SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (sts x none.msp): 2011 年 2 月 22 日

適用対象: Microsoft SharePoint Foundation 2010

概要


この資料では、2011 年 2 月 22 日の日付は、Microsoft SharePoint Foundation 2010 修正プログラム パッケージで修正される問題について説明します。

はじめに


この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 次のような状況を考えます。
    • Microsoft SharePoint Foundation 2010 では、発行サイトのホーム ページの下のいくつかのサブ サイト階層を作成します。
    • 上部のナビゲーション メニューが表示されます。
    • 変更する場合、2 番目のレベルのフライアウト メニューを有効にする、 MaximumDynamicDisplayLevels =「2」 SharePoint Designer で v4.master ファイル内のパラメーターです。
    • ホーム ページを表示して、別のサブメニュー トップ ・ ナビゲーション ・ バーの間を移動するし。

    このシナリオでは、サブメニューは短時間に重なっています。
  • SharePoint Foundation 2010 のドキュメント ライブラリに電子メール メッセージのアクセス機能を有効にするとします。ただし、Mac のメール クライアントからドキュメント ライブラリに転送される電子メール メッセージから添付ファイルを保存できません。
  • 次のような状況を考えます。
    • Microsoft SQL Server は、SharePoint Server 2010 のデータベースのミラーリングを設定します。
    • サポート技術情報 (KB) 資料 2266423 に記載されている修正プログラム パッケージを適用するとします。
    • SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザード (Psconfig.exe) を実行するとします。

    このシナリオでは、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードが完了しません。さらに、次のエラー メッセージは、アップグレード ログに表示されます。

    例外: キーワードがサポートされていません: 'failoverpartner' です。

  • SharePoint Foundation 2010 でstsadm-o enumallwebs - includefeaturesコマンドを実行するとします。この状況では、XML 出力ファイルには、web の範囲の機能が含まれています。ただし、サイト コレクションのスコープの機能は含まれません。
  • SharePoint Foundation 2010 でサイト コレクションを作成する既存の名前を使用する場合は、次の説明のないエラー メッセージが表示されます。
    予期しないエラーが発生しました。
  • SharePoint Online で英語以外の言語ロケールには、サイトの言語または多言語ユーザー インターフェイス (MUI) 言語を設定します。ただし、クレーム プロバイダーでは、まだ英語の名前を表示します。
  • ドキュメント ライブラリを構成するか、Microsoft SharePoint Foundation 2010 で電子メール メッセージを受信するためのリストを構成します。ただし、リストまたはドキュメント ライブラリはリストまたはドキュメント ライブラリに電子メール メッセージが送信されるとします。この状況で、受信したメールのタイマー ジョブは、電子メール メッセージは正常に配信されない場合でも、電子メール メッセージを削除します。
  • 次のシナリオを検討してください。
    • SharePoint Foundation 2010 サイトの予定表リストでは、定期的なイベントを作成します。
    • テンプレートとしてサイトの内容を含むサイトを保存するとします。
    • 新しいサイトを作成するには、そのテンプレートを使用します。

    このシナリオでは、予定表リストには、新しいサイトの定期的なイベントは表示されません。

    注: 予定表] ボックスの一覧で、非定期的なイベントを作成するとき、この問題は発生しません。
  • SharePoint Foundation 2010 サイトのユーザーとグループのリストに一意の列を作成すると仮定します。サイトを復元する場合を追加またはサイト内のサイト コレクションの管理者を更新できません。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Server 2010 の発行サイトのバリエーション設定を構成するのにはバリエーションのリンクをクリックするとします。
    • バリエーション ラベルのリンクをクリックし、2 つのバリエーション ラベルを作成します。
    • 階層を作成する階層の作成リンクをクリックするとします。

