Windows バックアップでは、マウント ポイントのルート フォルダーからデータをバックアップするときに障害が発生しました。

適用対象: Windows Server 2008 R2Windows 7Windows Server 2008

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • 次のオペレーティング システムのいずれかを実行しているコンピューターがあります。
    • Windows Server 2008 R2
    • Windows 7
    • Windows Server 2008
    • Windows Vista
  • コンピューターで、Microsoft SQL Server や Microsoft Exchange Server などのトランザクション ログを使用するアプリケーションをインストールするとします。
  • アプリケーションのログ ファイルは、マウント ポイントのルート フォルダーに保存されます。
  • Windows バックアップ エンジンを使用してアプリケーションをバックアップしようとするとします。
このシナリオでは、バックアップ操作が失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
' をログ ファイルのパス'ログ ファイルのどのバックアップ障害が発生したログ ファイルのパス障害ボリューム シャドウ コピー サービスの操作でのファイルのログが正常にバックアップ。 エラー - ボリューム シャドウ コピー サービス操作エラー < 0x800423f0 > シャドウ コピーの設定のみには、選択したコンポーネントのライターを正しくバックアップするために必要なボリュームのサブセットのみが含まれています。
このエラー メッセージが表示されたら、リスト ライターを Vssadminコマンドを実行します。 これは、次の状態にされているアプリケーションの作成者が得られます。
状態: [8] 最後に失敗しましたエラー: 一致しないシャドウ コピー

原因


この問題は、Windows バックアップ エンジンを要求するメタデータ、ログ ライター コンピューター上で作成される XML メタデータが異なるために発生します。 ファイルのパス、ログ ファイルへのポインター、ルート マウントの場合は、Windows のバックアップ ・ エンジンは、末尾の円記号で終了するのにはログ ファイルの物理パスを想定しています。 ただし、ログ ライターには、末尾の円記号なしの物理パス情報が返されます。 したがって、これが原因で問題が発生します。 ログ ライターの問題はことができます次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている別の問題もあります。
977179 Windows Server 2008 ベースの Exchange Server の 2007 CCR クラスターのパッシブ ノードでシステム状態のバックアップを実行すると、"0x800423f0"エラー メッセージが表示されます。

解決方法


サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。 ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。 したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。 注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。 この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、コンピューターで以下のいずれかのオペレーティング システムが実行されている必要があります。
  • Windows Vista Service Pack 2 (SP2)
  • Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2)
  • Windows 7
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
Windows Vista Service Pack を入手する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
935791 Windows Vista Service Pack 2 (SP2) のインストール
Windows Server 2008 サービス パックの入手方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料の次の記事をご参照ください。
968849 最新の Windows Server 2008 Service Pack を入手する方法
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の Service Pack を入手する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
976932 Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 に関する情報

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ローカル コンピューター上のこれらのファイルの日時は、夏時間 (DST) が反映された現地時間で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を行うと、日時が変更される場合があります。
Windows Vista および Windows Server 2008 のファイル情報メモ
重要: Windows Vista 用の修正プログラムおよび Windows Server 2008 用の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。 ただし、"修正プログラムの要求" ページには "Windows Vista" のみが表示されています。 一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページ上の "Windows Vista" の下に表示されている修正プログラムを選択します。 必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、SR_Level (RTM、SPn)、区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次の表に示すファイル バージョン番号を調べることで確認できます。
    バージョン製品SR_Level区分
    6.0.600 222xxxWindows Vista および Windows Server 2008SP2LDR
  • 各環境にインストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「Windows Vista および Windows Server 2008 用の追加ファイル情報」セクションに個別に記載されています。 MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。 属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 および Windows Vista (x86 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Spp.dll6.0.6002.22641142,33612-May-201115:11x86
Sxproxy.dll6.0.6002.2264128,16012-May-201115:12x86
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 および Windows Vista (x64 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Spp.dll6.0.6002.22641188,92812-May-201115:30x64
Sxproxy.dll6.0.6002.2264159,90412-May-201115:30x64
Spp.dll6.0.6002.22641142,33612-May-201115:11x86
Sxproxy.dll6.0.6002.2264128,16012-May-201115:12x86
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 (IA-64 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Spp.dll6.0.6002.22641393,21612-May-201115:31IA-64
Sxproxy.dll6.0.6002.2264170,65612-May-201115:31IA-64

