SharePoint 2010 Indexing Connector for Documentum SP1 の説明

はじめに

Microsoft SharePoint 2010 Indexing Connector for Documentum Service Pack 1 (SP1) には、SharePoint 2010 Indexing Connector for Documentum 用の最新の更新プログラムが含まれています。この Service Pack には、以下の 2 種類の修正が含まれています。
  • この Service Pack で新たに追加されたこれまでに未リリースの修正。一般的な製品修正に加え、これらの修正には、安定性、パフォーマンス、およびセキュリティの機能強化が含まれています。
  • 2011 年 6 月までにリリースされたすべての公開更新プログラム、および 2011 年 4 月までにリリースされたすべての累積的な更新プログラム。

解決方法

Service Pack の入手方法およびインストール方法

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
ダウンロード Microsoft SharePoint 2010 Indexing Connector for Documentum Service Pack 1 パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。


リリースされたすべての SP1 サーバー パッケージの一覧については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2510766 「Microsoft SharePoint 2010 および Office サーバー製品のすべての Service Pack 1 (SP1) パッケージの一覧」

Microsoft SharePoint 2010 Indexing Connector for Documentum SP1 の機能強化の概要

具体的に、SP1 での主要な機能強化は次のとおりです。
  • クロールのパフォーマンスが向上しています。
  • カスタマイズされた Documentum Foundation Services (DFS) URL のサポートが追加されています。
  • セキュリティによるトリミングを可能にする Documentum Trusted Content Services (TCS) の "アクセス制限" 用アクセス制御リスト (ACL) のサポートが追加されています。
  • TCS ACL を SharePoint のクロールされたプロパティに抽出することによって、TCS 対応 Documentum リポジトリを対象にしたカスタムのセキュリティによるトリミング ソリューションのサポートが追加されています。
  • Documentum の "スーパーユーザー" アクセス許可に対するサポートが追加されています。

この Service Pack で修正される問題の一覧のダウンロード

この Service Pack で修正される問題の一覧が掲載されたブックを入手できます。
ダウンロード Microsoft SharePoint 2010 and Office servers Service Pack 1 Changes.xlsx パッケージ

: このブックは英語で作成されています。他の言語には翻訳されていません。

既知の問題および動作の変更
2532126 Microsoft Office 2010 Service Pack 1 および Microsoft SharePoint 2010 Service Pack 1 のインストール時に発生する可能性のある既知の問題

技術情報

影響を受けるファイルの一覧など、この Service Pack の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2532120 Microsoft SharePoint 2010 および Office サーバー製品の Service Pack 1 (SP1) リリースに関する技術的な詳細

プロパティ

文書番号:2460054 - 最終更新日: 2011/06/30 - リビジョン: 1

フィードバック