[HOW TO] 誤って削除した NTFS または FAT32 ダイナミック ボリュームの復元方法

概要

ディスクの管理スナップインを使用して、Windows 2000 の NTFS ボリュームまたは FAT32 ボリュームを誤って削除してしまった場合、ボリュームとそれに格納されていたデータを復元できる場合があります。これは、その場所に新しいボリュームを作成して、フォーマットしていない場合に限り実行できます。ディスクの管理はダイナミック ディスクからボリュームを削除する際、ボリュームのファイルシステム ブート セクタ (ボリュームのセクタ 0) を消去し、次にディスクの管理のプライベート リージョン データベースからボリューム エントリを削除しますが、ドライブの残りの部分 (データを含む) はそのまま残されます。NTFS ボリュームも FAT32 ボリュームもバックアップ ブート セクタを保存しているため、ブート セクタを復元することによって、ボリュームを復元できます。


: FAT16 ボリュームにはバックアップ ブート セクタが含まれないため、FAT16 ボリュームを削除してしまった場合は復元できません。


削除したボリュームを復元するには、次のいずれかの手順に従います。


削除した NTFS ボリュームを復元する

  1. まったく同じボリュームを再作成しますが、フォーマットを選択しないようにします。この場合、特にディスクの管理スナップインはパーティション サイズを丸める傾向があるため、当初に作成したボリュームの正確なサイズを覚えていないと難しいことがあります。
  2. Dskprobe.exe を使用して、NTFS ボリュームの末尾からボリュームのバックアップ ブート セクタを復元します。これはダイナミック ボリュームであるため、Dmdiag.exe を使用するか、または Dskprobe.exe ([Tools] メニューの [Search Sectors]) を使用して、バックアップ ブート セクタを見つける必要がある場合があります。
  3. NTFS ブート セクタが書き直されたら、Dskprobe を終了します。
  4. ディスクの管理で、[操作] メニューの [ディスクの再スキャン] をクリックします。これによって、ボリュームがマウントされ、すぐに使用できるようになります。

削除した FAT32 ボリュームを復元する

  1. まったく同じボリュームを再作成しますが、フォーマットを選択しないようにします。この場合、特にディスクの管理スナップインはパーティション サイズを丸める傾向があるため、当初に作成したボリュームの正確なサイズを覚えていないと難しいことがあります。
  2. Dskprobe.exe を使用して、FAT32 ボリュームの論理ボリュームのセクタ 6 からボリュームのバックアップ ブート セクタを復元し、論理ボリュームのセクタ 0 に書き込みます。次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料の「解決方法」にこの手順を詳しく説明しています。
    247575 Chkdsk Does Not Use Backup Boot Sector to Fix FAT32 Boot Sector
  3. FAT32 ブート セクタが書き直されたら、Dskprobe を終了します。
  4. ディスクの管理で、[操作] メニューの [ディスクの再スキャン] をクリックします。これによって、ボリュームがマウントされ、すぐに使用できるようになります。



関連情報

関連情報を参照するには、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
153973 Recovering NTFS Boot Sector on NTFS Partitions
153973 NTFS パーティション上の NTFS ブート セクタの回復


関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 245725 (最終更新日 2002-03-12) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:245725 - 最終更新日: 2004/03/29 - リビジョン: 1

フィードバック