      階層の管理]ページで、バリエーション階層ジョブ定義の作成サービスに基づいて作成されます。したがって、前の手順は、2 つのバリエーション サイトが作成されます。
    • コンテンツの配置を作成して、コピー先の web アプリケーションに、階層を展開します。
    • ソース バリエーション サイトに新しい発行ページを作成して、ドキュメント ライブラリのリスト ビュー web パーツを追加します。
    • 新しい発行ページを発行して、ページの伝達するまで待ちますが終了するとします。
    • もう一度コンテンツを配置するとします。

    このシナリオでは、コンテンツ展開が失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    コンテンツ展開ジョブ ' ソース ジョブのリモート インポート ジョブ ID を =' が失敗しました。オブジェクトに重複するキー行を挿入できません ' dbo。AllWebParts の一意インデックス 'AllWebParts_IdNCI' を使用しています。
  • 次のような状況を考えます。
    • 展開し、特定の web テンプレートを SharePoint 2010 サイトのユーザーに制限するためのソリューションをアクティブ化します。
    • 会議を作成するのには、Office Outlook 2007 で会議出席依頼] オプションを選択します。
    • SharePoint サイトに接続するための会議ワークスペースの設定を構成するとします。
    • 会議からテンプレートを選択しようとする web テンプレートの一覧です。

    このシナリオでは、会議の web テンプレート] ボックスの一覧が制限されている web テンプレートを含むすべての web テンプレートを表示します。
  • Visual Studio 2010 を使用して SharePoint Foundation 2010 ではSiteData.GetChangesの web サービスを呼び出します。その後、 GetChangesメソッドでstartChangeIdendChangeIdのパラメーターを設定します。このような場合は、web サービスでは、期待どおりの結果は返されません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    Soap: サーバーの例外の種類 'Microsoft.SharePoint.SoapServer.SoapServerException' が発生しました。

  • SharePoint Server 2010 でたくさんのメッセージを含むディスカッション掲示板を使用するいると仮定します。メッセージには、長いテキストの本文が含まれています。SharePoint Server 2010 では、フル クロールまたは増分クロールを実行します。この状況では、ディスカッション掲示板はクロールされません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    SOAP 例外: System.OutOfMemoryException。

  • Microsoft SharePoint Server 2010 を実行しているサーバーを使用するいると仮定します。SharePoint 2010 サーバーの管理を開くし、これらの問題を表示する] リンクをクリックします。この状況では、SharePoint 2010 のトレース (SPTraceV4) サービスからの警告メッセージがあります。

    ビルトイン アカウントは、アプリケーション プールまたはサービス id として使用されます。

  • リソースの使用状況、ログに記録または作業者の原因となるソリューションを正しく計算されていません (W3wp.exe) のクラッシュでは、SharePoint Server 2010 を処理します。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Foundation 2010 では、ホスト名が付いたサイト コレクションを作成します。
    • Secure Sockets Layer (SSL) を構成するにはホスト名のサイト コレクションにします。
    • インターネット インフォメーション サービスをリセットするとします。
    • サイト コレクションを表示するには、SSL ベースの URL を使用します。

    このシナリオでは、HTTP ベースの URL をブラウザーのアドレス バーの URL が変更されます。

    注: インターネット インフォメーション サービスを再度リセット後、最初の不正な URL をブラウザーのアドレス バーに表示されるまで、この問題は発生しません。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Server 2010 サイトのカスタム リストを作成します。
    • SharePoint デザイン 2010年を使用してユーザー設定リストのワークフローを作成します。ワークフローには、少なくとも 8 つの承認タスクの操作が含まれています。
    • ワークフローを発行しようとするとします。

