指定ウィンドウが 10 分後に再入力することに応答しなくなります。
  • 移行ウィザードの [FRx データの選択] ウィンドウで、省略記号 [...] ボタン FRx 6.7 FRxSys32.mdb ファイルへのパス] フィールドの横にあるを確認することができません。
  • 検証のみを選択した場合、ビルディング ・ ブロックのみ既に完了した後、移行ウィザードでキャッシュされた資格情報を使用して移行し、FRx 6.7 データを変換、変換は失敗します。ユーザーが資格情報を再入力し、検証をもう一度する必要があります。
  • 移行ウィザードがアプリケーション サーバーと同じバージョンでない場合は、移行ウィザードがクラッシュします。
  • BXB と BXC には、レポートの生成エラーが FRx から移行レポートがある場合があります。
  • 関連する行定義を開き、[ファイル] をクリックします。としてを保存します。

    行定義に新しい名前を付けるし、新規の行定義を使用してレポートを生成します。

    元の行定義を削除します。

移行の既知の問題Microsoft Dynamics AX 2009 を使用する場合

  • すべてのアカウントを表すためのすべてのワイルドカード文字を含む行が空白行として移行されます。
  • 属性フィルターを使用して列には、エラーが発生せず、移行後の列を開くことができるために移行する前に削除された属性のフィルターが必要です。
  • FRx で予算帳コードが含まれている列には、予算名の前に「予算超過」という単語を削除するのには変更の名前を必要があります。
  • 基準期間は、一部のシナリオでさまざまな期間を参照することができ、複数年にわたる移行後のレポートで検証する必要があります。
  • 移行後の勘定と分析コードは、末尾の空白文字を削除するのには切り捨てられません。
  • すべてあるクエスチョン マーク (?) が含まれている行は移行されません。移行後行を手動で更新する必要があります。6 つの文字のアカウント、またはアスタリスク (*) ワイルドカードのすべてのアカウントです。
トラブルシューティング。

1. f32 レポート ファイルに破損している可能性を示すことが、移行後アカウントの一般的な勘定または分析コードを表示しません。

エラー メッセージを引き起こしている F32 レポート ファイル内のデータの破損もあるので、F32 のレポート ファイルを再作成する次の手順に従ってください。

* * メモ: FRx を閉じて、すべてのユーザーがあります。



A. カタログをエクスポートするには、会社に移動して開始。仕様を設定します。



B. では、レポートをエクスポートする仕様セットを選択します。



C. と仕様の設定が選択されている、[エクスポート] ボタンを選択します。



D. エクスポートの選択] ダイアログ ボックスでは、[カタログ] をクリックし、すべてを選択します。行、列、およびツリーのタブをクリックし、[すべての各タブを選択します。



E. は、エクスポートをクリックします。



F. [エクスポート ファイルの作成] ダイアログ ボックスで、ドライブ、フォルダー、および、カタログをエクスポートするファイル名を選択します。 ファイルと共に保存するには。TDB (一時的なデータベース) の拡張機能です。



G. [ok] をクリックします。



H. カタログをインポートするには、会社に移動して開始。仕様を設定します。



新しい仕様セットを作成する新規作成] ボタンをクリックします。 別の名前を使用する必要があります。ただし、この名前を変更できます後で以前の仕様の設定を削除した後です。 新しい場所を指していることを確認 *。F32 では、MRFrxrpts.f32 と呼ばれます。同じパスを残す必要があるだけで、frxrpts.f32 ファイルの名前を変更します。



J. は、[インポート] ボタンをクリックします。



K. [インポート ファイルの選択] ダイアログ ボックスで、ドライブ、フォルダーとファイル名を選択、* します。TDB ファイルが保存されました。



L. [ok] をクリックします。



M. 会社の] をクリックします。情報および選択する会社で新しい仕様セットを使用します。



* * 注意: 新しいレポート ファイルを作成しない場合は、サポートに問い合わせてください。




MR に移行するのに方法の詳細については、管理 Reporter 移行のドキュメントを確認するのに次のリンクを使用します。


レポーター移行ドキュメントの管理


MRforDynERPMigrfromFRxGuide_ENUS.pdfドキュメントをクリックします。