[HOWTO] IIS 4.0、5.0、5.1、および 6.0 で PERL スクリプトを構成してテストする

マイクロソフトでは、Microsoft Windows Server 2003 で実行される Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 にアップグレードすることを、すべてのユーザーに強く推奨します。IIS 6.0 により、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に強化されます。IIS のセキュリティ関連のトピックについては、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。


この資料の内容

概要

この資料では、Internet Information Server (IIS) 4.0、5.0、5.1、および 6.0 を使用して、PERL スクリプトを構成し、テストする方法について手順を追って説明します。



以下に記載する PERL スクリプトを使用して、Common Gateway Interface (CGI) インタープリタおよび Internet Server Application Programming Interface (ISAPI) PERL スクリプト言語インタープリタ (ActiveState PERL や PERL for ISAPI など) が正常にインストールされており、正しく実行できるかどうかを IIS でテストすることができます。



ActiveState PERL インタープリタの詳細については、以下の Web サイトを参照してください。

テスト用 PERL スクリプトを作成する

メモ帳で、新しいファイルに以下のコード行をコピーして貼り付け、Helloworld.pl という名前を付けて Scripts ディレクトリに保存します。


$url = "http://$ENV{SERVER_NAME}$ENV{URL}";
$ip = "$ENV{REMOTE_ADDR}";
print <<ENDOFTEXT;
HTTP/1.0 200 OK
Content-Type: text/html

<HTML>
<HEAD><TITLE>Hello World!</TITLE></HEAD>
<BODY>
<H4>Hello World!</H4>
<P>You have reached <a href="$url">$url</a></P>
<P>Your IP Address is $ip</P>
<H5>Have a nice day!</H5>
</BODY>
</HTML>
ENDOFTEXT
exit(0);
: PERL 言語では行頭に空白文字を使用できません。



: このファイルを作成したら、IIS で PERL を安全に実行できるように構成する必要があります。Perl.exe はユーザーがブラウザでアクセスできないディレクトリに置いてください。



インターネット サービス マネージャ MMC スナップインを使用すると、ユーザーがアクセスできる通常の Web ディレクトリ構造の外側に Perl.exe または PerlIS.dll を置くことができます。また、IIS の "スクリプト マッピング" 機能を使用して、PERL スクリプトの実行を構成することもできます。



IIS 4.0 用 PERL スクリプト マッピングを構成する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[Windows NT 4.0 Option Pack]、[Microsoft Internet Information Server] の順にクリックし、[インターネット サービス マネージャ] をクリックします。

  2. PERL を有効にする Web サイトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [ホーム ディレクトリ] タブをクリックします。

  4. [構成] をクリックします。

  5. [追加] をクリックします。

  6. [実行ファイル] ボックスに次のパスを入力します。

    full path to perlis.dll\perlis.dll
    次のパスを入力することもできます。

    full path to perl.exe\perl.exe %s %s
    : "%s %s" では大文字と小文字が区別されます (たとえば "%S %S" は無効です)。

  7. [拡張子] ボックスに .pl と入力します。



    : すべての機能を使用できるように [すべての動詞] オプションがオンになっていること、および [スクリプト エンジン] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  8. [OK] をクリックして、ISM に戻ります。IIS のデフォルトのスクリプト ディレクトリを使用する場合、URL は次のようになります。

    http://Server Name/scripts/helloworld.pl

IIS 5.0 および 5.1 用 PERL スクリプト マッピングを構成する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[管理ツール] を順にポイントし、[インターネット インフォメーション サービス] をクリックします。

  2. PERL を有効にする Web サイトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [ホーム ディレクトリ] タブをクリックします。

  4. [構成] をクリックします。

  5. [追加] をクリックします。

  6. [実行ファイル] ボックスに次のパスを入力します。

    full path to perlis.dll\perlis.dll
    次のパスを入力することもできます。

    full path to perl.exe\perl.exe %s %s
    : "%s %s" では大文字と小文字が区別されます (たとえば "%S %S" は無効です)。

  7. [拡張子] ボックスに .pl と入力します。



    : すべての機能を使用できるように [すべての動詞] オプションがオンになっていること、および [スクリプト エンジン] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  8. [OK] をクリックして、ISM に戻ります。IIS のデフォルトのスクリプト ディレクトリを使用する場合、URL は次のようになります。

    http://Server Name/scripts/helloworld.pl

IIS 6.0 用 PERL スクリプト マッピングを構成する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントし、[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ] をクリックします。

  2. PERL を有効にする Web サイトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [ホーム ディレクトリ] タブをクリックします。

  4. [構成] をクリックします。

  5. [追加] をクリックします。

  6. [実行可能ファイル] ボックスに、次のように入力します。

    full path to perlis.dll\perlis.dll
    次のパスを入力することもできます。

    full path to perl.exe\perl.exe %s %s
    : "%s %s" では大文字と小文字が区別されます (たとえば "%S %S" は無効です)。

  7. [拡張子] ボックスに .pl と入力します。

    : すべての機能を使用できるように [すべての動詞] オプションがオンになっていること、および [スクリプト エンジン] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  8. [OK] を 3 回クリックして ISM に戻ります。

  9. [Web サービス拡張] をクリックします。

  10. [新しい Web サービス拡張を追加] をクリックします。

  11. "PERL スクリプト" などの拡張名を入力します。

  12. [追加] をクリックし、Perl.exe ファイルの完全なパスを入力して、[OK] をクリックします。

  13. [拡張の状態を許可済みに設定する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  14. [OK] をクリックして、ISM に戻ります。IIS のデフォルトのスクリプト ディレクトリを使用する場合、URL は次のようになります。

    http://Server Name/scripts/helloworld.pl

関連情報

IIS 1.0、2.0 および 3.0 における PERL スクリプトの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。


150629 [IIS] Perl スクリプトの構成とテスト方法

プロパティ

文書番号:245225 - 最終更新日: 2007/12/04 - リビジョン: 1

フィードバック