TFS 2010 と TFS チーム ビルド 2010 にアップグレードする場合、Visual Studio 2008 の修正:「部分的に成功しました"の状態


現象


次のような状況で問題が発生します。
  • TFS 2010 と TFS チームが TFS チーム ビルド 2010 をビルドするには、Microsoft Visual Studio Team Foundation Server (TFS) をアップグレードします。
  • TFS 2010 のアップグレードの既定のテンプレートを使用して Microsoft Visual Studio 2008 プロジェクトをビルドしようとするとします。
  • プロジェクトのコンパイル フェーズの前にビルドが失敗します。
このシナリオでは、ビルド レポートにはないと考えられている便利な開発者が部分的に成功した状態です。

解決方法


次の修正プログラム パッケージをインストールしたら、ビルド レポートには、[失敗] 状態では、「現象」に記載されていますいます。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。 この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 注: MSDN コード ギャラリーの修正プログラムは利用可能な言語を表示します。 自分の言語が一覧に表示されない場合は、その言語用のコード ギャラリー リソース ページが使用できないためです。 注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。 この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 この修正プログラムをダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトをアクセスすることもできます。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Team Foundation Server (TFS) 2010 Service Pack 1 (SP1) がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

事前に Visual Studio のすべてのインスタンスを閉じた場合は、この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

このバージョンは、ファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) は、次の表に記載されています。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Microsoft.teamfoundation.build.server.logger.dll10.0.40219.30748,02431-Mar-201109:03x86

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。