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、次表に記載されているファイルのバージョン番号を調べると確認できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.7600.20xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2RTMLDR
    6.1.7601.21xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
  • 各環境にインストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は、「Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の追加ファイル情報」セクションに個別に記載されています。 MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。 属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Spp.dll6.1.7600.20876172,54408-Jan-201105:35x86
Spp.dll6.1.7601.21637172,54408-Jan-201105:36x86
すべての サポートされたx64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 および Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Spp.dll6.1.7600.20876244,22408-Jan-201106:18x64
Spp.dll6.1.7600.20876172,54408-Jan-201105:35x86
Spp.dll6.1.7601.21637244,22408-Jan-201106:13x64
Spp.dll6.1.7601.21637172,54408-Jan-201105:36x86
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース)
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Spp.dll6.1.7600.20876493,05608-Jan-201105:16IA-64
Spp.dll6.1.7601.21637493,05608-Jan-201105:12IA-64

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報


ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

追加ファイル情報

Windows Vista および Windows Server 2008 用の追加ファイル情報

サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x86 ベース) 用の追加ファイル
File nameUpdate.mum
File versionNot Applicable
ファイル サイズ3,594
Date (UTC)12-May-2011
Time (UTC)18:07
プラットフォームNot Applicable
ファイル名X86_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22641_none_e68cd53ec340374e.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ48,756
Date (UTC)12-May-2011
Time (UTC)15:26
プラットフォームNot Applicable
サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x64 ベース) の追加ファイル
File nameAmd64_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22641_none_42ab70c27b9da884.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ48,778
Date (UTC)12-May-2011
Time (UTC)15:44
プラットフォームNot Applicable
File nameUpdate.mum
File versionNot Applicable
ファイル サイズ3,952
Date (UTC)12-May-2011
Time (UTC)18:07
プラットフォームNot Applicable
ファイル名X86_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22641_none_e68cd53ec340374e.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ48,756
Date (UTC)12-May-2011
Time (UTC)15:26
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 (IA-64 ベース) 用の追加ファイル
ファイル名Ia64_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22641_none_e68e7934c33e404a.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ48,767
Date (UTC)12-May-2011
Time (UTC)15:39
プラットフォームNot Applicable
File nameUpdate.mum
File versionNot Applicable
ファイル サイズ1,760
Date (UTC)12-May-2011
Time (UTC)18:07
プラットフォームNot Applicable

Windows Server 2008 R2 と Windows 7 では、追加のファイル情報

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース) の追加ファイル
ファイル名X86_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20876_none_e4b2c17e2744f74a.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,814
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:03
ファイル名X86_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21637_none_e6c55e7e244a0cc9.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,814
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:03
すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2 と Windows 7 用の追加ファイル
ファイル名Amd64_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20876_none_40d15d01dfa26880.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,818
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:07
ファイル名Amd64_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21637_none_42e3fa01dca77dff.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,818
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:07
ファイル名X86_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20876_none_e4b2c17e2744f74a.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,814
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:07
ファイル名X86_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21637_none_e6c55e7e244a0cc9.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,814
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:07
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース) の追加ファイル
ファイル名Ia64_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20876_none_e4b4657427430046.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,816
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:00
ファイル名Ia64_microsoft-windows-spp-main_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21637_none_e6c70274244815c5.manifest
ファイル バージョンNot Applicable
ファイル サイズ34,816
Date (UTC)10-Jan-2011
Time (UTC)14:00