    このシナリオでは、ワークフローを発行できません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    ワークフローをコンパイルするときにエラーが検出されました。ワークフロー ファイルは保存されましたが、実行することはできません。
    注: 更新プログラムでは、この問題を管理するための構成オプションについて説明します。
  • Lists.asmx web サービスでは、SharePoint Foundation 2010 のGetListItemsメソッドを呼び出すとします。空を設定し、 xmlns ="" < ViewAttributs >要素内の最初の属性として属性です。このような場合は、SOAP エラーが表示されます。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Foundation 2010 では、サイト コレクションを作成します。
    • 会議を使用する会議ワークスペースを作成するワークスペースのテンプレートがサイト コレクションのサイトです。
    • ルート サイトの予定表で、少なくとも 2 つのイベントを作成して、新しいイベントをリンクする会議ワークスペース サイト。
    • 会議のクイック起動バーのイベントをクリックするワークスペース サイトでイベントを切り替えるしようとしています。

    このシナリオでは、イベントを切り替えることができません。さらに、JavaScript エラーが発生します。さらに、リボンの表示順序の変更] ボタンが淡色表示にする] ボックスの一覧のビューです。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Foundation 2010 サイトのリストに、項目の検証式を作成します。
    • サイトをテンプレートとして保存するとします。
    • 新しいサイトを作成するには、テンプレートを使用します。
    • 新しい項目を追加するか、入力規則の数式を使用して、新しいサイト内の一覧に既存の項目を更新します。

    このシナリオでは、次のいずれかが発生する可能性があります。
    • 正常に追加またはリスト内の項目を正常に更新する可能性があります。
    • 次のエラー メッセージが表示される場合があります。
      検証式の評価エラーが発生します。
    • 次の一般的なエラー メッセージが表示されるエラー ページにリダイレクトされます。
      エラーが発生しました。
  • コンテンツ データベース間で SharePoint サイト コレクションを移動すると、SharePoint Foundation 2010 はサイト コレクションの追加のクロール検索を実行します。
  • データベースを実行すると Office SharePoint Server 2007 からのアップグレードを SharePoint Server 2010 に接続します。リンク リストの Web パーツが含まれている SharePoint 2010 サイトにアクセスします。次に、リンクは、既定のビューを使用してに SharePoint サイトで表示します。このような場合は、リンク リストの Web パーツはないリンクがある場合でも web パーツの下部にある... より多くのリンクを表示します。
  • 以下の事例で説明します。SharePoint 2007 サイト内のいくつかのディスカッションを含む [ディスカッション] Web パーツがあります。次に、SharePoint Server 2010 を Office SharePoint Server 2007 を更新します。このシナリオで、[ディスカッション] Web パーツが正しく機能しません。さらに、SharePoint Server 2010 サイトの [ディスカッション] Web パーツ内のアイテムをクリックすると、アイテムが期待どおりに入力表示されません。
  • SharePoint Foundation 2010 サイトの既存のカスタム リストに列を作成するとします。名前と種類] セクションで、ユーザーまたはグループのオプションを選択するときに、期待どおりに一意の値を適用するオプションは、列の追加設定] セクションに含まれません。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Server 2010 のクレーム ベースの web アプリケーションを作成するとします。
    • クレーム ベースの web アプリケーションでサイト コレクションを作成するとします。
    • Active Directory ディレクトリ サービスで電子メールが有効なセキュリティ グループを作成するとします。
    • サイト コレクション内のサイトのアクセス許可には、メールが有効なセキュリティ グループを追加します。
    • 通知警告するセキュリティ グループを追加しようとするとします。

    この場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。
    次のユーザーに指定した電子メール アドレスを使用する必要はありません: <ドメイン\グループ名>。
  • SharePoint Foundation 2010 サイトでサイト コレクションの管理者にドメイン グループを追加することはできません。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Server 2010 では、ディスカッション掲示板を作成します。
    • ディスカッション掲示板での評価を行う機能を有効にするには、レーティングの設定] リンクをクリックします。
    • 評価(0-5)列を表示するディスカッション掲示板のフラットなビューを構成するとします。

