Microsoft Dynamics CRM 2011 2011 年 3 月更新プログラムが利用可能です

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムがあります。この資料では、この更新プログラムで修正される問題について説明します。この更新プログラムは、Microsoft Dynamics CRM 2011 でサポートされているすべての言語で使用できます。

詳細

この更新プログラムの数とファイルの名前を作成します。

Microsoft Office Outlook、Microsoft Dynamics CRM 2011 のクライアント用の Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバーと Microsoft Dynamics CRM 2011 の電子メール ルーター用の更新プログラム パッケージのビルド番号は、5.0.9688.590 です。

更新プログラムのロールアップ パッケージの 32 ビット バージョンのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-Client-KB2461083-LangID-i386.exe
  • CRM2011-Router-KB2461083-LangID-i386.exe
更新プログラム パッケージの 64 ビット バージョンのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-Server-KB2461083-ENU-amd64.exe
  • CRM2011-Client-KB2461083-LangID-amd64.exe
  • CRM2011-Router-KB2461083-LangID-amd64.exe

更新プログラムの情報

自動インストール
自動的に Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムをインストールするには、Windows Update を使用できます。推奨される更新プログラムを自動的にインストールする Windows を設定することもできます。クリティカルでない問題に対処でき、コンピューティング環境を向上させます。オプションの更新プログラムはダウンロードまたは自動的にインストールできません。

マイクロソフトが公開している更新プログラムの種類についての詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。Windows Update を使用して、Microsoft Dynamics CRM 2011 2011 年 3 月更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 開始] をクリックし、検索ボックスで、更新プログラムを入力します。結果の一覧では、 Windows の更新プログラムをクリックします。
  2. ナビゲーション ウィンドウで、更新プログラムの確認をする] をクリックし、コンピューターの最新の更新プログラムは Windows によってチェックされるを待ちます。
  3. 利用可能な更新プログラムや重要な更新プログラムを確認するメッセージが表示されます、その重要なことを示すメッセージが表示された場合は、表示およびインストールするのには重要な更新プログラムを選択します。
  4. の一覧で、詳細については重要な更新プログラムをクリックします。をインストールする更新プログラムのチェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。
  5. 更新プログラムをインストール] をクリックします。
  6. 読み取りし、ライセンス条項に同意し、更新プログラムが必要な場合は [完了] をクリックします。 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードの入力、または確認を行います。
手動インストール
Microsoft Dynamics CRM 2011 2011 年 3 月更新プログラムを手動でインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 次の Microsoft Update カタログ web サイトを参照してください。
  2. [検索] ボックスでは、 2461083を入力して検索] をクリックします。
  3. 更新プログラムをバスケットに追加する追加] をクリックします。
  4. [ダウンロード] をクリックします。
  5. [参照] をクリックして、更新プログラムをダウンロードするフォルダーを指定し、[ OK] をクリックします。
  6. [続行] をクリックし、同意するマイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意する] をクリックします。
  7. 指定した場所に更新プログラムがダウンロードされると、[閉じる] をクリックします。
Microsoft Update カタログの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
323166の方法は、ドライバーおよび修正プログラムを Windows Update カタログから更新プログラムをダウンロードするには

インストールに関する詳細情報

この更新プログラムのロールアップをインストールした後は、Windows Internet Explorer の一時ファイルを削除する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を起動します。
  2. [ツール] メニューをクリックしてインター ネット オプション
  3. 使用する Internet Explorer のバージョンに応じて、次のいずれかを使用します。
    • Internet Explorer 7 では、[閲覧の履歴] 領域の削除] をクリックを選択し、[インターネット一時ファイル] 領域で [ファイルの削除] をクリックし、[はい] をクリックします。
    • Internet Explorer 6 では、インターネット一時ファイル] 領域で、ファイルを削除] をクリックしをクリックし、 OK です

必要条件

Microsoft Dynamics CRM 2011 のこの更新プログラムのロールアップを適用するのにはインストールされている 5.0.9688.583 を構築する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2011 の詳細については 5.0.9688.583 を構築し、資料、マイクロソフト サポート技術情報を表示するのには次の資料番号をクリックしてください。
2461082 Microsoft Dynamics CRM 2011 リリース候補版の更新プログラムが利用可能です

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動します。

アンインストール情報

Microsoft Dynamics CRM サーバーからこの更新プログラムを削除することができます。ただし、この更新プログラムをアンインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。

この更新プログラムで解決される問題

Microsoft Dynamics CRM 2011 2011 年 3 月更新プログラムには、サポート技術情報にこれまで記載されたいない次の問題が解決されます。
  • 電子メール メッセージは、Microsoft Exchange Server で Exchange Web サービス (EWS) の最大同時実行数の値が 15 より大きい場合に、Microsoft Dynamics CRM 2011 で予期しない配信不能なフォルダーに移動されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の非同期ジョブが完了した後に正しくない URL を含む電子メール メッセージが表示されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の最初の使用後は、動的に生成するカスタム リボン コントロールが無効になります。
  • フォームを参照して Microsoft Dynamics CRM 2011、親フォーム内のサブグリッドを含むグリッド マーク アップが別に表示されているのではなくまとめて表示されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 組織にサインアップすることを想定しています。プライマリ電子メール アドレスが組織のサインアップに使用した電子メール アドレスと同じには、電子メール メッセージを追跡するとします。このような状況は、次のエラー メッセージが表示されます。
    要求されたレコードが見つかりませんでしたまたは表示するための十分なアクセス許可がありません。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0 の名前を変更したユーザーの役割は、Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードするときに、元の名前に戻ります。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、クエリに関連付けることがなく、動的なマーケティング リストを作成することを想定しています。動的マーケティング リストに、簡易キャンペーンの関数を実行すると、不適切な数のレコードが使用されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、クエリに関連付けることがなく、動的なマーケティング リストを作成することを想定しています。動的マーケティング リストを差し込み印刷を作成するとき、不適切な数のレコードが使用されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 内のレコードを参照するときにパフォーマンスの低下が発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 サーバーにアップグレードした後は、Microsoft Dynamics CRM 4.0 クライアントを使用する場合に期待どおりにアイテムを追跡できません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 では、[高度な検索] ダイアログ ボックスで、[結果] チェック ボックスをオンにした後、[レポートの実行] メニューのすべてのレポートが無効です。

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

887283 Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムと更新プログラム パッケージの名前付け規則

プロパティ

文書番号:2461083 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

Microsoft Dynamics CRM 2011

フィードバック