HPC 2008 R2 クラスター マネージャーのイメージ キャプチャ機能を使用すると、Windows Server 2008 R2 環境のイメージが正しくキャプチャできない

現象

Windows HPC Server 2008 R2 の [HPC 2008 R2 クラスター マネージャー] から [イメージのキャプチャ] メニューを使用し、計算ノードなどをキャプチャした場合に、Windows Server 2008 R2 環境のイメージが正しくキャプチャができない場合があります。

この現象は、Windows Server 2008 R2 のインストール DVD からセットアップを行った環境を、キャプチャした場合に発生します。

原因

[HPC 2008 R2 クラスター マネージャー] の [イメージのキャプチャ] 機能では、対象ノードの C ドライブのイメージをキャプチャします。

Windows Server 2008 R2 をインストール DVD からセットアップした環境では、既定で先頭パーティションに 100 MB のシステム パーティションを作成し、Windows を 2 番目のパーティションにインストールします。



[HPC 2008 R2 クラスター マネージャー] の [イメージのキャプチャ] 機能では、対象ノードを Windows PE で起動した状態でイメージのキャプチャをします。

Windows Server 2008 R2 をインストール DVD からセットアップした環境では、Windows PE 環境において、システム パーティションが C ドライブとしてマウントされ、Windows フォルダが含まれるパーティションは D ドライブとしてマウントされます。



そのため、この環境の場合、 [HPC 2008 R2 クラスター マネージャー] の [イメージのキャプチャ] 機能では、システム パーティションのみイメージのキャプチャをして、Windows フォルダが含まれるブート パーティションのイメージがキャプチャされない現象が発生します。 

回避策

この現象を回避するには、以下のいずれかの方法を実行してください。



方法 1 : ベア メタルから展開したノードのイメージをキャプチャする

[HPC 2008 R2 クラスター マネージャー] の [クラスタへのノードの追加] メニューから [オペレーティング システム イメージを使用して、ベア メタルからノードを展開する] を使用してノードを展開します。この場合、対象ノードは システム パーティションおよび ブート パーティションが同一となり、いずれも C ドライブとして構成されます。




方法 2 : カスタム ノード テンプレートを使用する

次のマイクロソフト Web サイトを参照し、ImageX.exe を使用して、個別にイメージのキャプチャをするためのカスタム ノード テンプレートを作成し、イメージ キャプチャの対象となるノードに適用します。
How to Capture a “Master” Compute Node Image Using Node Templates (英語情報)
http://blogs.technet.com/b/windowshpc/archive/2009/04/05/how-to-capture-a-master-compute-node-image-using-node-templates.aspx

補足 : 上記 マイクロソフト Web サイトの例では、ImageX.exe により C ドライブをキャプチャする例となっています。 本現象を回避する場合は、"Create the Image Capture Node Template" 内の内容を 以下のように D ドライブをキャプチャするように変更します。



修正前の設定 :
Value="x:\imagex.exe /capture c: z:\images\Goldenimage.WIM " Golden Image" " /> 

修正後の設定 :
Value="x:\imagex.exe /capture d: z:\images\Goldenimage.WIM " Golden Image" " /> 

また、Windows Server 2008 R2 をインストール DVD からセットアップした環境では、ブート情報がシステム パーティション内に含まれるため、本方法によりブート パーティション (D ドライブ) のみのイメージをキャプチャした場合、該当のイメージ ファイルには、本来、システム パーティションに配置されるブート構成情報が含まれません。イメージ ファイルの展開後には、Bcdboot コマンドなどを利用して、別途ブート構成情報を作成する必要があります。

Bcdboot コマンドの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。



BCDboot のコマンドライン オプション
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd744347(WS.10).aspx

状況

この動作は仕様です。

プロパティ

文書番号:2478952 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

フィードバック