    このシナリオでは、フラット ビューとスレッド ビューの規制(0-5)列のイメージが正しく表示されません。
  • リストまたは SharePoint Foundation 2010 のドキュメント ライブラリでアイテムを編集するとします。アイテムをすぐに削除し、検索クロールを実行します。ただし、検索クロールは、リストまたはドキュメント ライブラリのアイテムを取得できません。このような場合をもう一度検索クロールをクロールすると、SOAP エラーが表示されます。この動作では、SharePoint サーバーの負荷の多くが原因です。
  • 次のような状況を考えます。
    • リストを作成するには、SharePoint Server 2010 でアンケート テンプレートを使用します。
    • いくつかの質問をアンケートに追加します。
    • アンケートの結果を表示するのにには、アンケートの一覧の概要 (グラフ)ビューを使用します。

    シナリオでは、アンケートの一覧の最後の質問の回答とコンテンツ タイプが表示されます。
  • 次のような状況を考えます。
    • SharePoint Foundation 2010 で既存のサイト コレクションがあります。
    • 、サイト コレクション内のユーザー設定リストを作成して、バージョン管理を有効にします。
    • ユーザー設定のリストで空でないメタデータを持つアイテムを作成するとします。
    • アイテムを編集し、アイテムを保存します。この現象は、アイテムの新しいバージョンを作成します。
    • サイト コレクション、サイトのテーブルに SQL server に対応するDiskUsed列の値を照会するとします。

    このシナリオでは、 DiskUsed列の値が正しく増加しません。
  • SharePoint の以前のバージョンの SharePoint Foundation 2010 にアップグレードしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    <Guid> (クラス名) の web パーツ クラスはデータベースの [データベース名] で参照される [] の時間が、現在のファームにインストールされていません。この web パーツが含まれているすべての機能とソリューションをインストールしてください。
    この問題は、以前のバージョンの SharePoint サーバーにソリューション パッケージとして、web パーツを開発するときに発生します。
  • SharePoint Foundation 2010 は、SharePoint Foundation 2010 のサイトでアラートを設定するときに電子メール通知を送信できません。この問題は、簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーが SharePoint サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を必要とするために発生します。ただし、SharePoint のメカニズムでは、FQDN ではなく、SharePoint サーバーの NetBIOS 名を使用します。
  • フィックス アップのリンクの自動処理では、SharePoint Foundation 2010 をトリガーするためのコンテンツを配置するとします。ただし、サーバーが負荷が高い場合、コンテンツの展開は SQL デッドロック エラーで失敗します。さらに、コンテンツの展開に含まれている SharePoint サイトにアクセスできません。
  • 次のような状況を考えます。
    • 発行しなくても SharePoint Foundation 2010 では、サイト コレクション内のページを作成します。
    • [サイト コレクションのルート サイトのナビゲーション パネルで、パブリッシュされていないページを構成します。
    • SQL server での読み取り専用モードとしては、SharePoint Foundation 2010 のコンテンツ データベースを構成します。
    • ルート サイトにアクセスしようとするとします。

    このシナリオでは、ルート サイトにアクセスできません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
    アクセスが拒否されました。
  • 2505501 OneNote 2010 クライアントできないことがあります高負荷下にある SharePoint Foundation 2010 サーバーと同期するには
次の問題を解決すると、この修正プログラム パッケージの kb 資料 2479795 に記載されている修正プログラム パッケージを適用する必要があります。
  • 2494097サイト コレクションは、検索結果に表示されない SharePoint Foundation 2010 で別のコンテンツ データベースに 1 つのコンテンツ データベースから移動する場合
  • 2464408 SharePoint Foundation 2010 では数値型の列に対して自動的に作成された管理プロパティで検索を実行すると誤ったデータが返されます
  • SharePoint Server 2010 または検索サーバー 2010 での管理プロパティのクエリを発行するときに、 2496287 A クエリに Order By 句を含むですべての結果が返されない

解決策


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみこの修正プログラムを適用します。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、SharePoint Foundation 2010 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムのいずれを使用するにも、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するに必要なファイルのみが含まれています。


この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。


ダウンロード情報

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Sharepointfoundation2010-kb2479788-fullfile-x64-glb.exe14.0.5136.500229,700,44027-Feb-201108:04x86

Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Sts-x-none.msp該当なし29,188,60826-Feb-201121:27該当なし

Sts-x-none.msp

ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Addgallery.officeonlineprovider.dll14.0.5127.500055,16828-Sep-201001:19該当なし
Csisrv.dll14.0.5136.50023,335,08826-Feb-201114:15x64
Microsoft.sharepoint.addgallery.server.dll14.0.5129.5000124,80002-Nov-201014:31該当なし
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll14.0.5123.5000829,35210-Aug-201004:16該当なし
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll14.0.5135.50001,050,52819-Jan-201115:39x86
Microsoft.sharepoint.dll14.0.5136.500216,586,60026-Feb-201113:07該当なし
Microsoft.sharepoint.dll14.0.5136.500216,586,60026-Feb-201113:07x86
Microsoft.sharepoint.dll14.900.5136.50001,791,87203-Feb-201106:25該当なし
Microsoft.sharepoint.health.dll14.0.5135.500096,17619-Jan-201115:39x86
Microsoft.sharepoint.identitymodel.dll14.0.5130.5000100,22416-Nov-201016:57x86
Microsoft.sharepoint.intl.dll14.0.5123.50001,009,52010-Aug-201004:16x86
Microsoft.sharepoint.library.dll14.0.5130.5000165,76016-Nov-201016:57該当なし
Microsoft.sharepoint.linq.dll14.0.5123.5000374,62410-Aug-201004:16x86
Microsoft.sharepoint.powershell.dll14.0.5136.5000636,80003-Feb-201106:25該当なし
Microsoft.sharepoint.search.dll14.0.5136.50004,796,80802-Feb-201114:10該当なし
Microsoft.sharepoint.usercode.dll14.0.5123.500034,67210-Aug-201004:16該当なし
Mssdmn.exe14.0.5120.5000780,16820-Jul-201010:24該当なし
Mssph.dll14.0.5130.50001,678,72816-Nov-201017:23該当なし
Mssrch.dll14.0.5135.50004,989,32019-Jan-201116:08該当なし
Offparser.dll14.0.5136.50022,890,14426-Feb-201113:07x64
Oisimg.dll14.0.5132.5000194,94407-Dec-201017:36x64
Oleparser.dll14.0.5132.500032,68007-Dec-201017:36x64
Onetnative.dll14.0.5128.5000582,53606-Oct-201011:57x64
Onetutil.dll14.0.5136.50022,981,75226-Feb-201113:13x64
Onfda.dll14.0.5136.50022,784,13626-Feb-201114:12x64
Owssvr.dll14.0.5136.50026,558,08026-Feb-201113:07該当なし
Owstimer.exe14.0.5136.500074,09603-Feb-201106:29該当なし
Policy.12.0.microsoft.sharepoint.search.dll14.0.5124.500011,16831-Aug-201015:42x64
Spuchostservice.exe14.0.5134.5000108,49605-Jan-201119:39x86
Spucworkerprocess.exe14.0.5130.500047,05616-Nov-201016:57x86
Spucworkerprocessproxy.exe14.0.5123.5000124,88010-Aug-201004:16x86
Spwriter.exe14.0.5132.500041,85607-Dec-201017:36該当なし
Stsadm.exe14.0.5132.5000346,02407-Dec-201017:29x86
Stssoap.dll14.0.5136.5000472,96003-Feb-201106:25x86
Stswel.dll14.0.5136.50023,240,83226-Feb-201113:07x64
Tquery.dll14.0.5136.50005,631,88002-Feb-201114:02該当なし
Wssadmin.exe14.0.5123.500015,77610-Aug-201004:16該当なし
Wsssetup.dll14.0.5128.50007,588,20006-Oct-201013:54x64

関連情報


ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明